顔の日焼け止めは塗りなおす?

日焼け止め効果を保つためにボディは日中の塗りなおししますよね。じゃあ顔も塗りなおし必要ですか。お化粧してるから塗りなおすのって難しいと思うんですが、どうなんでしょう。
下地にSPF・PAが入っていますがその効果は一日中続くんでしょうか。

ログインして回答してね!

Check!

2006/3/27 23:30

初めまして♪

顔ももちろん塗り直しが必要だと思います。
化粧が崩れてしまった部分は日焼け止めがはげてしまったり流れ落ちているそうなので。
下地のUVカット効果もすべて1日中持続するものばかりではないようですが中には長時間UVカット効果が持続する下地もあるようです。私が知っている物は「ソフィーナ ベリーベリーUVカットミルク」と「ソフィーナ ライズUVカットミルク」です。
どちらも紫外線カット効果が10時間で使い心地も似ているのですが、ライズは25才以降対象なのでわずかにしっとりしている感じです。
ベリーベリーは若い方向けなので、皮脂吸収効果が高くわずかにさっぱりとしているようです。
てるーるさんはまだお若いので使われるとしたらベリーベリーかなと思います。

メイクをしている場合には日常紫外線なら日焼け止め効果のあるファンデかお粉を上からはたくくらいで大丈夫かと思います。スプレー式の日焼け止めがあるので、トラブルがなければそちらでもいいかと思います(^^)/
朝に長時間有効な下地を使われるといいかなと思います。

SPFなのですが皮膚科の先生にお尋ねしたところSPFは30程度で十分だそうです。
それ以上になると肌の負担もかかるし、汗や皮脂などでむらになってしまうのでSPFに関わらず2,3時間ごとに塗り直すことが必要だそうです。
ですので、高SPFは負担の割には意味がなくなってしまうので30程度までがオススメとのお話しです(*^_^*)
ちなみに日常紫外線では15から20程度で十分だそうです。

SPFは紫外線A波のダメージを何倍かに伸ばす効果(例 10倍の場合は10分で日焼けする人の日焼けする時間を100分に伸ばす)、PAは紫外線B波の紫外線防止効果を+の数で3段階(+、++、+++の順に効果が高い)で表しています。
A波とB波は上記のようにSPFとPAで分かるのですが、分からない赤外線にも注意が必要だそうです。赤外線は紫外線ほど降りそそいではいないのですが、より深部に到達し深部で影響があるそうなので赤外線にも注意されるともっといいかと思います(*^_^*)

20才までには一生分の紫外線を浴びきってしまっていて、20才以降に浴びた紫外線はシミそばかすの原因になってしまうと言われているので、ちょうど20才のてるーるさんはこれからの対策が大切になってくると思います。
美しい肌が保てるといいですね。
長文で失礼いたしました。

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:01/17~01/23)

プレゼントをもっとみる

美容Q&Aコミュニティサービスです。

美容の専門家や@cosmeメンバーさんが
答えてくれるので、あなたの疑問や悩みも
きっとすぐに解決しますよ!

  • 気になる悩みを
    相談したり…
  • 誰かの悩みに
    答えたり…
  • 役立つ質問・回答を
    チェックしたり…
  • 美容の専門家からの回答がつくかも!?