818views

大人の肌は要注意!インナードライが進行中

大人の肌は要注意!インナードライが進行中


こんにちは!インナーシグナル@cosme担当です。

気温や湿度が上がり、ベタつきが気になる季節。
しかし、大人の肌は、表面はベタついても、肌内部*は水分が枯渇した、隠れ乾燥=インナードライ肌が多いのです。
今回は、セルフ診断からスキンケアのポイントまでご紹介しましょう!

あなたはインナードライ肌?セルフチェックで診断!
まずは、自分がインナードライ肌かどうか、チェックしてみましょう。


□ Tゾーンはテカるのに、目もと・口もとはカサつく
□ 肌がゴワついて、ファンデーションがキレイにのらない
□ ベタつきがイヤで、初夏~夏は保湿を控えめにしている
□ キメが乱れて、毛穴が目立つ
□ 洗顔後、すぐにつっぱる感じがある

1つでも当てはまったら、インナードライ肌が進行している可能性があります。

インナードライ肌になる原因は何?
肌が極度に乾燥してしまうと、肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されて、表面はベタベタ、内部は水分不足でカラカラ状態に。
その原因には、以下のようなものがあります。


・間違ったスキンケア方法
ベタつくからと、洗浄力の強い洗顔料やあぶら取り紙を使い過ぎると、必要な皮脂まで落ちて肌は乾燥状態に。また、保湿ケアを手抜きしてしまうと、バリア機能が弱まり、水分が蒸発しやすくなります。

・紫外線やエアコンによる外的要因
紫外線は肌のうるおいを守っているバリア機能にダメージを与えて、乾燥を引き起こす原因に。また、エアコンで室内の湿度が低下すると、肌の水分が奪われてしまいます。

保湿力の高い化粧水をたっぷり補給
インナードライ肌のケアは、皮脂を取り除くことより、しっかり保湿することが大切です。
リジュブネイトローションは、薬用有効成分エナジーシグナルAMP**と、大きさも働きも違う9種類の保湿成分を配合。肌内部*までうるおいをたっぷり与えることで、みずみずしい肌を保ちます。
その後、クリームなどで水分が逃げないように、しっかりフタをしましょう。




この夏は、肌のすみずみまでうるおいに満ちた、インナードライ知らずの肌で過ごしましょう!

*角層まで
**アデノシン一リン酸ニナトリウム OT/メラニンの蓄積をおさえ、しみ・そばかすを防ぐ。

=========================
@cosmeでインナーシグナルをフォローしていただくと、製品情報やプレゼントキャンペーンのお知らせをいち早くお届けいたします。ぜひこの機会にフォローしてくださいね♪
>>@cosmeの「インナーシグナル」をフォローする
=========================







このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

化粧水 カテゴリの最新ブログ

化粧水のブログをもっとみる