【もくじ】

血流アップ! 二の腕をスッキリさせよう

パソコンやスマホなどの過度な使用、運動不足、姿勢の悪さ、ストレスなどは、首や肩・背中の上部の筋肉の緊張と血行不良を引き起こし、肩こりや肩関節可動域の低下につながります。実はそれも二の腕がすっきりしない原因のひとつ。

今回ご紹介するのは、肩こりを解消し、二の腕を引き締める簡単エクササイズ! 肩や肩甲骨まわりの血流をアップさせ、スッキリ二の腕を叶えましょう。

肩こりも解消する、二の腕スッキリエクササイズ

筋肉をよく動かして血流を促し、二の腕の引き締め&肩こり解消にも効果のある2つのエクササイズをご紹介します。

リバーステーブルトップ

1.足を腰幅に開いて体育座り状態になりましょう。両手は肩幅ほど開いて、お尻の後ろに。手の指を足の方へ向けて指を開き、ひじは若干曲げておきます。

2.背筋を正したら、ひじを伸ばすと同時にお尻を上にあげて、膝から肩まで一直線にしましょう。この状態を2秒ほどキープ。

この時、膝とつま先はまっすぐ前に向け、目線は天井へ向けましょう。

※意識するポイント!
足の裏で床をしっかりと押し、恥骨から尾てい骨の間をおなかに引き入れるように骨盤底筋群を働かせ、おしりをキュッと締めながら高くあげましょう。
さらに、両手で床をしっかりと押しながら肩甲骨を中央に寄せ、胸を高くしましょう。手の指を足の方向へ向けるのが辛い場合は、少し外側に向けても大丈夫です。

3.ゆっくりとお尻を落として1へ戻りましょう。
4.1~3を12回で1セット。計2~3セット行いましょう。

YTIサークル

1.うつぶせになり、胸をのぞき込むようにあごを引いて額の上部を床につけます。両腕がYの字のようになるよう頭の先に延ばし、手のひらを内側に向けて上げましょう。

2.左右の腕を肩からゆっくりと内旋させながら外側へ回し、肩の真横に来たときに手のひらが真下に向くよう広げます。

3.そのまま止めずに指先を足の方へ向けるまで回します。お尻の上に来たときには手の甲がお尻側、手のひらは上に向くように。

4.3→2の順にリバースさせながら腕を頭の先へ戻し、1へ戻ります。同様に12回、2~3セット行いましょう。

終始あごは引き気味で、腕の高さをできるだけ保ちながら行います。腕を動かしているときは、肩甲骨や鎖骨の動きも意識しながら行い、肩甲骨上部、中部、下部がしっかりと寄ることを確認しながら行いましょう。肘や手首だけの回旋にならないよう注意!

冬の肩こりにはマフラーやタートルネックなど首を隠す暖かい服装や、お風呂にゆっくり入って体を芯から温めるのも効果的です。春に向けて、二の腕のエクササイズと共に、肩こり知らずのしなやかな体を手に入れましょう。

執筆/佐々木 ルミ
編集/アットコスメ編集部