【話題の書籍】本当においしい野菜の食べ方がわかる!新発想のスープ料理本が刊行

アットコスメ > 【話題の書籍】本当においしい野菜の食べ方がわかる!新発想のスープ料理本が刊行
【話題の書籍】本当においしい野菜の食べ方がわかる!新発想のスープ料理本が刊行
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

サラダのようでもあり、副菜・主菜にもなるスープを紹介した料理書籍『野菜がおいしいのはスープだから』が11月9日(金)に発売されました。

自由で無敵!野菜をおいしく食べるための3種のスープ

『野菜がおいしいのはスープだから』
出版社:学研プラス
発売日:2018/11/9
ISBN:978-4-05-800965-9
定価:1,300円

スープとはこうあるべき、という決まりごとは設けず、自由な発想で考えた“野菜がおいしく食べられるスープ”。本書では3種にわけてスープを紹介しています。

1.スープのような、サラダのような。

「押し麦とソーセージのクミンスープ」には、サラダほうれん草をトッピング

温かいスープの中に生野菜のシャキッとした歯ごたえを感じたり、野菜の味と食感がスープの熱で変化していくのを味わったり。フレッシュな野菜が口の中をさっぱりさせて飽きずに食べ続けられる、いままで味わったことのないサラダのようなスープを紹介しています。

2.ポタージュ!ポタージュ!ポタージュ!

引き込まれそうな美しい色合いの「ビーツのポタージュ」

野菜をペースト状にしたとろとろのポタージュは、野菜の形も食感もありませんが、色や香り、うまみは野菜そのもの。なめらかな口当たりで、幸せになるスープ。個性的なハーブやスパイスで、野菜の個性を引き出したレシピを紹介しています。

3.ことこと煮ると、野菜は丸い味になる

きつけた白菜の焦げもおいしさになる「焼き白菜と豚バラのサワースープ」

とにかく野菜をたっぷり。肉や魚介も加えて、一皿でお腹がいっぱいになるスープ。野菜をことこと煮ることで、野菜の甘みやうまみが引き出されてきます。食感も、ほくほく、とろとろ、しんなりと変化。火を通した野菜のおいしさを堪能できるレシピが紹介されています。

[文・構成/@cosme編集部]

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

この記事に関するタグ

注目トピックス

買ったコスメ実際どうだった?投稿キャンペーン

注目の夏新作コスメ特集

メイク講師に聞くベースメイクの基本

みんなの推しコスメは?クチコミまとめ