【もくじ】

ベスコス2020上半期のトレンドキーワード「#おうち美容」

6月11日に発表された「@cosmeベストコスメアワード2020 上半期新作ベストコスメ」。トレンドキーワードのひとつとして「#おうち美容」が選出されました。

@cosmeベストコスメアワード2020 トレンドキーワードはこちら

そこで、ヨガインストラクターの青木美穂さんに、おうちでできる簡単ストレッチを教えていただきました。仕事や家事の合間に、できるものばかりです。

簡単! 上半身ストレッチ

今回ご紹介する“ながらストレッチ”は、テレビを見ているときや入浴中はもちろん、いすに座りながら行えるので、妊婦さんやお年寄りの方、また車椅子を利用している方でもチャレンジできます。

妊婦さんはお腹が大きくなると肩こり腰痛、むくみなど様々な悩みが出てくる場合も多いと思いますので、予防としてもおすすめです。お年寄りの方にとっては、筋力アップや、姿勢改善にもつながり、転倒予防のストレッチとしてトライするのもあり。腰を痛めていたり気分がすぐれないときは、無理はせず、自分のペースで行っていきましょう。

仕事や家事の合間に! 肩こりにアプローチするストレッチ

まずは、デスクワークで丸まった背中を伸ばし、姿勢改善にアプローチするポーズ。

1.両手を背中の後ろで組み、吸いながら胸を反らせて、斜め上を見上げていきます。できるだけ手首同士を近づけて、肩甲骨が寄せ合うようにしましょう。

2.余裕がある方は親指が下を通るようにしながら手の平を後ろの壁に向けます。手の平を反対に動かすと肩が丸まってしまい効果が出にくいので注意です!

3.このまま肩を左右に揺らしましょう。

左右に揺らし肩甲骨を動かすと、血行が良くなり、リンパを流れを促すします。iPhoneの長時間の使用で前傾姿勢になり、肩こりを引き起こしている方にもぴったり!

背骨にアプローチするストレッチ

背骨や肩甲骨周りを柔軟に動かし、背中の筋肉をリラックスさせることができます。上半身の血行促進にも期待できるので、とくに背中の血流が滞ってしまうデスクワークの方にもおすすめです。

また、背骨はエネルギーの通り道ともいわれおり、背骨の血流が詰まると体に様々な不調が出ることもあるそう。普段から背骨を意識してストレッチするとよいでしょう。

1.両手を胸の前で組み、息を吸いながら手の平を胸の方へと引き寄せて背骨を伸ばします。

2.吐く息で、両手を前へ突き出しながら背骨を丸めましょう。おへそを見るようにするのがポイント。

3.ゆっくり5回呼吸しましょう。

背骨全体を伸ばす動きが肝心なので腰から倒れないように注意しましょう。

4.吸う息ではゆっくりと上体を起こします。

呼吸を意識しながら3セット行いましょう。

体の側面のストレッチ

体の側面は普段の生活の中でもあまり伸ばすことのない部分。わき腹を開くように呼吸をしながらストレッチしましょう。腰の疲れの緩和や、ウエストの引き締めにも期待できるポーズです。

1.頭の上で指同士を絡め合わせて、人差し指を立てます。息を吸いながら背骨を伸ばし、吐く息で上体を右側へと倒します。

2.左のお尻が浮きやすいので浮かないところでストップ。左の脇腹が気持ちよく伸びているのを感じながら、3回呼吸しましょう。上体が前のめりになると、体の側面がきちんと伸びないので注意!

3.反対も同じように行いましょう。

毎日の生活に取りいれてみよう!

ご紹介した3つのストレッチは、とても簡単で場所を取らないので、気になったときにチャレンジしてみましょう。無理なく長く続けることが大切です。

執筆/青木 美穂
編集/アットコスメ編集部