導入美容液について

解決済み
導入美容液といえば主に後につけるスキンケアの浸透を良くする役割を持っていますよね。
それを考えるとSK2やフローラドリップなどはかなり底上げ出来ると思うのですが、プチプラ~そこそこの化粧水ではあまり本領を発揮出来ないのでしょうか…?
また、個人的には美容液は高価なものにして化粧水+美容液+クリームで済ませるのが理想なのですが、美容液をブースターにすると
導入美容液+化粧水+美容液+クリームになる感じでしょうか?(導入分コストがかさむ?)

ブースターにはランコム、クレド、コスデコなど魅力的な美容液がありますよね!
気になっているのですが高価な為、なるべく効果的に使用したいのでご助言お願いします!

ログインして回答してね!

Check!

2020/4/30 17:59

導入液の考え方ですが、処方設計している立場からお話致しますと。

以下は、もちろんメーカーさんの設計ありき…というところがある点は、あらかじめご了承下さいませ。

基本的には、導入液を使ってもその後に使用するコスメがプチだったとしたら、効果はそれなりと思う必要があります。
導入液の目的は、美容成分や保湿成分を角質層深部に届ける役目ですので、あとで塗布する成分の質が良くなければ良い効果は期待できません。

そして導入液の質ですが、正直なところこれまでプチをご使用だったのだとしたら、比較して考えれば導入液そのもだけで美容液と考えて良い製品が多いですね。
なので、美白やアンチエイジングなど特に有効性に拘りの美容液以外は、導入液+化粧水+乳液(またはクリーム)で十分事足りるはずです。

ただし、ここでしっかり見極める必要があるのは「導入液の質」ですね。
例えば導入液製品の中には、オイルは皮膚なじみが良いからと、美容オイルを導入液に勧めているメーカーさんがありますが、オイルは「皮膚からはじかない(皮膚なじみが良い)」というだけで、皮膚内浸透が良いわけではありませんので、その後の化粧水やクリームの浸透性を促す機能は果たしません。
むしろ撥水して、大切な後の製品の皮膚なじみが悪くなってしまう結果になりますので、こうしたスキンケア理論に叶っていない製品にはご注意下さい。
他にも、エタノールを使って皮膚浸透を促している考え方の導入液も市場にありますので、こうした製品はエタノールにストレスを感じる肌質の方の場合はご注意頂く必要がありますね。

ご参考にされて下さい。

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:07/01~07/08)

プレゼントをもっとみる

美容Q&Aコミュニティサービスです。

美容の専門家や@cosmeメンバーさんが
答えてくれるので、あなたの疑問や悩みも
きっとすぐに解決しますよ!

  • 気になる悩みを
    相談したり…
  • 誰かの悩みに
    答えたり…
  • 役立つ質問・回答を
    チェックしたり…
  • 美容の専門家からの回答がつくかも!?