113views

わたしは、「粋」の仲間入りがしたいようだ。

わたしは、「粋」の仲間入りがしたいようだ。

いま私が影響を受けている人は、外資金融に勤めるYさん。

彼女は業界に名の知れた営業マンで、見た目も洗練されている。

だから好きだ。

優秀な人でも見た目が野暮ったかったら、好きではない。

順番としては、見た目が洗練されていて、さらに優秀だから好きなのだ。

見た目が洗練されているだけの人は、惹かれない。

でも仕事面で優秀じゃないといけないわけではない。

以前影響を受けていた人は、赤坂に住んでいた元同僚Sさん。

彼女は仕事ができない類では決してないけれど、特筆してはいなかった。

彼女に惹かれたのは、洗練されていて、お金遣いがワイルドだったからだ。

彼女に何かご馳走になりたいわけでは断じてない。

食事はもちろん割り勘だったし、私は喜んでお金を遣ったから。

彼女とよく遊んだ1年で、私の財政は破綻した。

彼女の妊娠をきっかけにパーティな気分は終わってしまったけれど、

背伸びをしつづけた生活は、刺激的だった。

お金持ちだから好きだったのか。

優秀だから好きなのか。

違う気がする。

彼女たちは経験が豊かで、話が面白く、一緒にいて飽きなかった。

さらに見た目が洗練されていて、特徴的なラベルだったのだ。

影響を受けるとは、他人に自分を似せていくことだ。

見た目や思考、行動、話し方。

彼女の仲間になりたい、同類に見られたい、という湧き上がる気持ち。

また、大学時代の友だちであるMさん。

既婚者でありながら単身NYへ留学したり、女子会を主催したり。

金銭に左右されない、彼女のフットワークの軽さ、思考の柔軟さが好きだ。

粋なのだ。

粋といえば、元同僚で夫の旧友であるKさん。

彼女はもう生き方がおしゃれだ。好きだ。

ふと思ったが、Kさんには「特徴的なラベル」がない。

私は彼女と仲良しで嬉しいし、誉れだ。

誰のようになりたいか、といえば、彼女のようになりたい。

4人に共通するのは、洗練さと、粋。

粋とは四季にコントリビューションすることだ、と上司は言う。

粋とは、人生を楽しむ態度なのだろう。

彼女たちは人生を楽しんでいるように見えた。

仕事や消費、身軽さ、自由さを通じて。

私は「粋な女」だと思われたかったのだ。粋の仲間入りがしたいのだ。

ブログを見る

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

カテゴリなし カテゴリの最新ブログ

カテゴリなしのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:10/17~10/23)

プレゼントをもっとみる