加藤智一さんが選ぶ2019年のマイベストコスメ

アットコスメ > @cosmeベストコスメアワード2019 > 美容賢者が選ぶ2019年のマイベストコスメ > 加藤智一さんが選ぶ2019年のマイベストコスメ
加藤智一さんが選ぶ2019年のマイベストコスメ
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

美容ジャーナリストとして、コスメ、メイクのトレンドを発信している加藤智一さん。磨かれた審美眼でビューティの流れを見つめる加藤さんに、2019年のマイベストコスメを伺いました。

美容ジャーナリストの加藤智一さんが選んだマイベストコスメはこれ!

最新テクノロジーで複合的な肌悩みを一気に解決

ホワイトショット

容量・本体価格 78g・11,000円
発売日 2019/5/24

はじめに加藤さんが2019年ベストコスメに選んだのは、「ホワイトショット」の『ホワイトショット MX』。

「いままでのホワイトニング製品はメラノサイトやメラニンなどピンポイントでアプローチすることで白さを叶えるものでした。そんななか『ホワイトショット MX』は、細胞そのものの代謝を高めることによって、全体的にアプローチするのがポイント。

来年のスキンケアの傾向にも言えることですが、たとえばシワだけ、たるみだけ、といったひとつの肌悩みにアプローチするものではなく、複合的な肌悩みを一気に解決する。最新のテクノロジーを携えて、肌全体の底上げをはかることによって、エイジングケア全体に応用されていく、という流れに進化しています。

『ホワイトショット MX』はまさにその走りであり、今年ブレイクスルーとなった製品。迷わずマイベストコスメに選ばせてもらいました!」

汗をかいたときの落ち方まできれい

FIVEISM × THREE

容量・本体価格 1セット・7,400円 / ブラシ・1,800円 / ケース・1,800円 / レフィル(12g)・3,800円
発売日 2019/7/10

また、「FIVEISM × THREE」の『ゲームフェイス カモキット』も加藤さんの今年のベストコスメに選出。

「去年から日本でもメンズコスメがブームになっていますが、2019年はさらに進化しました。『ゲームフェイス カモキット』は、色がつかないプレストパウダーなのですが、肌にのせるだけでまるでヴェールをかけたように毛穴がなくなり、赤みやテカリなどの肌のアラを隠してくれるんです。しかも、汗をかいたときの落ち方まできれい。男性の肌を考え抜いているアイテムだと思いますね。斜めにカットされた付属のブラシも優秀! このブラシであれば、メイクに慣れていない男性が多少乱雑に塗っても、きちんと小鼻の周りなどに入り込んでフィットしてくれます」

「じつはこのプレストパウダー、男性だけでなく女性ファンも多いんですよね。色がつかないので女性の化粧直しパウダーとしても優秀。汗をかいて塗っても、重ね塗りしても厚ぼったくならない。肌に透明感をのせる感じのパウダーなんです。令和元年は、ようやくメンズ美容に肌づくりがフォーカスされた年になりました」

濃密感が半端じゃないリップバームに衝撃!

キュレル

容量・本体価格 4.2g (オープン価格) (編集部調べ)
発売日 2019/8/3

同じく「男性におすすめしたい」と話すのが、「キュレル」の『リップケア バーム』。加藤さんのベストコスメに輝きました。

「これ、衝撃の優秀リップなのです! いままでのリップバームとは別格というのを体感できるはず。粘着度がとても高く、ねっとりしているバームで、唇の上を覆う被膜感の濃密度が半端じゃない。就寝用のリップパックなのですが、朝起きるとツルンツルンの唇になっているんです。

日中もうるおいが続くので、一日一回のリップケアとしても十分だと思います。男性の場合は、日中に何回もリップケアをしないと思うので、そういう男性にもおすすめ。女性なら、マットリップを重ねるのは不向きかもしれませんが、ティントリップを重ねるならいいかも。リップバームってついつい見落としがちな地味アイテムですが、久々に衝撃を受けた製品です」

2019年のマットリップは質感が豊富に

「2019年は、相変わらず唇が主体のメイクトレンドが継続していましたね。去年から引き続き人気のあったマットリップの質感も、ベルベット、シルキー、ソフトなど、より細分化されました。その分、目もとはラインを強調することなく、春夏はほんのりオレンジや赤みを活用した淡いカラーメイクが人気に。秋冬はその反動からか、ラメパールが主流のスパークリングコスメに注目が集まっているように思います。色よりも質感で目もとを遊ぶのがトレンドになっていきていますね」

マットとツヤを兼ね備えたハイブリッドなベースメイクがトレンド

「また、ベースメイクは、これまではマットツヤかの二択だったのが、2019年は両方の質感を兼ね備えた機能性に進化。今年ブレイクした『NARS』の『ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション』のように、セミマットな仕上がりでありながらツヤも演出できるというような、ふたつの要素をきちんとクリアしたハイブリットな質感のベースメイクが多かったですね」

ベースメイクのなかでも加藤さんが絶賛するのが、「ジルスチュアート」の『イルミネイティング セラムプライマー』。

ジルスチュアート

容量・本体価格 30ml・3,200円
発売日 2019/7/5

美容液化粧下地を兼ね備えている“美容液化粧下地”というカテゴリーの製品。保湿力が高く、ミルキーなテクスチャーが肌をなめらかに整えてくれるのに、フィット感はとても軽やか。化粧水のあとにこの下地を仕込むだけで、幾重も手をかけたような上質な光沢肌になります! 新たな名品になりそうな予感を感じさせる下地ですね」

超エイジングケア時代の幕開け

「そして今年のビューティトレンドとして欠かせないのが、シワ改善アイテム。さながらフェスのような様相で、各ブランドからシワ改善美容液が10種類以上発売されました」

そう語る加藤さんが、とくに気に入ったのは「KANEBO」の『カネボウ リンクル リフト セラム』なのだそう。

KANEBO

容量・本体価格 20ml・13,500円
発売日 2019/10/11

「さまざまな美容成分が配合されていて、肌にのばすとシワの隙間にもきちんと入り込むテクスチャーがとても優秀。使い心地がすごく良いです! 目もとケアアイテムの製品には無香料のものが多いのですが、この製品は鼻をくすぐるようなほのかな香りがして、化粧品として非常に色気があるのも魅力ですね。

エイジングサインへの挑戦は2020年も続くでしょう。肌そのものを健康にすることで、複合的なあらゆるエイジングサインに働きかける超エイジングケア発想が出てくると思います」

令和は“美に対する自分との対話”が大切な時代になる

「今年、令和に年号が変わり、人々の気持ちにも大きなインパクトを与えていると思うんです。それによって、いままで持続してきた流行がここで一度ストップして、まったく新しくなる可能性がある。たとえば、美容医療も昭和ではごく一部、平成だと美魔女など一部の美容意識が高い人がするものという認識がありましたが、令和ではより一般的なものになってくると思います。肌のメンテナンスが普通になり、令和は年をとってもきれいでいることが普通になってくると思いますね。お金が限られているなかで、たくさんある情報のなかから、より賢く、審美眼を一層研ぎ澄まして優秀なコスメを選び取る必要がありますね。

また、いまの時代、美容に関しても特定のロールモデルがいないというのも特徴。憧れの誰かをそのまま真似るのではなく、『自分の魅力は何なのか?』『自分のどこをフォーカスすればきれいになれるのか?』と、自分との対話のなかから自分の良さを引き出していくのが令和です。流行は追いかけるものではなく、取り入れるもの。自分に合うものだけを取捨選択して、その審美眼を養っていけば、令和の時代に自分の美しさのレベルが確実に1ステージ上がるはず」

美容ジャーナリスト・加藤智一さん

美容ジャーナリスト。「25ans」(ハースト婦人画報社)ほか、多くの女性誌の美容担当を経て独立。現在は、女性誌・男性誌のほか、さまざまな媒体で執筆。著書に、「思わず触りたくなる美肌をつくる身だしなみメイク」(講談社)、「最速! 清潔感」(大和書房)など。

取材・文/根笹美由紀
撮影/中山実華

(アットコスメ編集部)

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

2019年間ベストコスメ発表!大賞をチェック

ベスコス受賞コスメ現品プレゼント!

2019秋冬新作スキンケア特集

ほっこりメイク&コスメ特集

2019クリスマスコフレ冬新作コスメ特集