9110views

10月1日は香水の日!美容ジャーナリストYUKIRINおすすめの、秋の新作フレグランス特集♪

10月1日は香水の日!美容ジャーナリストYUKIRINおすすめの、秋の新作フレグランス特集♪

こんにちは♪
美容ジャーナリストのYUKIRINです。

10月1日は日本フレグランス協会が定める「香水の日」。
今年のテーマは「新しい香り、あらたな私」となっています。

シチュエーションや気分、季節の変わり目、ライフステージの変化など、
新しい自分を見つける香りとの出会いを楽しみませんか?

今回は、秋の新作フレグランスの中から一部を、
私のレコメンド入りでご紹介して参ります。

製品紹介の前に、皆さまは「日本フレグランス大賞」をご存知でしょうか?^^
現在、日本フレグランス協会のサイトより、一般投票受付中です!
http://japanfragrance.org/vote2017/

私は4度目となるエキスパート審査員として、
今年も評価に参加させていただくことになりました。
一般投票は8月30日まで可能です。ぜひご投票に参加くださいね♪

では新作フレグランスのご紹介と参りましょう。
まずはファッションフレグランスのカテゴリから。

GUCCI「グッチ ブルーム オードパルファム」


8月9日発売
香調:リッチ ホワイト フローラル
調香師:Alberto Morillas
50mL ¥10,800 / 100mL ¥14,500
クリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレが手掛けた、
初のフレグランスコレクションとなります。
花と植物が咲き誇るガーデンからインスパイアされた香り。
もうファーストインプレッションから、チュベローズ!って思いました(笑)
ジャスミンサンバック、そしてウッディノートも感じ、とても素敵な香り。
ファッションフレグランスも個人的にいい!と思えるものが最近多くなってきており、
調香はモリヤス氏と知り、納得でした。ホワイトフローラル好きな方はぜひチェックを。
私はジャスミンサンバックにチュベローズという時点でもう好きです(笑)

COACH「コーチ オードパルファム」

9月13日発売
香調:フロリエンタル フルーティ
調香師:Juliette Karagueuzoglou
50mL ¥9,000 / 90mL ¥13,400

オードトワレとはまた大きく違うノートとなっている「オードパルファム」は、
ニューヨークのエナジェリックな姿と、
自立した女性を感じさせてくれるセンシュアルな香り。
トルコローズに、スウェードムスク、サンダルウッドなど。
調香を手掛けたJuliette Karagueuzoglouは、
この後登場する、ラルチザンの新作ラエールや、ペンハリガンのサボイスチーム、
そして私の好きなYves Saint LaurentのTuxedo(タキシード)も調香されています。

COACH「コーチ マン オードトワレ」

9月13日発売
香調:アロマティック ウッディ
調香師:Anne Flipo and Bruno Jovanovic
60mL ¥8,500 / 100mL ¥11,100
好奇心旺盛なクールなニューヨーカーをイメージした、フレッシュでモダンな香り。
ベルガモットなどの爽やかなトップノートから、次第にカルダモンやベチパーを感じました。
クールなだけでなく、陽気さや情熱のようなものも込められている気がします。

ドルチェ&ガッバーナ「ザ・ワン オードトワレ」

10月1日数量限定発売
香調:オリエンタル フローラル
50mL ¥9,600 / 100mL ¥13,200
ディーバをイメージしたグラマラスなフレグランスコレクション「The One」から、
オードトワレが登場します。
フルーティーな中にマドンナリリーが甘く印象的。
ビジュアルイメージがちょっと変わっていて、
パスタを食べている日常の風景の中に、突如現れたミューズ…のような感じで、
ユニークながらちょっと不思議でした(笑)
ちなみにD&Gと言えば、私はライトブルーが大好き。
20代前半の頃よく纏っていましたね★

では次に、メゾンフレグランスを見ていきましょうか♪

ペンハリガン「サボイ スチーム オードパルファム」

9月13日発売
香調:アロマティック ローズ
調香師:Juliette Karagueuzoglou
100mL ¥22,000
ブランドの原点とも言える「ハマン ブーケ」の香りにオマージュを捧げた、
レディースフレグランスです。
女性用のサボイターキッシュバスのラグジュアリーな雰囲気に着想を得た、
モダンで軽やかなアロマティックローズの香り。
本国でも今年ローンチの新フレグランスです。
調香師は、先ほどお伝えしたJuliette Karagueuzoglou。
ベルガモットやレモン、ユーカリ、ローズマリーなどのハーバルなトップノートから、
ローズ、ゼラニウムなどのミドルノートへ移り、パウダリックに優しくまとまります。
まるで湯気のようで、何という心地良さ!と惹きつけられ、
個人的に発表会では2種だけつけてもらうことにしているフレグランスの1つとして選び、
右腕にスプレーしていただきました。
好感度の高い香りで、オードパルファムながらこの抜け感は男性にも好まれそうです。
私はあまり「モテ」という観点から香りを選ぶことは推奨していませんが、
(その香りをつけたからモテるというより、香りを楽しむ余裕がモテを呼ぶと思ってます)
この香りが苦手という男性は少ないように思いますよ。


ラルチザン パフューム
「ビュコリック ド プロヴァンス オードパルファム」


香調:フレッシュ(フレッシュ アロマティック レザー)
調香師:Fabrice Pellegrin
9月27日発売
100mL ¥22,000
先日の限定フレグランス「Histoire d'Orangers」が瞬く間に完売してしまったラルチザン。
魅力あふれるフランスの地域をテーマにした、
新コレクション「レ ベイザージュ」(=風景)が登場です。

「ビュコリック ド プロヴァンス オードパルファム」は、
本国で2016年に発売されたフレグランス。
当時、グラースコレクションの延長というような認識でおりましたが、
(ディフューザーやプロヴァンスボールと同様の)
「レ ベイザージュ」が正しいコレクションのようですね。

このフレグランスは昨年、私は縁あって入手しておりましたが、
日本では展開されないかなと思っていましたので、今回2W同発にはちょっと驚きました。
香りは、ラベンダー、アイリス、レザー。
私はアイリスを強めに感じますが、ラベンダーをシンプルなアロマティックに留めず、
レザーでミステリアスさや「影」をしっかり出している、
ちょっと変わったフレグランスに思います。

ラルチザン パフューム
「アン エール ド ブルターニュ オードパルファム」

香調:フレッシュ(フレッシュ アクアティック)
調香師:Juliette Karagueuzoglou
9月27日発売
100mL ¥22,000

ビュコリックと同時発売となるこちらは、
本国でも今年ローンチとなったフレグランスです。
フランス北西部、ブルターニュ地方の海岸風景の波しぶきからインスピレーション受け、
フレッシュでソルティーな香りとなっています。
ベルガモットやシトラスのトップノートからネロリへ移り変わり、
サイプレス、アンバーグリス、シダー、シーウィードなどのラストへ導きます。

ラルチザンで海と言うと、「コートダムール」が恋しい人も多いのではないでしょうか。
「コートダムール」はソルトフラワーに、
グリーンタンジェリンやピンクグレープフルーツなど、フルーティーな要素もあり、
薄曇りのフランスの海辺で休日を過ごしているような香りですが、
「アン エール~」は波しぶきという表現の通り、もっと「海」に感じました。

私としては、正直ビュコリックよりアンエールの方が好みですし、
日本でもアンエールの方が受け入れられやすいのではと思いますが、
海外ではビュコリックを好きと言う方も多いようで、
レザ―ノートへの慣れや嗜好も影響しているかもしれませんね。

「アン エール~」のビジュアルは、波を表現していますが、
フランスでは昔、ブックカバーなどに波模様がよく使われていたそうで、
この柄をフランスの方がご覧になると、懐かしい、なじみのある印象を持たれるそう。


クリード
「レ ロワイヤル エクスクリュジブ ホワイトフラワーズ オードパルファム」


香調:フローラルグリーン

「レ ロワイヤル エクスクリュジブ ジャルダン アマルフィ オードパルファム」


香調:フローラル ローズムスク
調香師: Olivier Creed Sixth Generation
9月1日発売
各75mL 各¥50,000
イマジネーションを掻きたてる芸術の域を極めた香りのコレクション、
レ ロワイヤル エクスクリュジブ。
「ホワイトフラワーズ」は白い花が咲き乱れる夢の世界をイメージした香り。
ジャスミンや水仙などの花が美しく感じられてエレガント。
「ジャルダン アマルフィ」は、20世紀初頭の昼下がりのイタリア、
アマルフィの庭を彷彿とさせる生命力あふれる香り。
マンダリンやネロリ、ベルガモットなどの爽やかさ。
タイムレスな洗練されたエレガンスを感じることができます。


メゾン フランシス クルジャン
「バカラ ルージュ 540 センティッド ボディクリーム」


香調:アンバー ウッディ フローラル
調香師:Francis Kurkdjian
8月30日数量限定発売
250mL ¥11,000
バカラの生誕250周年を記念して誕生したフレグランス「バカラ ルージュ 540」から、
ボディクリームが新登場。
バカラを象徴するレッドクリスタルが放つ美しい輝きのように、
優美なジャスミンやサフランなどのエッセンスが溶け合う高貴な香り。
ボディクリームになると香りが少し柔らかく感じられます。
250mLと大容量ですので、たっぷりお使いいただけますよ。
数量限定ですので、気になる方はお早めに。


アニック グタール
「ローズ ポンポン パーレセント ボディパウダー」


80g ¥9,600

「ローズ ポンポン リフレッシング ボディジェル」


香調:ローズィ フローラル
調香師:Camille Goutal and Philippine Courtiere
9月6日数量限定発売
175mL ¥12,600
昨年発売され大人気のフレグランス「ローズ ポンポン」から、ボディケアアイテムが登場。
きらめくパール入りのボディパウダーと、
ボディをなめらかに潤わせてくれるクリームジェルです。
こちらも数量限定発売なので、お早めに!


ボンド・ナンバーナイン
「ノリータ オードパルファム & リップスティック」


香調:フレッシュ フローラル
10月1日発売
100mL ¥41,600
ニューヨークのダウンタウンエリアで注目を集めている"Nolita(ノリータ)"の香り。
昔懐かしい赤レンガの街並み、個性的なデザイナーのブティック、絵になるウィンドウ、
沿道のカフェから匂い立つエスプレッソ、アイリーンズ・チーズケーキ…。
フリージアやタンジェリン、ジャスミンサンバックや百合から、
ウッディで温かみのあるノートへ移り変わります。
ノスタルジックでロマンティック、おしゃれな街ノリータを歩く自分を、
セットになっている口紅と一緒に香りを纏って感じてみて。


いかがでしたか?
気になる香りは見つかりましたか?
私は基本はメゾンフレグランス寄りの嗜好なのですが、
このところファッションフレグランスもいいと思えるものが多くて、
あぁ、やっぱりフレグランスって楽しいなー!と感じております。

秋の始まり、新しい自分、新しい服などにあわせて、
ぜひお気に入りの香りを見つけに、ショップへお出かけくださいね♪

ブルーベル・ジャパン公式サイト「カフェ デ パルファム」
http://cafedesparfums.jp/

ブルーベル・ジャパン株式会社 香水・化粧品事業本部
tel.03-5413-1070

================================================

■公式Instagram毎日更新中です
Thank you 4,764 followers,Today!


https://www.instagram.com/fabgearyukirin3/

■YUKIRIN公式サイト「Fab Gear」


各種お仕事のご依頼などは公式サイトへ。

http://www.fab-gear-yukirin.com


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(2件)

  • 秋新作フレグランス情報ありがとうございます!トップのグッチ、ペンハリガンのサボイスチーム、ラルチザンのアンエール、お高いけどクリードあたりは試香してみたいと思います。続々発売され鼻がいくつあっても足りません(苦笑)

    0/500

    • 更新する

    2017/7/31 23:01

    0/500

    • 返信する

  • 昔、グッチのオ-ドパルファムが好きでした
    それ以来あまりチェックしてなかったけど
    白いお花の使われてる香りなら
    ぜひクンクンしてみたいし
    ペンハリガンのサボイスチームも
    気になります。
    そしてラルチザンの新しい香りも
    この秋も気になる香り一杯ですね

    0/500

    • 更新する

    2017/7/30 17:27

    0/500

    • 返信する

フレグランス カテゴリの最新ブログ

フレグランスのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:6/9~6/16)

プレゼントをもっとみる