2263views

ありがちな間違い。

ありがちな間違い。

唐突に髪型を変えました。
というか変えざるを得なくなって。

私は外国にいます。で、日本人の髪を切ったことのない美容師さんがたくさん。
日本人の美容師さんがいることはいますけど、
皆さん忙しそうで予約とるのだけで精いっぱい。
で、行ったからといって日本人のその美容師さんが優しいわけでもなく、
沢山の人を切っているので疲れ果てている人が多いです。

今いる国は一応、美容師憧れの国として常に名前が挙がってくる国ではあるが、
正直、技術的には日本の美容師の方が上だと思います。
私、昔オアシスというロックバンドの髪の毛を専属で切っているという
美容師に髪を切ってもらったことがありますが、
正直あんまりうまいとは思わなかった。
出来が気にいらなくって、「好きにしてくれ」と言ったら
ものすごいアシメトリー(ノンスタイルの気障な方よりもっとすごかった。)
にされたことがあります。

仕方ないので自力でいろいろリサーチかけて美容院へ行きます。
最近は近所で助手も雇わず一人でやっているおっちゃんのところへ行っています。
このおじさん、丸坊主でさ、かなりガタイがよくって
美容師なのが信じられない感じだが、切らせてみると繊細で、
理論的で信用できる感じだ。

で、このおじさんのところへ先週末予約を入れたが、
「夏休み取るから無理。」と言われて紹介されたおばさんのところへ行ってきた。

で、髪を切ってもらったんだけど、正直あんまりうまくないのね、、、、
「伸びてるところを切ってください。後は任せます」
って言った私が悪いんだけど。

でもなんというかな、恐ろしいことにそのおばさん私という全体像を
つかむのは今までの美容師の中でも一番早かったと思う。

へたくそなんだけど、一番いい雰囲気で美人に見える髪に切ってくれた。

私はどこへ行ってもショートカットを
ファッションはモード系をおすすめされることが多いです。
性格も女っぽくはない方だとは思う。
で、このアドバイスは間違っていないと思います。
やっぱり私に似合う一番の路線はそれだと思うのです。

でマニッシュ系でモード系をやっていましたが、
年ごろになったころ、母親に「あんたのそれ、わざとらしい。もっと女の子っぽくしないと
モテないわよ」と言われたのがきっかけで、
割に女の子ぽい恰好をするようになりました。

それでも髪型はショートにしてましたけど、ゆるふわっぽいショートで
女の子風ではありました。
男性を意識してたんだと思います。

で、結婚してから美容院に行くひまがないくらい
旦那が病気して面倒臭いことになった。
で、看病しているうちに髪が肩につくまでになった。
そしたら旦那が大喜びして
「髪の毛、短くしないよね。ずっとそのままにしようよ、ね」とか
言われましたっけね。

で、ずっと前髪センターわけのボブにしてたんだけど、
おばさん美容師、あっという間に私の髪を
モード系のショートボブにしゃがった。
まあ、いいんだけど、一番私に似合う髪型ってそれなわけだから
彼女は間違っていない。

ただなんとなく思ったのが、
人間、なんというかな、
ベストの選択を避けるってことをしがちだと思いました。
私もね、別に母の言うことを
旦那の言うことを真面目にとらなくても
自分にとってのベストをやっていればいいのだけど、
なんというか、
そこへたどり着くまでには結構時間がかかったり
気がつかなかったりするわけ。

友人でものすごいスタイルがよくて
足がきれいな子がいましたがいつもパンツルックでした。
見せりゃいいのになと思いましたが
そんなことを言ったら、
「ミニスカートをはいたときに彼氏に
他の男に媚すぎでいやらしいと言われたので。」
と言っていましたっけね。

なんだかな、と思います。
が、人間往々にしてこういう間違いを意外としてたりするんですよね。

この間、カラー診断についてでも書きましたが、
自分に合いそうなファッションを避ける人って結構いるんですよね。

なんでなんでしょうか?たぶん日本人は
「似合っている自分が恥ずかしい」と思っているのだろうか、
と時々思います。

ほめ言葉を待っているようで、あれなんでしょうか?
なんだかよくわかりませんね。

今いる国の女性たちのファッションは
「私を見て」という主張がものすごい強いんですね。
これ、老若男女問わずあります。
無邪気だと思いますね。
それに比べると日本の人はちょっと屈折してるのかしらね。

不思議です。


ただ、これは老婆心からのアドバイス、
人生うまくいっていないとか、
停滞していると思ったら、
「なぜベストを避けているか?」を自問自答してみてください。
案外つまらないところでつまづいていることが多いから、
気がついたらすぐ好転すると思います。




このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(2件)

  • Blingさま、やればできるのにどうしてやらないんだ!!とハタから見ればそう思うのに、本人は頑張りすぎている自分が恥ずかしかったりする、そういう感覚を理解していただけてうれしいです。コメントありがとうございました。

    0/500

    • 更新する

    2012/7/25 06:27

    0/500

    • 返信する

  • なんだかわかります。私も、似合うのはわかっていても、なんだか気恥ずかしい。。っていうことあります。がんばっちゃってるような感じがしちゃうんですよね。
    アメリカで生活してた時、ブライズメイドで「自分のキメ」ファッションとメイクをした時まわりから、おーやればできるじゃん、と絶賛されたのを思い出しました。

    0/500

    • 更新する

    2012/7/25 05:44

    0/500

    • 返信する

ヘアケア カテゴリの最新ブログ

ヘアケアのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:5/24~5/31)

プレゼントをもっとみる