長井かおりさんによるメイクアップショーも! @cosme BEAUTY AWARDS 2019 タッチ&トライ【イベントレポート】

アットコスメ > ベストコスメアワード(ベスコス) > 長井かおりさんによるメイクアップショーも! @cosme BEAUTY AWARDS 2019 タッチ&トライ【イベントレポート】
長井かおりさんによるメイクアップショーも! @cosme BEAUTY AWARDS 2019 タッチ&トライ【イベントレポート】
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

2019年12月3日(火)に発表された「@cosmeベストコスメアワード2019」。同日、受賞アイテムを手にとって試したり、メイクアップアーティスト・長井かおりさんのメイクテクニックを学んだりできる一夜限りのスペシャルイベント「@cosme BEAUTY AWARDS 2019 タッチ&トライ」が開催されました。

ベストコスメに輝いたアイテムが一堂に会するイベントを開催!

@cosmeメンバーから投稿されたクチコミ情報をもとに、今、みなさんが支持している商品を表彰する「@cosmeベストコスメアワード2019」が、12月3日(火)に発表されました。

@cosmeベストコスメアワード2019とは

2018年11月1日〜2019年10月31日までの期間を対象に、商品数43,786、クチコミ件数724,765の中から選び抜かれた名品がそろいました。

発表当日に開催されたイベント「@cosme BEAUTY AWARDS 2019 タッチ&トライ」には、抽選で選ばれた@cosmeメンバーさん約100名をご招待! 今回は、受賞アイテムを実際に見て・試して・堪能できる、一夜限りのスペシャルイベントをレポートします。

会場となったのは1年を締めくくるにふさわしいラグジュアリーな空間を演出する、アンダーズ東京。東京タワーを望める51階に、「@cosmeベストコスメアワード2019」を受賞したアイテムがズラリとディスプレイされ、タッチアップブースもご用意。あちこちにフォトブースが設けられました。

長井かおりさんはどう使う? 受賞コスメを使ったメイクアップショー

スペシャルステージには、雑誌書籍など様々な場で活躍中のヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが登場! そんな長井さんのテクニックが間近に見られるとあって、@cosmeメンバーさんの期待は高まるばかりです。

ポイント1. 透明感とツヤのあるベースメイク

使用したアイテムはこちら

ランコム

容量・本体価格 30ml・6,000円
発売日 2018/7/6追加発売

クッションファンデなどさまざまなファンデーションが人気を集めるなかで、「やっぱりこれは名品」と長井さんが絶賛するのが「ランコム」の『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』。つけ方のポイントは、おでこと両頬の3点にくるくると“ナルト置き”してから伸ばすこと。

「5点置きをすると、ついこすりすぎてしまって仕上がりがマットになってしまいます。3点において”面“を意識しながら素早く塗れば肌にツヤが生まれてキレイ。厚塗りになりやすい人はスポンジで伸ばすのもおすすめです」(長井さん)

使用したアイテムはこちら

イプサ

容量・本体価格 7.2g・5,800円
発売日 2017/1/13

計算し尽された色と質感が人気の『デザイニング フェイスカラーパレット』はお粉、チークシェーディングまで仕上げられるマルチなパレット。崩れやすいTゾーンやまぶたにはベージュ系の色を使ってセミマットに仕上げ、赤みのある色はチークに使用。

チークはブラシにとったら、置くようにのせるのがポイント。ささっと払ってしまうとファンデと混ざって濁った印象になってしまいます」(長井さん)

あっという間に透明感とツヤのあるベースメイクが完成です。

ポイント2. 彫りを入れて自然な立体感のある目もとに

使用したアイテムはこちら

エクセル

本体価格 1,500円
発売日 2017/8/29追加発売

しっとりとしたリッチな粉質の『スキニーリッチシャドウ』。肌なじみの良い4色のカラーパレットで、グラデーションもお手の物。まず一番淡い色を涙袋に。優しいブラウンで“彫り”を作って立体感を演出します。

「指を使って塗ると、チップで塗ったような”軌道“が残らず、きれいにつけられます。彫りはまぶたをさわって陥没しているところに入れていきます。大胆に入れても意外と大丈夫ですよ」(長井さん)

今年は「パレットにある色は全部使うぐらいの意気込みで盛って良い」と長井さん。オレンジなどの明るいカラーを使うことに抵抗がある人も、ぜひ挑戦してみましょう。オレンジはブラウンメイクに重ね付けをすると、ブラウンの彫りはそのままに、色のニュアンスをのせることができます。このときもチークと同様、置くようにつけるのがポイント。

濃いブラウンを使って目の際を引き締めたら、アイメイクが完成しました。

ポイント3. 自分の眉を生かした自然なアイブロウ

使用したアイテムはこちら

セザンヌ

容量・本体価格 0.02g・500円
発売日 2019/3/22追加発売

きれいに描いた眉ではなく、自眉っぽく仕上げるのが今年のトレンド。1本1本、まゆげを描き足せる「セザンヌ」の『超細芯アイブロウ』は長井さんも愛用しているアイテム。

まゆげの隙間を埋めるように整えたら、仕上げはさきほど使ったアイシャドウ。ブラウンにオレンジを少し足して眉にオンすれば、自然に仕上がり、色のニュアンスがアイメイクと連動してバランスの良い仕上がりに。

ポイント4. チップのアプリケーターでリップを上手にのせるコツは?

使用したアイテムはこちら

ロレアル パリ

本体価格 1,800円
発売日 2019/9/13追加発売

『ルージュシグネチャー』を、きれいに仕上げるコツは、少量を何回かに分けてつけること。

「アプリケーターの容器の口でしっかりしごきましょう。ティッシュオフするのも良いですね。つけたら唇をあわせてなじませて…これを何回か繰り返して、輪郭を綿棒で整えます」(長井さん)

今年は「深みリップ」もトレンドキーワードのひとつ。唇に濃い色をキレイにのせるテクニック、マスターしたいですね。

ポイント5. ハイライトは「C」ではなく「逆Cゾーン」に

使用したアイテムはこちら

セザンヌ

容量・本体価格 2.4g・600円
発売日 2019/7/16追加発売

いよいよお待ちかね、栄えある総合大賞に輝いた『パールグロウハイライト』の登場です。

「ここまでハイライトが完全復活するとは思わなかった」と話す長井さんに、@cosmeメンバーさんから寄せられたのは「持っているけど、どう使って良いかわからない」というお悩みの声。

「以前はパーティーなどのハレの日に使うものという印象でしたが、今はデイリーに使えるハイライトが主流です」(長井さん)

ブラシを使ってTゾーンに入れていたのも昔の話。顔が動いたときに自然と発光するような入れ方が長井さん流です。指の腹にハイライトをとり、目頭のくぼみや上唇の山に押すようなタッチで入れていきます。

さらに興味深いのが、目尻の骨に沿った「Cゾーン」ではなく、逆向きに小さなC(長井さんいわく「逆C」)を入れること。そうすることで、今っぽい光のまとい方になるそうですよ。すぐにでも試してみたくなりますね。

長井さん流テクで、プロのメイクさんがリタッチ!

長井さんのメイクアップショーのあとに行われたのは、プロのメイクアップアーティストさんたちが実際にメイクをリタッチしてくれるコーナー。長井さんのレッスンを受けて「早くメイクしたい!」とウズウズしていた@cosmeメンバーさんたちは、たちまち列を作って順番を待っていました。

「いつもはオレンジや赤みのあるブラウンを使うことが多いのですが、あえてカーキのアイメイクにしてもらいました。コスメは大好きですが、使い方の研究はやってこなかったかも。今日をきっかけにいろいろ工夫してみます」(M.M.さん)

「普段あまりメイクをしないので、発見が多かったです。ハイライトとリップはさっそく使ってみたいなと思いました。ハイライトで女性らしいふんわりした唇が演出できるなんて、メイクっておもしろいですね」(S.I.さん)

ハイライトはTゾーンに入れるものだと思っていたので、“逆C”は勉強になりました。動くとツヤが生まれて良い感じ。実際にリタッチしていただいて、思ったより簡単にできそうなので、やる気が出ました(笑)」(Yさん)

自分にとっての”美しさ“を考える試み「ZINE」や豪華なお土産も

また、タッチアップブースではメイクだけでなくベスコス各賞を受賞したフレグランスやハンドクリームなどもディスプレイ。フォトブースではお互いに写真を撮影しあったりと、メンバーさん同士がコミュニケーションをとる場面も。

「入れるのと入れないのとでは顔の印象がまったく違う。あらためてハイライトの実力を知りました。リップはいつも赤ですが、少しニュアンスの違う赤にも挑戦できて勉強になりました」(写真左Y.M.さん)

「ベスコスアイテムは、ほとんどすべて持っています。自分が選んだコスメが受賞するとうれしいですね。長井さんのレッスンを受けて、来年はベースメイクにこだわってみたいなと思いました」(写真右R.E.さん)

「今日は姉妹でイベントに参加しました。プロのメイクを見たことがなかったので、長井さんのレッスンを楽しみにして来ましたが、すごくチャーミングな方でわかりやすく、とても勉強になりました」(写真左E.O.さん、写真右R.O.さん)

会場で配布されたのは、アットコスメ初の試み「ZINE(ジン)」。「THINK BEAUTY」をテーマに、自分だけのオリジナルコスメレシピが作れるコスメティックシートや下半期のトレンドキーワードがわかるコスメにまつわるキュートなコンテンツが満載。あらためて“自分にとっての美しさとは”について考えるきっかけになればという思いで製作しました。

ZINEについて詳しくチェック!

お帰りの際には、現品を含む豪華なアイテムがたくさんつまったお土産をお持ち帰りいただきました。

アイテムを実際に使用した@cosmeメンバーさんのクチコミをもとに、本当に支持されている名品に与えられる「@cosmeベストコスメアワード2019」。みなさんのお気に入りのアイテムはランクインしていましたか?

大盛況のうちに幕を閉じた今回のイベント。長井さんやご参加くださった@cosmeメンバーさんたちが美容への思いを共有できる貴重な機会となりました。会場にいらっしゃれなかったみなさんも、ぜひ長井さんのアドバイスやアイテムのクチコミを参考に、ご自身にとっての「ベストコスメ」を見つけてみてくださいね。

取材・文/大森りえ
撮影/布施鮎美

(アットコスメ編集部)

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

@cosme特集!求めているのは解放感

2021年秋の新作メイクアップ コスメ・化粧品特集 一覧

気になるベストコスメLikeでおしえて!

1・9・17・24日更新♪プレゼント&モニター

@cosmeベストコスメアワード2021 上半期新作ベストコスメ

ベスコス2021上半期がまるっとわかる!特集まとめ&キャンペーン