1057views

【美容液の基礎知識】エッセンス・セラム・アンプルの違いと使い方

【美容液の基礎知識】エッセンス・セラム・アンプルの違いと使い方

こんにちは!魔女工場です。
美容液と言っても、その種類はさまざま。
以前にも少しご紹介した美容液の種類と違い、また使うタイミングについて詳しく見ていきましょう!
▽過去のブログもチェック▽

美容液、どれを選ぶ?


肌へ栄養を供給するエッセンス・セラム・アンプルは、そのテクスチャーや効果が似ているため、どれを選べばいいのか迷いやすいアイテムですよね。
どれも肌の基礎ケアの段階で必要な栄養成分のうち、1~2種類の成分を集中的に配合しています。
保湿・美白・シワ改善・弾力ケア・栄養供給などの機能性成分を濃縮することで、クリームやローションよりも集中的なケアが可能となります。

エッセンス・セラム・アンプルの大きな違いは?

それは成分の濃度です。
エッセンス<セラム<アンプルの順で、エッセンスが最も濃度が薄く、アンプルが最も高濃縮だと言えます。
また、どれもローションやクリームよりも軽い付け心地のため、油分の多いローションやクリームの前に塗ることが推奨されています。
一般的に、化粧水→美容液(エッセンス・セラム・アンプル)→ローション・クリームという順で使用されます。
ではそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう!

1.エッセンス


特定の成分を最も軽く(薄く)濃縮した商品で、肌のお悩み別に最適化された総合的な機能性エッセンスが多いといえます。
魔女工場の「ガラク ナイアシン2.0エッセンス」も、美白に特化した成分であるガラクトミセス培養液や、ナイアシンアミドを配合した美白機能性化粧品です。
サラサラした水のようなテクスチャーで、肌に素早く吸収し、肌の内側からシミを改善。肌のキメを整える役割をします。
★ガラクナイアシン2.0エッセンスについての詳しいブログもチェック
リピーター続出!美白成分2倍の透明美白エッセンス

2.セラム

エッセンスよりも比較的有効成分の濃度が濃い商品で、より集中的なケアが必要ならセラムをチョイス。
エッセンスでははっきりした効果が感じられなかったならセラムを使ってみましょう。
魔女工場の「ビフィダバイオームセラム」は、いつも輝く女優肌を演出する美白・シワ改善の機能性化粧品です。
揺るぎない肌環境を作るビフィダバイオームが、肌本来の力を蘇らせて、まぶしく健康な肌へと導きます。
★ビフィダバイオームセラムについての詳しいブログもチェック
女優肌の秘訣!高濃縮ビフィダバイオームセラム

3.アンプル

3つの美容液のうち、最も成分の濃縮度が高い商品で、短時間で最高の効果を引き出す目的で使用されます。
有効成分を凝縮して含有量を高めているため、少量でも効果が出やすいと言えます。
魔女工場の「ビフィダコンプレックスアンプル」は外部の刺激にも負けない健康な肌の土台作りに役立つ成分が凝縮されています。
他にも美白・シワ改善機能性化粧品としての役割も果たし、これ1本で肌を最善の状態に整えてくれます。
★ビフィダコンプレックスアンプルについての詳しいブログもチェック
さらに強力になった!ビフィダバイオーム コンプレックスアンプル
いかがでしたか?
ローション・セラム・アンプルの違いは、成分の濃縮度にあったんですね!
商品を選ぶときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ブログでご紹介した魔女工場のエッセンス・セラム・アンプルを同時に使う際には、テクスチャーがサラッとしている(薄い)ものからお使いください♪
【薄い】
ガラクナイアシン2.0エッセンス
  ↓
ビフィダコンプレックスアンプル
  ↓
ビフィダバイオームセラム
【濃い】

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

しわ対策 カテゴリの最新ブログ

しわ対策のブログをもっとみる