美白は「透明感」が鍵! 2020年は肌色主義から質感主義へ

アットコスメ > 2020春夏美白スキンケア・UV > 美白は「透明感」が鍵! 2020年は肌色主義から質感主義へ
美白は「透明感」が鍵! 2020年は肌色主義から質感主義へ
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

2020年。いま「美白」の概念が大きく変わろうとしています。単に色白であることよりも、自分自身を輝かせる「透明感」を求める時代へ――。美容ジャーナリストとして活躍する加藤智一さんに、2020年春夏の美白のポイントと厳選アイテムを伺いました。

いまを象徴する「ヘルシー&スポーティ」な女性たち

美しさにも多様性が受け入れられるようになったいまの時代。「これまでの“色白信仰”が過去のものとなり、美白のイメージが変わってきた」と智一さんは語ります。

Instagram / @rolaofficial

Instagram / @rolaofficial

Instagram / @camila_cabello

Instagram / @camila_cabello

美白の定義が肌色よりも質感、さらにいうと透明感にシフトしています。その象徴となっているのが、フィットネスブームに端を発した“ヘルシー&スポーティな女性たち”。日本のタレントでいうと中村アンさんやローラさん。肌が白いというより、透明感やハリ・弾力うるおいに満ちあふれているようなイメージです。

欧米ではカミラ・カベロやデュア・リパなど、健康的な褐色系の肌をもつアーティストが世界的なビューティアイコンとして取り上げられていることも、とくに若年層の美白意識に影響を与えていると考えています」

いまや「美白=肌が白いこと」と単純に捉えることはできません。個々の“なりたい女性像”によって、美白への意識も、使うべきアイテムも異なってきているのです。

透明感の正体は「肌の光の反射」

体の内側からにじみ出るような透明感にフォーカスされてきたという、新時代の美白。どうしたらそんな肌づくりが叶うのでしょうか。

「簡単にいうと、透明感をつくるのは肌の光の反射です。ハリと弾力があり、やわらかい肌は光の反射がきれいなので、結果的に透明感があるように見えます。つまりハリ、弾力をアップして、くすみや色ムラを目立たなくすることができれば、透明感は“つくれる”ということです」

自分にない白さを目指すのではなく、自分のなかの透明感を引き出すこと。それは、“自分史上最高の肌”と出会う近道にもなるはずです。

2020年最新美白! ほしい美白レベルに狙いを定めて選びたい

驚くべき進化を遂げる美白ケアコスメは、アイテム数も種類も多数登場しています。そんないま、自分に合ったものの選び方を智一さんがレクチャーしてくれました。

「はじめに考えるべきは、あなたの求める美白レベル。3段階でご紹介していきましょう」

1. 美白やエイジングケアが気になるなら…

「1品で美白もエイジングケアもフォローしたいなら、まずは日焼け止めをスイッチしてみては?

最近の日焼け止めはエイジングケア効果が著しく、紫外線や環境ストレスをブロックしながら、美白成分も効かせるというアイテムが増えています」

1万円を超える日焼け止めもありますが、高価な日焼け止めは価格に見合った美肌成分が配合されているのだそう。

「高価格ではありますが「ディオール」の『プレステージ ホワイト ル プロテクター UV ミネラル』や「B.A」の『ライト セレクター』のような、ハイブランドの日焼け止めを試してみて。美白美容液を使ったような透明感が生まれますよ」

守りのUVカットと攻めの美白美容を同時に叶える、一石二鳥のアイテム。あまりたくさんの化粧品を使いたくない、というミニマル派にもおすすめです。

プレステージ ホワイト ル プロテクター UV ミネラル

ディオール

容量・本体価格 12g・12,500円(コンパクト) / 30ml・12,500円
発売日 2019/3/22
SPF50+・PA+++

ライト セレクター

B.A

容量・本体価格 45g・11,000円
発売日 2020/3/2
SPF50+・PA++++

2. きちんと美白をしたいし、通年美白も行いたいなら…

美白はマスト! 通年美白も行いたいという人は、「日焼け止めに加えて美白美容液をプラスしましょう。将来のしみ、くすみを抑える効果が期待できます。使い続けるうちに、くすみが晴れて、肌が明るくなることが実感できるでしょう。

選び方のポイントはテクスチャー。いつも使っている化粧品と、どう組み合わせるかによって変わってきます」

ふだんコクのあるエイジングケアラインを使っているなら、美白美容液はそれ以上に肌が重たくならないローション状のテクスチャーが挟み込みやすいそう。

「ぱしゃぱしゃとした軽いテクスチャーなら「コスメデコルテ」の『ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト』。ジェル状のテクスチャーなら「クラランス」『ブライトプラス ブライトニング セラム』や、「ミキモト コスメティックス」の『ホワイトニング トリートメント エッセンス』を選ぶのが正解です」

このほか、化粧水美白ブランドにスイッチするのも有効。

ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト

コスメデコルテ

容量・本体価格 40ml(付けかえ用)・14,500円 / 40ml・15,000円
発売日 2020/2/16

ブライトプラス ブライトニング セラム

クラランス

容量・本体価格 30ml・10,500円 / 50ml・14,000円
発売日 2020/3/6

ホワイトニング トリートメント エッセンス

ミキモト コスメティックス

容量・本体価格 30ml・12,000円
発売日 2019/4/1

「一方で肌の乾燥が気になる、コクのあるタイプがほしい、ということであれば、「アルビオン」の『アンフィネスホワイト ホワイトサージ ソリューション』や「エピステーム」の『ホワイトフォトレーザー』ような、テクスチャーが濃密なタイプを選ぶと心地よく使い続けられるでしょう」

自分のルーティーンに合わせて、組み込み方が選べるのがいまの美白。仕上がりの重さ・軽さも含めてチョイスすることで、スキンケア全体の完成度が変わってきます。

アンフィネスホワイト ホワイトサージ ソリューション

アルビオン

容量・本体価格 40ml・10,000円
発売日 2018/3/18

ホワイトフォトレーザー

エピステーム

容量・本体価格 27ml・8,000円 / 50ml・13,000円
発売日 2020/2/19

3. 本気でシミ・くすみ対策に取り組みたいなら…

「高レベルの美白を求める方には、美白の“内外美容”や“ライン使い”がおすすめです。「ホワイトショット」の『インナーロック リキッド IXS』や「コスメデコルテ」の『ホワイトロジスト オーバーナイト インナー プラス』で、内側からもケアすることで、全身美白に近づけることもできるでしょう。

ホワイトショットはドリンクを1本飲用しただけで日焼け止め効果をサポート。コスメデコルテは飲んで10日間で肌の明るさがわかる……と、“なんとなく”のイメージではない、肌への実証効果を保証しています」

美白はとくに「トータル美容」の側面が強い」と語る智一さん。内側から体を整えることで、透明感は着実に育まれていきます。

インナーロック リキッド IXS

ホワイトショット

容量・本体価格 30mlx10本・5,800円
発売日 2020/4/1

ホワイトロジスト オーバーナイト インナー プラス

コスメデコルテ

容量・本体価格 12.6g(1粒重量315mgx40粒)・2,800円 / 37.8g(1粒重量315mgx120粒)・7,500円
発売日 2020/2/16

美容ジャーナリストの加藤智一さんに聞く、2020年の最新美白。後編は「メイクで魅せる美白」がテーマです。自分のなかの透明感を引き出すコスメや、メイクのポイントについてご紹介していきます。

美容ジャーナリスト・加藤智一さん

美容ジャーナリスト。「25ans」(ハースト婦人画報社)ほか、多くの女性誌の美容担当を経て独立。現在は、女性誌・男性誌のほか、さまざまな媒体で執筆。著書に、「思わず触りたくなる美肌をつくる身だしなみメイク」(講談社)、「最速! 清潔感」(大和書房)など。

取材・文/田邉愛理
撮影/吉本光宏

(アットコスメ編集部)

?後編もチェック

進化が止まらない化粧下地。透明感を仕込める2020年春の最新情報

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

2024年春の新作コスメ特集

メイク講師に聞くベースメイクの基本

みんなの推しコスメは?クチコミまとめ