資生堂 動物実験廃止と中国輸出

資生堂さんが2013年3月までに動物実験を全廃止にする予定と発表していました。
アメリカやEUの外注に対するみたいです。
EUは動物実験を行っている化粧品の輸入を禁止にするにみたいです。

これを機会にほかの大手さんも動物実験を廃止にしてくれたらなと思います。

そこで一つ疑問なのですが
資生堂の動物実験廃止について調べたら
「なお、資生堂は中国への輸出は続行するとしているため、中国で販売される資生堂の商品のために動物実験が行われてしまう事実があります。」
と、JAVAに乗っていました。

中国が動物実験を義務づけていることは分かっているのですが
動物実験を行っていない化粧品メーカーさんと中国進出の関係としくみに詳しい方教えてください。


もちろんわたしも美のための動物実験は必要ないと思います。

ログインして回答してね!

Check!

2013/2/24 17:16

動物実験しなくても中国進出できます
クリニークやボビィブラウンを含むエスティローダーグループは、US向きかどこかのサイトで「動物実験していない」という表示を消しました。
中国進出の為に動物実験を再開したそうです。エイボンも一旦辞めていた動物実験を再開しました。

資生堂も、EUで動物実験が中止となる2013/3までに動物実験を辞めるとJAVAに回答していましたが、「中国向けに実験を続けている」とまだ辞める気配を見せませんね。
(私もメールするなど、中止を求めるアクションを行っています)

中国では、今現在中国で化粧品の材料として使われていない「新規原料」を含む化粧品の動物実験を義務付けています。
ちなみに日本でも2001年に法律が改定されるまではそうだったように記憶しています。

この為、中国内に自社工場を持ち、化粧品の製造販売を行っている伊勢半(キスミーや、ヒロインメイクなど)では、「厳しい中国の基準を満たしつつ、動物実験はしていない」そうです。

資生堂の「中国が義務付けているから実験」というのもこうなると嘘くさいですよね。
資生堂程のメーカーなら、中国で既に使用が認められている原料だけで、そこそこの化粧品は作れるでしょう。
結局、富裕層向けに、それまで中国で使われていなかった、ビックリ成分(それがいいかどうかはわかりませんが)を売りにした商品を開発したいのだと思います。

コーセー、カネボウ、SK-IIも同様ですね。

反対に、ポールミッチェルなど、動物愛護の観点から中国市場撤退を決めたメーカーもあります。

EUやUSの大手メーカーは、今後、EU向きとアジア向けで商品を分けていくと考えられます。

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:01/24~01/31)

プレゼントをもっとみる

美容Q&Aコミュニティサービスです。

美容の専門家や@cosmeメンバーさんが
答えてくれるので、あなたの疑問や悩みも
きっとすぐに解決しますよ!

  • 気になる悩みを
    相談したり…
  • 誰かの悩みに
    答えたり…
  • 役立つ質問・回答を
    チェックしたり…
  • 美容の専門家からの回答がつくかも!?