長井かおりさんによる「落ちにくい夏のトレンドメイク」講座レポート★[Hello! @cosme]

アットコスメ > 長井かおりさんによる「落ちにくい夏のトレンドメイク」講座レポート★[Hello! @cosme]
長井かおりさんによる「落ちにくい夏のトレンドメイク」講座レポート★[Hello! @cosme]
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

@cosme編集部は、2017年7月1日(土)にモニターイベント「Hello! @cosme(ハローアットコスメ)」を開催しました!会場では「@cosmeベストコスメアワード2017 上半期ベストコスメ」を受賞したアイテムのタッチアップやメイクショーなどが行われました。ここでは、人気のヘア&メイク長井かおりさんによる「落ちにくい夏のトレンドメイク」講座を中心に、イベントの様子をご紹介します♪

メイク崩れが気になるこれからの季節、皆さんはどんなメイクで夏を乗り越えますか?「Hello! @cosme(ハローアットコスメ)」では、女優やモデルのヘア&メイクを手掛けながら、TV、雑誌、美容セミナー講師としても人気のヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんをお招きして、今すぐチャレンジしたい「落ちにくい夏のトレンドメイク」をレクチャー。ここでは、そのポイントをご紹介します!

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

雑誌、広告、映像などの幅広いジャンルで活動。モデルや女優のヘアメイクを手がけるかたわら、「美容を通して一般の女性の役に立ちたい」という想いから、全国でメイクレッスン講師としても活動。簡単で取り入れやすいメイク テクニックだけではなく、プチプラからハイブランドまで、良いと思ったコスメをSNSで積極的に発信。初の書籍「必要なのはコスメではなくテクニック」(ダイヤモンド社)も発売中。

朝の仕込みでお直しいらず!夏の崩れ防止メイクテクニック

①Tゾーンに部分用下地を仕込め!

湿気の強い時期におすすめなのが、毛穴やテカリをカバーするタイプの部分用下地。コスメデコルテ「ラクチュール パーフェクト ポアカバー」を皮脂の出やすいTゾーンのみに仕込みます。

②赤み補正タイプの下地とダブル使いせよ!

暑さで顔がほてって赤くなるの嫌だなぁという人は、グリーン系の下地を仕込むと◎。セザンヌ「赤み補正コンシーラー」は、キレイな肌色をキープしてくれます。最近のグリーン系下地はほのかに緑を感じるくらいの色味で、顔色が悪く見えるようなこともなく、クマなどに使っても透明感が出ます。

③3Dスポンジを駆使して崩れ知らずの肌に!

年間を通して日本人はツヤ肌が好きですが、ツヤのあるリキッドファンデーションは崩れやすいイメージがありますよね?そんな時は、3Dスポンジを使うのがおすすめです。ロージーローザ「3Dスポンジ ミニタイプ3P」は、水を含ませて膨らませて使うタイプの3Dスポンジ。これを使うことで、ファンデーションが水を含みピタッと密着します。つまり、水を含んだスポンジを使うだけで崩れにくくなります!

さらに、目の下のクマのところからほほ骨の高いゾーンを通ってこめかみまでの「美肌ゾーン」のみ、ファンデーションを重ねづけします。今回使用したのはSHISEIDO「シンクロスキン グロー ルミナイジング フリュイドファンデーション」。ツヤ感があるのに崩れにくい優秀ファンデーションです。

美肌ゾーンは、クマやシミなどの粗が出やすい部分のため、コンシーラーを使いがちですが、ファンデーションの重ね付けでも十分にカバーされます。それでもクマが目立つ…などの場合は、先ほどの3Dスポンジを使ってNARS「ソフトマットコンプリートコンシーラー」をプラス。ファンデーションを含んだスポンジを使うことでヨレずにキレイに仕上がります。

④チークはクリームとパウダーのダブル使い!

夕方になるとチークが取れてしまう…という人は、パウダーチークのみを使用していませんか?崩れを防止したいなら、クリームチークを仕込みましょう。ここではキャンメイク「クリームチーク」を先ほどのファンデーションで使用した3Dスポンジを使い、ベースメイクになじませながらポンポンと乗せていきます。

⑤パウダーはパフとブラシを使い分け!

ここまですべてリキッド&クリームタイプのアイテムで仕込んできましたが、大切なのはこれらをパウダーでおさえること。パウダーがついてはじめてファンデーションが固まるので、粉は崩さないための大切なアイテムです。

パウダーはパフとブラシのダブル使いがおすすめ。コフレドール「ルーセントフィニッシュパウダー」を、まずはTゾーンなどの崩れやすいところにパフを使ってしっかり圧をかけてつけていきます。さらに、ツヤ感を残したい頬などはブラシを使いのせていきます。ブラシにパウダーを少量取って、ふわっとのせると仕込んだツヤが活かされます。

⑥リキッド▶パウダー▶ミスト。水と粉を上手に操れ!

ここまでのベースメイクをしっかりと密着させるために、仕上げにミストを使いましょう。シュウ ウエムラ「パーフェクターミスト ヒノキの香り」を空中にシュッとひと吹きして、その中に自分から入っていくイメージでつけます。最後に軽く手のひらでフィットさせると崩れにくくなります。

ちょっとしたお出かけにぴったりのナチュラルメイク法

まずはビューラーでまつ毛を上げます。その後、マスカラ下地キャンメイク「クイックラッシュカーラー」を塗り、乾かしている間にまつ毛の間をエテュセ「クリームアイライナー WP」で埋めていきます。アイライナーは芯が柔らかく落ちにくいものを選びましょう。マスカラ下地が乾いたらマスカラのオペラ「オペラ マイラッシュ アドバンスト」を塗ります。

眉は、自眉があれば眉マスカラで十分です。ヘビーローテーション「カラーリングアイブロウ」を毛流れに沿って塗っていきます。塗り方のコツは、肌につかないようにすること。そしてラフなメイクであれば、色付きのリップクリームのみで十分なのでケイト「CCリップクリーム」をプラス。休日のお出かけくらいなら十分かなというラフなメイクの完成です。

目元と唇にカラーをプラスしてトレンドメイクに仕上げて♪

この夏は、グロッシーなアイメイクが気分なので、クリームアイシャドウでトレンドの濡れ感を楽しみます。キャンメイク「ウィンクグロウアイズ」は、パープルを感じるようなエレガントなピンクをセレクト。さらに、クレヨン系のアイシャドウでカラーラインをプラスします。落ちにくい桃谷順天館「マクレール クレヨンアイシャドウ」のラベンダーをアイラインに、アプリコットを下まぶたに入れます。

そして最後にオペラ「リップティント」を唇にオン。パープルのアイメイクをしているので、リップはピンクをセレクト。ティントリップを上手に塗るコツは、必ずリップラインをキレイな指で触ってふちを取ること。それだけで自然に唇に溶け込んだかわいらしいリップが完成します。

崩れない夏のトレンドメイクの完成♪

いかがでしたか?一日中メイク崩れしないためには、朝の仕込みがとても大切。朝にきちんとベースメイクを仕込むことで、崩れにくくなるのはもちろん、化粧直しの手間もポーチを持ち歩くこともなくなります。難しいテクニックは必要ないので、ぜひ取り入れてくださいね。

こちらの記事もCHECK★

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

気になるコスメにLikeしよう!

ベスコス2024上半期をまとめてチェック!

みんなのクチコミから選ばれたベストコスメ

注目の夏新作コスメ特集

みんなの推しコスメは?クチコミまとめ