編集部でお試し! この夏気になる新色をPickup!

 > 編集部でお試し! この夏気になる新色をPickup!
編集部でお試し! この夏気になる新色をPickup!
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

各ブランドから新色が続々と到着中の@cosme編集部。シャネル、アナ スイ、オーブクチュール、エクセルなどデパートブランドからプチプラブランドまで、気になるポイントメイクアイテムを早速お取り寄せしてみました。今回、各ブランドのPRさんが教えてくれる使い方のコツは必見! さらにメイクアップアーティストの名取 瞳さんには、夏にオススメのメイクをご紹介いただいています。

この夏の新色はどんな色? 発色は? ツヤ感は?
お取り寄せしたそれぞれのブランドで、ベーシックから応用したメイクまで、@cosme編集部のスタッフがお試ししました!

◆シャネル 【7月15日発売】

レ キャトル オンブル

シャネル

革新を極めてアイメイクの可能性を広げる、4色のアイシャドウ パレット。ソフトでつけやすいパウダーは、鮮やかに輝き、長時間美しい発色を保ちます。
@cosmeベストコスメアワードを数々受賞した実力派アイシャドウとしておなじみですよね。

今回お取り寄せしたのは「#272」。ゴールドとピンク、締め色には深みのあるブラックカラント、メタリックなプラチナム カーキがポイントの大人なパレットです。

#272 ティセ ディマンシオン
本体価格 6,900円(税抜)

◆ベーシックメイク編

#272は、ピンクとブラックカラントの女性らしいカラーが印象的なパレット。普段でも使いやすいカラーがそろっています。

ベーシックメイクのテーマは「女性らしいカラーなのにスッキリ! 涼やかアイメイク」

STEP1.
まぶた全体に、3番・4番を5対5の割合でブラシにとったら、まぶたの際におき、ブラシを左右に往復させながらアイホール全体へ広げる

STEP2.
斜線部分に1番を重ねる。色の境目がSTEP1となじむようにぼかす

STEP3.
2番を目頭におき、「く」の字の形に入れる

◆PRさんに聞きました! 〜色のこだわり・使い方のコツ〜

「#272は、ゴールドとピンクがきらめくプラチナム カーキのクールな輝きが印象的なパレットです。右下の深みのあるブラックカラント(4番)は目のキワに入れてアイラインのようにするのもOK。プラチナムカーキ(1番)は、ブラシでふわっとアイホール全体にいれて透明感を出したりするのもGood。さまざまアレンジを楽しめますよ」

◆応用編メイク "凛としたフェミニンメイク"

応用編メイクのテーマは、
「キラッと輝くプラチナムカーキのメタリックを活かした、ちょっと『攻め感』のある大人の目もとに!」

STEP1.
3番・4番を6対4の割合でブラシにとり、目尻から目頭に向かってアイホール全体に広げる

STEP2.
4番のブラックカラントを目尻側におく。そこから目尻側1/3の範囲までブラシを往復させて、色をのせる。目尻側に色を足す。メリハリをつけるためなので、わずかに陰影がつくくらいでOK

STEP3.
まぶた中央に1番と2番を、5対5の割合でブラシにとり、まぶたの一番高い部分に光が集まるようにのせる

STEP4.
下まぶたに3番・4番を、ピンクが強めに出るよう6対4の割合で混ぜてブラシにとり、3mmの幅で目頭から目尻に往復させて色をのせる

「ウォームカラー」で作るクールな大人のアイメイクが完成!

アナ スイ 【7月27日発売】

 アイ&フェイスカラー/メイクアップ パレット

アイ&フェイスカラー/メイクアップ パレット

アンティークな要素の中に、強さやスパイスを感じる、独特のカラーリングとデザイン。まるで本物の工芸品のように繊細なディテールと、テクスチャーにも強いこだわりを感じさせる一品。

花々や宝石を閉じ込めたような表面のディテールも美しく、アイシャドウとしてもチークとしても使える色がそろっている幅広いカラーバリエーション。誰もが虜になるカラーは、年齢を問わず「アナ スイ」を楽しめるパレットです。
色を季節ごとに入れ替えたり、リップやチークだけのパレットにするのも◎。セットするパレットはマグネット式なので、ひっくり返しても色玉が落ちにくい設計。組み合わせは無限大!

アイ&フェイスカラー 1色 本体価格 1,200円(税抜)
リップ&フェイスカラー 1色 本体価格 1,200円(税抜)
メイクアップ パレット 本体価格 1,500円(税抜)

※写真のパッケージは限定発売となります

◆PRさんに聞きました! 〜色のこだわり・使い方のコツ〜

「48色のカラー達はそれぞれテクスチャーに合わせ細部までこだわった6種類の模様がポイント! 発色、仕上がりの良さはもちろんパレットを開けた瞬間、見るだけでも乙女心をくすぐらせてしまうような、アナスイだけができる魔法のようなアイテムです。
特にオススメは「ヴェルヴェットコサージュ」。V400番は普段のブラウン、ベージュ系メイクにプラスすると一気に秋顔にアップデート! 深みのあるボルドーカラーに奥行き感が加わって印象的な目もとが完成します」
(アナ スイ PRマネージャー 小山 由佳里さん)

◆ベーシックメイク編 フォギーな質感で作る"涼し気" な目もと

48色の中で唯一パールが入っていない「フロスト ストーン」9色から寒色系をチョイス。"夏らしく涼し気に” をテーマに、フルメイクパレットを作ってみました。ノンパールのベースは、きめ細かくフォギーな質感。パキッと鮮やかなカラーでも、透明感のある発色でふんわりと肌になじみ、肌の美しさを引き立てます。

STEP1.アイシャドウ
5番をブラシに取ったら、目の際においてからブラシを左右に大きく往復させる。まぶた全体にグリーンを広げる

STEP2.
6番をブラシに取り、目の際からまぶたの半分の高さまでブラシを往復させ、ブルーの色が均一の濃さになるよう、先にのせたグリーンの上に広げていく。グリーンとブルーの色の境目はぼかす

STEP3.
5番と6番を5対5の割合でブラシに取り、下まぶたの目頭から目尻まで3ミリの幅でのせていく

STEP4.
4番を目頭におき、「く」の字の形に入れる

STEP5.チーク
2番と3番を5対5の割合でブラシに取り、頬骨エリアに斜めの「楕円形」になるようにふんわりと色をのせる

STEP6.リップ
唇の輪郭の際までたっぷりと色をのせて、ぷっくりとツヤが出るように色を重ねる

淡いカラーの組み合わせで、ナチュラルだけど涼し気なメイクが完成!

メイク応用編 "大人のブラウンメイク"

メイク応用編のパレットは、「アナ スイ」の発表会で発見した "アンティーク" がコンセプトの、4色パレットを再現してみました。

STEP1.アイシャドウ
2番をブラシに取り、まぶた全体にふわっとのせる。まぶた全体にツヤと透明感が出る

STEP2.
3番をブラシに取り、目の際からまぶた半分の高さまで、ブラシを左右に往復させて広げる。ゴールドとブラウンの色の境目はぼかす。

STEP3.
下まぶたの目の際にブラウンを入れて目もとを引き締める。3番をブラシに取り、下まぶたの目の際におき、細く色をのせる。

STEP4.
2番をブラシに取り、下まぶたの目頭にブラシをおき、目尻にむかってブラシを左右に往復させてゴールドをいれる

STEP5.チーク
1番をブラシにとったら、シャープにみせるために、こめかみからアゴ先に向かってチークをのせる

STEP6.リップ
唇の輪郭の際までたっぷりと色をのせて、ぷっくりとツヤが出るように色を重ねる

切れ長に見えるブラウンの色が印象的! 大人クールなメイクが完成です。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

マイベストコスメを教えて

春夏新作コスメ

みんなの思い出コスメをまるっと大解剖!

UVCUT

変わる私と、変わらない私。