<コスメの基本>ベーシックスキンケアを大切に!洗顔編その2

アットコスメ > <コスメの基本>ベーシックスキンケアを大切に!洗顔編その2
<コスメの基本>ベーシックスキンケアを大切に!洗顔編その2
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

毎日の洗顔はスキンケアの第一ステップ。もう洗顔の仕方なんて知ってるよ、頭ではわかっているつもりでも、自分独自の洗い方になっていませんか?もしかして必要以上の水分を取り去っているかも!正しい洗顔方法を身につけましょう。

洗顔編その1ではタイプ別の洗顔料の違いについて紹介しています。

まずは手を洗おう!

顔に触れる手は清潔でなければいけません。洗顔料で手を洗うなんてもってのほか!
洗顔料の清浄成分は手のために作られてはいません。肌のために清浄成分が配合されています。

たっぷりの水で顔を濡らそう

肌の水分をこれ以上奪い取られないために、泡が肌の表面をスムーズに動けるよう、顔はよく濡らしておきましょう。

洗顔料はよく泡立てて

洗顔料は指3本を立てて片方の手のひらを小鉢のように丸めて水を足して、コシと粘りのある泡をイメージして泡立てましょう。メーカーが推奨する量を守って。


顔全体を泡で覆い、一番洗浄力を発揮できるには「適正な」量があるので、それはきちんと守りましょう。泡立てネットを使ってもOKです。

顔全体を泡でたっぷりと包みましょう

皮脂の分泌量が多いゾーンに先に泡をのせてくるくると顔全体に泡を広げて肌表面にのばします。ゴシゴシこすらないように使う手の「癖」にも意識を向けましょう。


デコルテや耳たぶ、耳の後ろなど、汗をかいた部分にも泡をのばして。長い時間をかけると肌に負担がかかることも忘れないでくださいね。

皮脂が多く出る部分をゴシゴシ洗う、角栓を見つけて指で引っかくなども厳禁。毛穴汚れや角栓のお掃除にはゴマージュや、洗顔パウダーを使って別の時間で取り組んで。

顔のすすぎは優しく、適温は32度前後

ゆるま湯(32度前後)ですすぎましょう。もしかしてシャワーヘッドからお湯を直接顔にかけていませんか?肌の毛細血管に多くの刺激を与えてしまい肌荒れしている時などはさらに肌を傷めてしまいます。両手にお湯をためてからすすいでください。

おでこや生え際など顔の輪郭は泡が残りやすい部分なのですすぎ残しがないようにしっかりすすぎましょう。

タオルはスタンプのようにポンポンと

タオルでの摩擦も刺激を起こしますので、清潔なタオルを使って顔全体にポンポンとスタンプするように、肌に残っている水をタオルに「吸水」させているイメージで行いましょう。

洗顔後から瞬時に水分蒸発は始まる

タオルで水分を吸い取った瞬間から、肌の水分は蒸発が始まっています。化粧水をつけるまでに時間はせめて3分以内にとどめて。

化粧水への繋ぎとして「ミスト化粧水」をお風呂の外にスタンバイしておくのも◎。

美肌の道は小さな基本の積み重ねですので一緒にがんばりましょうね。
自分に合った洗顔料はランキングでチェック!

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

気になるコスメにLikeしよう!

ベスコス2024上半期をまとめてチェック!

みんなのクチコミから選ばれたベストコスメ

注目の夏新作コスメ特集

みんなの推しコスメは?クチコミまとめ