メイクに合わせた丁寧なクレンジングを!メイクによる「くすみリスク」を防ぐには

アットコスメ > メイクに合わせた丁寧なクレンジングを!メイクによる「くすみリスク」を防ぐには
メイクに合わせた丁寧なクレンジングを!メイクによる「くすみリスク」を防ぐには
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

資生堂のスキンケアブランド「専科」が実施した「新生活とメイク」に関する調査の結果、6割がメイクを変えても“メイク落としアイテム”は変えずに同じものを使うことがわかった。

新生活を機にメイクを変えてもメイク落としは…?

資生堂のスキンケア総合ブランド「専科」は、20〜30代の働く女性を対象に「新生活とメイク」に関する調査を実施。調査では「メイクを変えたいと思った方」が48.1%と半数近くに上ることがわかった一方で、メイク落としに関しては、メイクの仕方を変えても「メイク落としは変えずに同じものを使う」と63.8%の方が回答。

また、メイクを変えても「メイク落としにかける時間は変わらない」と答えた女性が5割、さらに「時間が短くなった」と答えた方も2割以上。新生活によってメイクに対する意識は高まっても、「メイク落としの方法」に対する意識は変わらない様子が伺える。

このほかにも、メイク落としにかける時間は「30秒未満」が3割、メイク落としの方法は「なんとなく自己流」と答えた方が最も多い結果となることがわかった。

実は、30秒未満の簡単なメイク落としでは、小鼻や目の下など顔の凹凸部分にメイクが残っていることが確認された実験結果がある。

メイクが肌に残っていると皮脂やメイクの油脂が酸化し、肌への刺激となって肌に炎症が起こる可能性があり、肌の炎症は角層機能の低下や乾燥を招いて「くすみリスク」となる。この実験結果からも、30秒未満の簡単なメイク落としは、顔の凹凸部分に「メイクぐすみ」を生じさせる可能性が考えられるという。

理想的なクレンジングは、クレンジング剤を手のひらで温め、くるくる円を描きながらなじませ、その後ぬるま湯で20回程度すすぐ方法だ。クレンジング剤をなじませる際はまつげや目回りは力の入りにくい薬指で行うのがポイント。

メイク落としにはこすらなくても短時間でメイク汚れを落とすことができる高い洗浄力が魅力のオイルクレンジングがオススメだという。

「働く20〜30代女性の「新生活とメイク」に関する調査」
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年2月22日(木)〜2月25日(日)
調査対象:20〜39歳女性 4,250名/20〜39歳女性の2017春に生活環境の変化でメイクを変えた方 516名 *いずれもランダム抽出
対象地域:全国

肌への負担を軽減!オイルクレンジング3選

マイルドクレンジングオイル

ファンケル

クチコミ評価 5.5
ランキング 1位 (オイルクレンジング)
容量・本体価格 10包・500円 / 60ml・980円 / 120ml・1,700円
発売日 2017/11/17

クレンジングだけでなく角栓をキレイに落とす毛穴ケア機能もついた「ファンケル」の『マイルドクレンジングオイル』は、うるおいをしっかり残してくれるので、乾燥による小じわも目立たなくしてくれる。

オールクリアオイル

専科

クチコミ評価 5.5
ランキング 7位 (オイルクレンジング)
容量・本体価格 180ml / 230ml (オープン価格)
発売日 2018/03/07

黒ずみ・老廃物クリア処方で、メイク汚れだけでなく、知らないうちに蓄積された“くすみリスク”を一掃・浄化。米ぬかオイル(洗浄成分)配合のオイルが、ウォータープルーフマスカラもするんとオフ。

うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー

ビフェスタ

クチコミ評価 5.3
ランキング 1位 (ポイントメイクリムーバー)
容量・本体価格 145ml・850円
発売日 2011/08/29 (2017/08/28追加発売)

アイメイクをしっかりした日は「ビフェスタ」の『うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー』。ウォータープルーフマスカラもこすらず落とすことができる上に、吸着性ヒアルロン酸とビタミンB・E誘導体がまつ毛や目もとにうるおいを与えてくれる。

新生活を機に気分一新してメイクを変えると同時に、自分にあったメイク落としも見つけてみては。

[文・構成/@cosme編集部]

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

買ったコスメ実際どうだった?投稿キャンペーン

注目の夏新作コスメ特集

メイク講師に聞くベースメイクの基本

みんなの推しコスメは?クチコミまとめ