523views

冬のマスクメイクは乾燥ゾーンと蒸れ&擦れゾーンで分けるべし!冬ツヤ肌のメリハリの作り方、教えます。

冬のマスクメイクは乾燥ゾーンと蒸れ&擦れゾーンで分けるべし!冬ツヤ肌のメリハリの作り方、教えます。

皆さん、こんにちは。アピコスメ公式インフルエンサー吉田亜理沙です。

私が住む東京は、20℃を下回る日も増え、日中でも上着が必要になってきました。
乾燥も徐々に感じはじめています。
冬の乾燥と、マスクの蒸れや擦れ。マスクライフは、もしかしたら夏より冬のほうが肌にとって過酷なのかもしれません。
今日はマスクでも崩れにくい冬のツヤ肌の作り方を、BEE MAKEシリーズのベースメイクアイテムを使って説明します。



手前左から)
BEE MAKE プレメイク(ベージュ) SPF30 PA+++ 30g 3,800円+税
BEE MAKE リキッドファンデ(ベージュ) SPF 30 PA+++ 20g 4,000円+税
 

左から)
ローヤルエクセレントオイル 25ml 6,000円+税
薬用RJ UVプラス SPF50+ PA++++ 35ml 3,800円+税
BEE MAKE パウダー(パールホワイト)15g 4,000円+税


「BEE MAKE(ビーメイク)」シリーズは、ローヤルゼリーエキスやミツバチ由来の美容成分が配合された保湿力の高いベースメイクシリーズ。これからの乾燥シーズンにピッタリですね♪
肌のくすみを光でコントロールし、素肌が綺麗な人かのようにナチュラルにカバーしながら、ツヤ肌に仕上げることができます。
テクニックレスで普通に使っても綺麗に仕上がるのですが、マスクをすることを視野に入れながら、更に美しく、モチもよく仕上げるため重要なのは、乾燥対策をしたい上顔と蒸れや擦れ対策をしたい下顔、それぞれで対策をすること。

マスク崩れしにくいツヤ肌ベースメイクのステップは、秋に書いたこちらの記事が基本になりますので、まずはご一読を。
【HOW TO】マスク崩れも防止!「BEE MAKE」シリーズでつくるマットリップにピッタリな秋ツヤ肌のつくり方

ベースは無色の日焼け止めを全顔に塗りトーンアップし、色付きでカバー力のある「プレメイク」をファンデーションのように薄く薄く顔全体に伸ばします。
秋のツヤ肌は夏のヘルシーさを残したかったので、プレメイクとファンデーションの色は【オークル】を使ったのですが、今回は冬の透明感を出したいので、オークルより少し明るめの【ベージュ】を使いました。
どちらも肌に馴染みやすい色なので、標準色か少し明るめを選ぶ私の肌には使いやすいです。


画像下が、下地の「プレメイク」。
色がついているタイプでナチュラルなカバー力もあり、これだけでも充分肌を綺麗に見せてくれます。肌色をナチュラルに補正してくれるので、マスクメイクには重宝している絶妙テクスチャー♪

画像上が、「リキッドファンデ」。
プレメイクでほぼ整うので、マスクメイクでは部分使いすることが多いです。
部分使いの方法は、主に2パターン。
①オイルを混ぜて潤いとツヤ感アップ
②コンシーラー的にスポットのカバー力要因




マスクメイクの時に重要なのが①のオイルを混ぜたファンデーションをどこに乗せるか。
上顔のマスクがかからない目の下と、頬の高い位置のCゾーンに塗布するのが冬のマスクメイク的には正解。クマ隠しにもなりますし、マスクをしても露出される箇所なので、顔のメリハリも出せます。皮脂腺汗腺がない皮膚が薄い目元の保湿とツヤ、両方が叶うという点でも◎

②の「コンシーラー的な使い方」は、素肌の状態が前提となってくるので、個人差が大きく別れます。
マスク崩れ対策メイクは、薄く薄くが鉄則!
肌状態をキープする“スキンケア力”が問われますが、常に安定した肌を保つことは正直難しいですよね。
私事ですが、先日43歳の誕生日を迎え、ケーキやチョコをたくさん食べたら見事にニキビが大量発生!そういう時のマスクメイクは本当に憂鬱です。
だけど、嬉しかった出来事を後悔したくないから“できてしまったものをなかったことにするコツを知っている”ということも大切です。
時に美容とは、自分のメンタルを保つひとつの手段ですよね。


そんな時のメイクのコツは、闇雲に厚塗りせずピンポイントでカバーしましょう。コツを知っていれば隠せます!HOWTO記事を書いているのでご一読を。
【実践レポート】テクニック不要!「BEE MAKE」で大人肌に魔法をかける「シミ消し」
この記事の「最後のパウダーをふんわり乗せる」という箇所だけマスクメイクの時は、乗せた後しっかりフィックスするのがベターです。


マスクで覆う部分は薄く薄く。そして1工程ごとにしっかりフィックスするという秋ツヤ肌の方法と、冬ツヤ肌のメリハリテクニックを使って仕上げると、マスクしているにも関わらず3D感のある顔に仕上がります。
それにプラスαで、マスクをしていても摩擦が少ない唇の山と下唇の下に、お手持ちのハイライトを乗せる小ワザは、顔の中心部分にメリハリがでるのでおすすめです。

上顔と下顔でメイクの主旨を変えることで、顔にメリハリをつけながら乾燥対策とメイクもち、両方を叶えましょう。マスクライフでもメイクは楽しめます♪是非実践してみてくだいね。


▼商品の購入はコチラ
 BEE MAKE プレメイク(ベージュ)
 BEE MAKE リキッドファンデ(ベージュ)

 BEE MAKE パウダー(パールホワイト)
 ローヤルエクセレントオイル
 薬用RJ UVプラス

 
∴‥∵:‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
★アピセラピーコスメティクスをフォローしよう!
ブランドトップページにある「フォロー」ボタンからお気に入り登録をしていただくと、
あなたのタイムラインフィードにお気に入りブランドの情報が優先的に表示されるようになります。
また、フォロワーの皆さまだけに届くダイレクトメールで、特別なイベントへのご招待や
お得なキャンペーン情報などを受け取ることができます。
≫フォローはこちらから!
∴‥∵:‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

美容のお悩み カテゴリの最新ブログ

美容のお悩みのブログをもっとみる

アピセラピーコスメティクス のブログ

アピセラピーコスメティクス のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ