ベスコス総合大賞受賞!「アディクション/ザ アイシャドウ」 クリエイティブディレクターAYAKOさんに聞いた、絶妙カラーの秘密

 > ベスコス総合大賞受賞!「アディクション/ザ アイシャドウ」 クリエイティブディレクターAYAKOさんに聞いた、絶妙カラーの秘密
ベスコス総合大賞受賞!「アディクション/ザ アイシャドウ」 クリエイティブディレクターAYAKOさんに聞いた、絶妙カラーの秘密
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

ベストコスメアワード2016総合大賞受賞★
「アディクション/ザ アイシャドウ」 絶妙カラーの誕生秘話とは?ADDICTIONクリエイティブディレクターAYAKOさんにお伺いしました。

ベストコスメアワード2016の大賞に輝いた「アディクション/ザ アイシャドウ」。
使いやすく、アディクションにしかない絶妙カラーが99色以上そろう、魅力的な単色アイシャドウです。

どのような想いでその色を作り上げたのか、そして2017年のアイカラートレンドとは?
今回は、特別にADDICTIONクリエイティブディレクターのAYAKOさんへお話しをお伺いしました!

あらためて、ベストコスメアワード2016大賞受賞おめでとうございます!受賞のお気持ちをお聞かせください

AYAKO(敬称略)『言葉にならないほど、こんなに嬉しい受賞はありません! 一メイクアップアーティストが、しかも日本を20年以上も離れNew Yorkという場で活動してきた私が、プロダクトを作るという違ったフィールドで、一体どこまで欲しいカラーが、質感ができるのかと試行錯誤を続けながらも2009年から妥協なく信念を持って一から始め、続けてきたことが、早くも総合大賞というかけがえのない素晴らしい賞に値したことを知った時には気が遠くなるほどの喜びでした。

プロダクトに一番近いところにいるメンバーの皆さんに私の思いが、表現が、全てが通じたという実感がひしひしと感じられ、心から「ありがとうございます!」とお伝えしたい気持ちでいっぱいです。

そして日々努力していることは、こうしてきちんと手に取る向こう側にいる人に伝わることなんだ、ということが実感としてわかりました。これからも妥協のない、かけがえのない一つ一つを作って行こうとまた元気を頂けました。これからも応援してください!』

ザ アイシャドウの99色をセレクトした際、アディクションならではの質感やカラーへのこだわりをお教えください

AYAKO『トレンディーなカラーはシーズン毎の限定のコレクションで提案することをまず念頭において、カウンターに常にあるカラーはトレンドに左右されない、エブリデーのカラーレンジにしたいと考えました。

ADDICTIONのカウンターに行けば、私の探しているとっておきのベージュやブラウンが必ず見つかる、そういうブランドにしたいと考えました。つまり、多くの女性は肌の色に近いベージュやブラウンでアイメイクアップをする人がほとんどだからです。そういうカラーを豊富に、カラーレンジ別に微妙なカラーと質感で表現していくうちにいつの間にか99色に膨らんでいきました。9レンジに11色です』

1 White/ Black
2 Pink Beige
3 Yellow Beige
4 Pink/Purple
5 Yellow/Green
6 Matte Brown
7 Pearl Brown
8 Rose/ Burgundy
9 Accent

AYAKO『質感は必ず何もパールの含まないピュアなマットを始めに、繊細なパールをするするっとさせたシルキーなタッチ、パールをきらめかせたパールベース、そしてつややかでメタリックな仕上がりのメタリックベースと大きく分けると4つの質感で表現すると同時に、パールにはツヤ感、濡れ感、透明感など多種な質感をカラーに合わせて多種にわたり開発をしました。そこが他に類を見ないカラーに仕上がっていると思います。

100カラーに満たない、その欠けた一色のカラーは自分の個性で完成させて欲しいという願いを込めました』

2017年春のアイカラーのトレンドについて、どのようにお考えでしょうか

AYAKO『シックなパステルトーンがトレンド。そしてフロスティーなつや、輝きの質感が主流になるでしょう。

ADDICTIONでは、Flower Evolutionというテーマで新しいアイシャドウの製法(フローラルモザイク)で持っているだけでもワクワクするようなとても楽しくて美しいアイシャドウのコレクションを展開いたします。

アイシャドウで描くダブルラインは60年代を彷彿しながらもモダンで軽やか、しかもドーリーなLazy Dollメイクアップを提案しています』

最後に、@cosmeメンバーのみなさんへ一言お願いいたします!

AYAKO『実は私も@cosmeを毎日のように楽しく愛用している一人でもあります。その仲間として、またみんなをワクワクさせるカラーやプロダクトをこれからも提供できるブランドのクリエイティブディレクターとして、これからも一緒に歩み続けていきたいと思います。応援してくださいね! Love , Ayako』

ADDICTIONクリエイティブディレクターAYAKO

ニューヨークをベースに活躍するメイクアップ・アーティスト。 海外のファッション誌や、広告キャンペーン、コレクションを舞台に、カール・ラガーフェルド、スティーヴン・マイゼル、テリー・リチャードソン等の著名な写真家と数々の仕事をこなす。ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、アン・ハサウェイなどといったハリウッドセレブやナオミ・キャンベルなどトップモデルにもファンが多く、音楽の世界でもアリシア・キーズ、ジェニファー・ロペスなどのアルバムジャケットやミュージックビデオを手がける。2009年クリエイティブディレクターに就任、ADDICTIONを立ち上げる。ワンストロークでも、ドラマな表情を生み出すカラー、テクスチャー。バッドガールにもグッドガールにもなれるモードな世界観を表現。あらゆることにEXCITEMENTを見いだす独自のアーティスト性が、そのクリエーションを際立たせている。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

マイベストコスメを教えて

春夏新作コスメ

みんなの思い出コスメをまるっと大解剖!

UVCUT

変わる私と、変わらない私。