カルボマーとは?

  題名のとおり、「カルボマー」とはどういう成分でしょうか?

 ジメチコンやポリマーの恐ろしさ(肌に合成のフタをする)を
 知ってから、スキンケア製品はジメチコンやポリマーを含まないも
 のを選んでいます。

 最近気になる商品があるのですがその製品の成分に「カルボマー」
 が入っていました。
 ポリマーの一種ということは知っているのですがネットで調べてみ
 ると賛否両論、ポリマーのように肌に害はないという意見もあれば
 カルボマーもジメチコンと同じという意見もあってどちらを信じて
 いいのかわかりません!(^^;

 「カルボマー」はやはり肌に悪いのでしょうか?
 肌に膜を覆ってしまって毛穴をふさいでしまうのでしょうか?

 回答お待ちしています!

ログインして回答してね!

Check!

2010/6/13 21:44

ポリマー=悪ではない
ポリマー大好き&勉強中の化学屋の卵です。こんにちは。

まずポリマーの誤解を解かせてください。
ポリマーというのはいわゆる「ビニール袋」のことではなく、「重合体」のことであり、なんのこっちゃとお思いになるでしょうが、つまりは「たくさんの分子がすっげー集まった分子」のことです。人一人が普通の水や酸素のような分子だとすれば、ポリマーは日本国民全員が一つに集まったものと考えれば想像は容易にできるかと思います。
我々の体を作っているタンパク質、木を作っているセルロース、生体の設計図たるDNA、みんな大好きコラーゲンもポリマーです。工業では金属、セラミックスと共に重要な材料であり、化粧品業界で「悪」とされている「ポリマー」とは「人工合成ポリマー」のことを主に指します。
 
「カルボマー」を調べてみたところ、正式名称を「カルボキシビニルポリマー」と言うようです。
「ビニル」と聞いていわゆるビニール袋のようなものを思い浮かべるでしょうが、それは大きな間違いです。ビニルというのは「ビニル基」のことで、そういう「基」が構造に含まれている場合、そう物質を命名しなくてはならないという決まりでそう名づけられているのです。

そして本題、カルボマーは肌に良いのか悪いのかですが、本当に大きく意見が真っ二つに分かれているようですね。構造式も製品安全データシートも見当たらないので何とも言えませんが、水溶性で医薬品に使われていることは確かなようです。有名どころで痔の注入軟膏、「ブリザエース」の粘着吸着性基剤として使用されています。
そこから考えるに、「肌に膜を張る」ということは無さそうですが、一方で発がん性があるという意見もあるようですし、もし気になるようでしたら他の商品を検討するか、もしくは専門家(医師など)に聞いてみるのが一番だと思います。

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:05/24~05/31)

プレゼントをもっとみる

美容Q&Aコミュニティサービスです。

美容の専門家や@cosmeメンバーさんが
答えてくれるので、あなたの疑問や悩みも
きっとすぐに解決しますよ!

  • 気になる悩みを
    相談したり…
  • 誰かの悩みに
    答えたり…
  • 役立つ質問・回答を
    チェックしたり…
  • 美容の専門家からの回答がつくかも!?