お知らせ

2162views

The Best. Mom. Ever & CHANEL’s New Perfumes

The Best. Mom. Ever & CHANEL’s New Perfumes



Chanel’s New Perfumes Are Inspired by Travel


This spring, Chanel Beauty will release three fresh and marine fragrances, Les Eaux De Chanel collection, inspired by three cities. All of them are glamorous destinations that Gabrielle Chanel would frequent, and which played a major role in her designs.

The first fragrance, Paris-Deauville

, is one that perfumer Olivier Polge created to smell like escaping city life. It’s meant to recall the aspirational feeling of retreating to the countryside or the coast of France. To reference the city where Chanel opened her first boutique in 1913, and the tall grass of the countryside,
Polge infused the woody fragrance with notes of basil leaf, rose, jasmine, and citrus.


The second, Paris-Biarritz

, pays homage to the seaside town that was home of the first Chanel couture house, and which has since become an enclave for sports enthusiasts who wear designer snow suits. Polge funneled the spirit of lively resorts and crashing waves into the fragrance, which has notes of grapefruit, mandarin, and lily-of-the-valley.



And while the label is most associated with the French, Chanel often traveled to Venice, Italy, for inspiration. Polge’s inspiration for the last scent was the Orient Express, which went from Paris to Venice. He was also struck by the richness of the City of Water during the Byzantine and Baroque periods.
Paris-Venise is made with geranium, amber, vanilla, and tonka bean.


The Les Eaux De Chanel collection, formulated to be light and not too perfume-y, and will be available in June at Chanel.


ところで、今年後半は、シャネルから新たに、店舗限定の素晴らしい香水が発売されます。

その名もレゾードゥ シャネル コレクションです。

ガブリエルシャネルの旅からインスパイアされた香りが3つ登場します。

1つ目は、パリ、ドゥーヴィル。

シャネルが1913年に初のブティックをオープンさせたリゾート地の名です。
これが3つの中で、最もメンズよりのノートです。
ウッディとバジルの青さが全面に出ている感じなので、ユニセックスでいけそうです。

2つ目が、パリ、ビアリッツ。

シャネルが初めてクチュールハウスをオープンさせた場所です。
この香りは私の大好きなリリーオブザバレー(すずらん)をベースに、マンダリンとグレープフルーツの香りがバランスよくミックスされていてとても心地良く、ひと嗅きでツボにハマってしまい即決してしまった香りです。


ビアリッツのボディローションとシャワージェルのサンプルも入手しました。
こちらは9月頃の発売を予定しているそうです。

こういうブレンドは、今までのシャネルにはありそうでなかった香りなのです。

名古屋では、JR高島屋だけが6月9日から先行だそうですが、東京エリアはさらに早い先行があるだろうと、ホテルに戻ってすぐに、銀座SIX に問い合わせ。

6月1日発売の特急便で送ってもらえるよう手配してしまったほどの香りです。

昨年のガブリエルシャネルとは打って変わる香りばかりですね。

3つ目が、水の都、ヴェニス (Italy)(正式にはヴェネツィア、ベニスは基本英語読みです)

生前、ココシャネルが好きでよく旅をした場所でした。
この香りが3つの中では一番パウダリー感が強くシャネルらしいというか、エレガントで女性らしいフラワー系。この中では一番無難かも。


私が買ったビアリッツは男性でもお使いになれそうな中性的な香りですが、シャネル独特の癖とアクが全くないのになぜか個性的で存在感のある香り。

来月の6月1日~25店舗限定で発売される予定です。

120ml と大容量で、瑞々しい使い心地なのでこれから春夏にコロンのようにパシャパシャ使えそうなのもよいですね。

定価は、ゼクスに比べると、17000円ととてもリーズナブルなので、香りに迷ったら3つまとめて買ってしまうのもありかもです。

シャネル香水が苦手な方にも自信を持っておすすめできるシリーズかと思います。

みなさまもぜひカウンターでお試しされてみてください♪


おまけ画像


今年、新調した大粒,9.5センチのあこやパールのピアス。
ガブリエルシャネルがこよなく愛していた宝石もパールでした。
私はデニムパンツなどカジュアルなスタイルにもパールを合わせるのが好きです。
それも、ココシャネルからインスパイアされたものが大きいかなーと思います。


米国の友人から譲ってもらったVIP 用の限定アンブレラ!特にフクロウちゃんが可愛いでしょー♪ 私にそっくり(笑)





今年の母の日のプレゼントは、ルブランコンパクトにしました!

が、贈る前にやっちまったがな(泣)
な悲惨な画。



このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

ファッション カテゴリの最新ブログ

ファッションのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:8/9~8/16)

プレゼントをもっとみる