【もくじ】

O脚改善のためには、足部と足首のゆがみを整えよう

O脚になる原因と改善策については、前回の記事「毎日5分!手軽にできるO脚改善マッサージ」「O脚改善のための股関節ストレッチ」にてお伝えした通り。

改善のためには、長年何気なく続けている体の動かし方によって、過緊張してこわばってしまった部位の筋肉をほぐすことと、ストレッチなどで柔軟性を向上させ、股関節や膝、足首などの関節をニュートラルな状態へ導くことが大切です。そして関節を正しい位置へと戻したら、その関節を正しく機能的に動かす練習や筋トレなどを行なうことで、ラインの整った美脚を作っていきます。

今回は足部や足首のゆがみにフォーカスし、そのゆがみを軽減するストレッチや、足裏の筋肉を使って足のアーチを取り戻すエクササイズをご紹介します。

足裏の筋肉を正しく使えることが大切

足は、体重を支えることや歩くときの衝撃吸収・分散に加え、バネや体重移動をスムーズにするなどの役割を果たしており、まさに体の土台と言えます。

健康的な足には3つのアーチが存在します。わかりやすいのが足の内側の縦に走る土踏まずの部分。そして、小指の付け根からかかと部分へ伸びる外側の縦のアーチ。また、親指の付け根から小指の付け根にかけて横側のアーチがあります。

靴を履いた生活や運動不足などにより、それらのアーチが崩れてしまうと、足首をはじめとした全身でそれを補おうとするため、体にゆがみが生じてしまいます。そしてそのゆがみを他の部分が矯正しようとして別のゆがみが起こる、というように、脚はもちろん、全身のゆがみの原因となってしまうのです。

アーチを取り戻す足指エクササイズ

足のアーチが崩れる原因の一つは足裏の筋肉の衰え。とくに足指を使うことができていないと、足のアーチが崩れやすいです。これからご紹介するエクササイズは「毎日5分!手軽にできるO脚改善マッサージ」の後に行うと効果的です。

足指でグーチョキパー

1. 椅子か床に座り、足首を少し曲げてかかとを床につけた状態で行いましょう。

2. 足指全体で握るように「グー」を作ります。

3. 人差し指から小指は「グー」のまま、親指だけ上にあげて「チョキ」を作ります。

4. 3と反対に、親指だけ下げてその他の指を上にあげます。

5. 全部の指をあげて開きます。

6. 2~5を10~15回繰り返し行いましょう。

足首のストレッチ

1. 壁や椅子の背もたれに手をつき、片足を真後ろに引きます。

2. 後ろ足の人差し指と膝、骨盤を真正面に向け、かかとを床に近づけるようにしてふくらはぎを伸ばします。

30~40秒行ったら反対側も同様に行いましょう。

3. 2と同様、片方の足を後ろへ引き、後ろ足の親指を内側に30度ほど向けます。膝や骨盤は真正面に向け、かかとを床に近づけるようにしてふくらはぎを伸ばします。

30~40秒行ったら反対側も同様に行いましょう。

足指と足首のエクササイズ

1. 壁や椅子の背もたれに手をつき、まっすぐ立ちます。かかとの間にテニスボールやラクロスボールを挟み、足の間を平行にします。

2. 足指の付け根(特に親指や人差し指の付け根)に体重を乗せるようにして、ボールを挟んだままかかとを上げて足指の付け根で立ちます。このとき足の甲は真っ正面へ向けるように意識し、股関節から膝を外側に向けるように立ちましょう。小指側に体重が乗らないように注意し、そのままゆっくりかかとを降ろします。

12~15回繰り返しましょう。

いかがでしたか? 膝や足の甲の向き、体重をかける位置などを意識しながら行うと、意外と難しい動きではないでしょうか。毎日行って足元を整え、理想の脚を目指しましょう!

執筆/佐々木 ルミ
編集/アットコスメ編集部

あわせてチェック