4277views

アメリカで美容院にいってみた

アメリカで美容院にいってみた

皆さんは美容院、どうやってお気に入りを見つけられましたか?

アメリカに来る時、一番困ったなと思ったのが美容院選びでした。
どんなヘアスタイルにされるんだろう?髪型はどうやって伝える?美容師さんの選び方は?
実際、予約とるために電話する時点で嫌でした。(笑)

「アメリカ 美容院 ブログ」とかで検索すると、みなさんアジア人専用のサロンに行かれたり、はたまた日本に帰国するまで切らない!とかいう方もいらっしゃったり。
中には、パッツンにされましたーみたいな涙の体験記もあり。
出典:the 20 worst haircut ever
いくらなんでもこの画像みたいにはされないだろうけど、十二分に不安をあおられたのでした。

しかしそこはせっかくアメリカに来たのだから、行ってみるしかあるまい!と一念発起。
口コミで評判のいいサイトを探し(yelpというサイトです)、ウェブサイトをみて美容師さんを選び、予約。この人にまかせれば全て安心よ!みたいな口コミのある人にしました。
写真はダンディーなおじさまがこちらにむかって微笑んでおりました。

さて、予約当日緊張してサロンへ。受付の人が上着をあずかってくれ、コーヒーやハーブティーなどのドリンクサービスもありました。少し待っていると、こちらに近づいてくる男性が。
「アーユーラララン?」
写真と大分違って、腕中タトゥーのマッチョなおじさんでした。
イメージ:ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカというバンドのボーカル)
関係ありませんが、メタリカのBlack albumは名盤ですね。

ちょっとびびっていたのですが、今日はどうする?というトークのあと、シャンプー台へ。シャンプーは大抵若手の人がします。
その後いよいよカット開始。こちらの美容院はハサミ一本。すきバサミは使いません。
気になる会話ですが、話したくないなら話さなくて結構といった感じ。
私は思い切って話してみました。
「あのー、セクシーな感じになりますかね」
おじさん即答、「セクシーって髪じゃなくて雰囲気だからな。」
「なんか、バンドとかやってそうですね。」
「俺はバンドのベースだぜ。美容師は副業なんだ」

え?!美容師が副業?
というのも後で知った話、こちらの美容院は基本完全予約制なので、予約が入っている時間に出勤して予約分がさばけたら何時でも帰っていいそうです。
なので、趣味にいそしんだり副業をされている方も多いのだとか。

そんなこんなでカット50分ほどで終了。
えー肝心な仕上がりですが、まあまあ良かったです。
(4/7追記)今度、カット後の写真を載せますね!

お値段は、ちょっと高いと思いました(カット70ドル(8000円ほど))。
そして値段の20パーセントのチップを上乗せしなければなりません!
シャンプーの人にも2から5ドルをチップとして献上。
例えばカット、カラー(こちらはハイライトという多色染めが一般的)を同時にすると、簡単に250ドル以上(3万円近く)かかってしまうことも・・・。

1000円カットみたいな安いところもあるのですが、シャンプーなし、そして美容師さんの当たり外れがあるようなのです。

そしてご存知人種のるつぼアメリカは、アジア人専用サロン、黒人女性専用サロン、ヒスパニック男性専用など人種ごとにも専用のサロンがあるのでした。

みなさんももしご旅行、引っ越しのご予定があれば、是非アメリカのサロンに挑戦されてみてください。
アメリカのヘアスタイル雑誌に、「髪は髪。どうせのびるから挑戦せよ!」と書いてありました。

後日談ですが、おじさんには二度とお目にかからない予定です。(笑)
お気に入りのサロンを見つけたので、今はそこの常連になりました。
三島由紀夫とクラシックの好きな男性美容師さん(アメリカ人)に切ってもらっています。
その話はいずれまたさせていただければと思います(^^)

長々付き合って下さりありがとうございました。今度ヘアケアの話も書きますね。


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(5件)

  • →のですよ(今も好きですよ。新しいのはあまり知らないけれど)。メタリカではMaster of Puppetsが最高に好きです。これ、語ると止まらないので、この辺でやめときます(笑)。
    それはさておき、お気に入りのサロンと美容師さんが見つかってよかったですね。

    0/500

    • 更新する

    2016/4/29 19:08

    0/500

    • 返信する

    14歳の時にライブに行きまして笑。度肝を抜かれましたね。
    実は私はメタルはあまり知らないのですが、ロックは一般的に好きです。Led Zeppelinが大好きです。また後ほど語りましょう。
    お気に入りサロンは一度見つかると楽でいいですー。実はハイライトとかやってみたいんですけど、誰も喜ばないでしょう笑

    0/500

    • 更新する

    2016/5/1 14:33
  • 過去記事にコメントすみません。
    海外で髪を切ったり染めたりって、最初の一歩は勇気が入りそうですね。違う人種の方はもちろん、同じ東アジア人でも、中華系の男性って刈り上げ君みたいな髪型している方が多い印象があって、センスの違いを感じます。
    ところで、ラロさんからメタリカの文字が! 私、メタラーだった→

    0/500

    • 更新する

    2016/4/29 19:03

    0/500

    • 返信する

    いえいえコメントありがとうございます!
    えー中華系の刈り上げはですね、アメリカのごく一般的な男性のスタイルでもありまして、大人気です笑。逆に、長い髪はロッカーかオカマさんかナード?こっちは男性らしさのテンプレが決まっているので大変そうです。
    そしてどどんさんメタラーだったのですか?!メタリカ、実は→

    0/500

    • 更新する

    2016/5/1 14:30
  • はじめまして♪ 私は日本国外から出たことがないので・・・海外の美容室事情、楽しく記事を拝見させて頂きました☆(=゚ω゚)ノ 日本人にチップって馴染みがないので、払うシーンや金額などは困りそうです(笑)何事も勉強ですね~しかし、お気に入りの美容室が見つかったということでよかったですw(*´艸`*)

    0/500

    • 更新する

    2016/3/17 12:28

    0/500

    • 返信する

    夏唯蘭さん初めまして!コメントありがとうございます。
    私は初めてこちらの美容室に行く時、何もわからず緊張しまくっていました(笑)チップをもしつけなかったら、次回からどんなサービスをされるのか恐ろしいです。今の美容師さんはとても丁寧でアドバイスも的確で大好きです(^^)

    0/500

    • 更新する

    2016/3/17 23:52
  • いやー勇気いりますね~。私は以前ALTの方達から英語を習ってましたけど、ごく普通の田舎の理容院や美容室に行っていたようでした。どうやって頼んでたんでしょう。お任せの方もいらっしゃれば、英語が分かる方もいらっしゃれば、ラッセル・クロウに憧れて、伸ばしていた方もいらっしゃいました。

    0/500

    • 更新する

    2016/3/11 16:38

    0/500

    • 返信する

    私は大雑把に注文して、「毛先の痛んだ部分をトリム、レイヤーを顔周りに少し、量はこのくらい」であとはおまかせです。今度カラーをしてみたいけど、絶対似合わないんだろうなあ。
    ラッセル、短めの髪型の方が好きかも。(笑)

    0/500

    • 更新する

    2016/3/12 04:45
  • そうそう、アメリカはチップ!面倒くさいですよねー。私は生活ではなく、遊びでしかアメリカ行ってないので、幸い?美容院は未体験です。そう書いている今日、美容院いってきまーす。

    0/500

    • 更新する

    2016/3/11 15:14

    0/500

    • 返信する

    美容院はいかがでしたか?日本の美容院って、丁寧で、いいですよね。
    チップは面倒くさいし、お金が飛んで行くので嫌なのですが、飲食業会には少しずつチップ見直しの動きがでてきたようです。

    0/500

    • 更新する

    2016/3/12 04:42
  • もっとみる

ヘアサロン カテゴリの最新ブログ

ヘアサロンのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:9/17~9/23)

プレゼントをもっとみる