お知らせ

730views

マスクで肌荒れ?肌ダメージを軽減する対策とスキンケアの合わせ技で健やかな肌状態をキープ!

マスクで肌荒れ?肌ダメージを軽減する対策とスキンケアの合わせ技で健やかな肌状態をキープ!

花粉やウイルスの感染予防などで、
今や欠かせないアイテムとなったマスクですが、
長時間マスクを着用していると肌荒れを起こしてしまうというお声もちらほら(´~`;)

マスクが肌荒れを引き起こす原因としては、

1. 化学繊維など使用素材によるダメージ
2. 蒸れによる雑菌の繁殖
3. 摩擦によるバリア機能の低下



などが挙げられますが、
肌にやさしい素材を選ぶことで、
ダメージを軽減することができます。

天然素材の柔らかい布があれば手作りも可能なので、
なんだか肌荒れが気になるな…という方は、
不織布を使用したマスクよりも肌への負担が少ない
ガーゼ素材のマスクに変えてみましょう。

ただし、布マスクは一度使用したら必ず洗濯してくださいね!

布マスクの洗い方は、こちらの経済産業省YouTubeチャンネルで紹介されています。
布マスクをご利用のみなさまへ(経済産業省)


不織布のマスクを使用する場合は、
マスクの内側にマスクと同じくらいの大きさのガーゼ、
または柔らかい布を挟むことで、
肌への負担を軽減することができますのでこちらもぜひ試してみてください。



いつもよりていねいなスキンケアを



マスクによる擦れやこもった湿気でバリア機能が低下した肌に刺激は禁物。
クレンジングや洗顔は、
刺激の少ない肌にやさしい成分やテクスチャーのものを選びましょう。

おすすめは「ラグジュアリーホワイト クレンジングミルクN」。

とろみのあるミルクがお肌に負担をかけることなく、
メイク汚れや大気汚染物質までもやさしくオフ。
セラミドを合成する「PCAオクチルドデシル」が汚れを浮かすと同時に、
乾燥の気になる肌のバリア機能をサポートしてくれます。


また乾燥肌に傾きがちなので、
肌にたっぷりとうるおいを与えてバリア機能を立て直すことも重要です。
洗顔後はいつも以上に念入りな保湿を。

バリア機能が低下した肌には、
ラグジュアリーホワイト ローションAO II」でたっぷりをうるおいを補給するのが◎

角質層内の乱れを修復するペリセアに加え、トリプルセラミドを配合。
肌の保水保持力を高めて、乾燥や外的刺激にも揺るがない肌力を育みます


最後はゲルやクリームで与えたうるおいをしっかり閉じ込めましょう!

見た目はこっくりクリームのようなのに肌にとろけるようになじむ、
みずみずしいテクスチャーが人気の「ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX」は、
リッチモイストヴェール”が肌表面に見えないヴェールをつくり、肌内部に水分をたっぷりキープ
美容液成分96%の美容乳液ゲルは、不安定に傾いたお肌を底上げしてくれますよ(´▽`) ♪



いかがでしたでしょうか?
お肌の調子がいいと、気分もちょっと上がるもの。
いつもより丁寧なスキンケアとマスクによる肌荒れ対策をしっかりと行って
健やかなお肌をキープしてくださいね!



@cosmeで【アンプルール】をフォローしよう!

ブランドトップページにある「フォロー」ボタンからお気に入り登録をしていただくと、
あなたのタイムラインフィードにお気に入りブランドの情報が優先的に表示されるようになります。

また、フォロワーの皆さまだけに届くダイレクトメールで、特別なイベントへのご招待やお得なキャンペーン情報などを受け取ることができます。

>>フォローはこちらから!







このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

乾燥 カテゴリの最新ブログ

乾燥のブログをもっとみる

アンプルール のブログ

アンプルール のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ