1186views

湯船に5分以上浸かるための工夫

湯船に5分以上浸かるための工夫

こんにちは。ライフスタイラーの木川誠子です。
玄関を開けた瞬間、ヒヤッと冷たい風を感じるようになりましたね。
グルグルに巻いたストールに
顔の半分をうずめながら歩いているこの頃です。

そんな寒い季節は、バスタイムが至福の時間だったりします。
真夏でも湯船には入る派ですが、
寒い季節の湯船は格別!

ただ、【湯船につかる】のは好きなのですが、
【湯船に長くつかる】ことは苦手です。
5分つかれたら良しって感じで、10分なら奇跡に近いくらいかも。

本を読む、音楽を聴く、映画を観る
少しでも長くつかれるようにいろいろ試してみたのですが、
リラックスできるはずのバスタイムが、
ひとり我慢大会みたいになってきたのでやめました。笑

で、辿り着いたのは入浴剤です。
普通…ですよね。
やっぱりシンプルイズベストなんです。
バスタイムは1日の疲れを癒す時。
その時間にあれもこれも…とやることを詰め込んではいけない。
シンプルに湯船につかることを楽しむスタイルに落ち着いたこともあり、
「入浴剤が重要だ」となりました。

気になったものは試してみますが、
キーワードは【身体が温まる】と【いい香り】です。
いろいろ使ってみた中で、リピートしている入浴剤の2点を紹介します。

まずは、「ヒマラヤ岩塩入浴用/アムリターラ」
お試しサイズをいただいたことがきっかけなのですが、
今ではすっかりハマっています。
たとえ長時間湯船につかっていなくても、
身体の芯から温まっているように思うからです。
湯冷めしにくいと感じていて、それは「芯から温まっているからかな」と。

がっつり硫黄の香りがするのもGOOD♪
自宅で温泉につかっている気分になれます。


もうひとつは、「フリューメスナー」シリーズです。
ドイツのオーガニックメーカーのハーブと死海の塩を使ったバスソルト。
お湯を溜める途中で入れておくと、
湯気で香りが浴室に広がって、ハーブのいい香りに包まれるんです。
それだけで癒される。

2018年に日本上陸した直後から使っていたのですが、
1年くらいで日本での取り扱いが終わってしまったのです。悲しい…。
取り扱い終了の情報をキャッチした時にまとめ買いをして
今はストックを使っていますが、残りは写真の3点に!
ドイツに行く人がいたら買ってきてもらいたいと真剣に思っている。
それくらいお気に入りなのです。


この冬もいろんな入浴剤を試して
お気に入りをアップデートしていきつつ、
湯船につかることを楽しみたいと思います。



ライフスタイラー
木川誠子
Instagram @seiko.kigawa




このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

ライフスタイル カテゴリの最新ブログ

ライフスタイルのブログをもっとみる