412views

ハリ・コシを与えて、ボリューム感ある髪へ

ハリ・コシを与えて、ボリューム感ある髪へ


最近、髪のボリュームが気になるというあなた、それには原因があるかもしれません。その原因がわかれば、適切な対処法も見つかってハリコシアップも実現します。今回はそんな髪のボリュームについてまとめていきます。


髪にボリュームがなくなる原因



まずは、なぜ髪にハリ・コシ・ボリューム感がなくなってしまうのか、気になるその原因についてチェックしていきましょう。


分け目がいつも同じ



まず、一つ目に「分け目がいつも同じ」ということが考えられるでしょう。分け目がいつも同じ場所だと、生え際が目立ちやすくなり、ボリュームを出しにくくなります。
また、ボリュームが少ないと生え際に紫外線の影響も受けやすくなってしまうのです。紫外線は頭皮にも影響を及ぼし、健康的な髪の成長を妨げる可能性が高くなります。それにより、髪1本1本がペタッとしやすくなってしまい、さらにハリ・コシがなくなるといわれています。


毛先が重たい



ヘアスタイルは重めのロングヘアが定番という方も多いですよね。でも、それって毛先に重さが出てしまうので、髪全体がペタッとボリュームのないスタイルになってしまうのです。特に、レイヤーを入れずにワンレングススタイルでいれば、より目立ってしまいます。そのため、毛先や髪全体を軽くするようなカットを美容院でオーダーしてみてくださいね。
また、毛先に重めのワックスを使っている方も要注意。毛先は軽いテクスチャーのワックスを使い、根もとはボリュームが出せるようなワックスを選ぶと、髪のボリューム感を出しやすくなりますよ。


ドライヤーのあて方



ドライヤーのあて方も髪のボリュームを左右する重要なポイント。では、どんなあて方がNGなのでしょう?それはずばり「ドライヤーを上からあてる」という方法です。
ドライヤーを頭頂部から毛先に向かってあててしまうと、どうしてもすとんと落ちるようなスタイルに仕上がり、ボリュームが出にくくなります。そのため、髪にボリュームを出したいときは、まず頭皮周辺の根元を乾かした後、根元を立ち上げるようなイメージで下から上に向かってドライヤーをあてるようにしましょう。
また、ドライヤーの熱の温度が高すぎるのもNG。ドライヤーの位置を調節するなどして、熱の温度の高さを調整し、髪や頭皮にとって熱すぎない温度を保つようにしましょう。


栄養不足



栄養不足は体のあらゆる部分に不調をきたしますが、髪ももちろんその影響を受けてしまいます。健康的な髪のために効果的といわれるのが、タンパク質やビタミンB、鉄分などです。できれば食事から摂取することが好ましいですが、それが難しい場合はサプリメントなどで補ってみてはいかがでしょうか。
そして、加齢やストレスによるホルモンバランスの乱れも関係してきます。特に女性の場合、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」がハリ・コシのある美しい髪に関連するのですが、そのエストロゲンが減少することで、髪のハリ・コシが失われ、ボリューム感がなくなるといわれています。


髪をハリコシアップさせるには




では、髪のハリコシをアップさせるためにはどうすればいいのでしょうか?具体的な方法についてまとめていきます。


生活習慣を見直す



髪をハリコシアップさせるためには、まず生活習慣を見直してみましょう。
まず、食生活の乱れは体だけでなく髪にも悪影響です。特に、脂っぽい食事が多いと、頭皮の皮脂分泌量も増え、毛穴が詰まる原因といわれています。そのため、できるだけ避けたほうが良いでしょう。そして、髪に良いとされるタンパク質などをしっかりと摂取するようにしてくださいね。
また、成長ホルモンの分泌に影響する睡眠不足は、髪の成長にも影響を与えます。忙しくてなかなかしっかりと睡眠時間をとれないという方は、枕を変えたりベッドルームの環境を整えたりして、質の高い睡眠をとれるよう意識することもおすすめですよ。
そして、意外と見落としがちなのが運動不足と髪の関係。運動不足は体の血行不良を招き、頭皮の血流にも影響を与えて、抜け毛や健康的ではない髪が生える原因と言われています。ちょっとしたストレッチなどでも血行を良くするためには効果が期待できるので、ぜひ仕事の合間などに取り入れてみてください。
最後に、頭皮および髪の日焼けにも要注意です。頭皮が紫外線の影響を受けると、乾燥を引き起こします。そうすると、頭皮を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまい、毛穴が詰まって抜け毛の原因となります。また、髪も紫外線によるダメージを受け、枝毛や切れ毛が発生してしまい、髪1本1本が細くなってボリュームが出にくくなります。出かける際は、スプレータイプのUVカットアイテムを使い、紫外線対策を行ってくださいね。


髪の乾かし方に気をつける



髪を乾かすときのドライヤーの使い方も気をつけてみて。まず、髪を乾かすときはドライヤーを下から上に向かって使います。そして、初めは分け目と反対の方向に向かって乾かすようにしましょう。そうすれば、根元が自然に立ち上がり、ボリュームが出やすくなります。
そして、ヘアスタイルごとにも髪の乾かし方を変えることも、ボリュームアップのためには効果的です。ショートヘアの場合、頭の形に沿って放射状に乾かすのがポイント。髪の量が少なく、ペタッとしやすいショートヘアでも、髪を立ち上げボリュームを出すことができます。そして、ミディアム・ロングヘアの場合は、乾きにくい根元や後頭部を乾かした後に、ドライヤーを前からあてれば、顔周りの髪が立ち上がりボリュームがアップします。


ヘアアレンジでボリュームアップ

ヘアカットやアレンジを工夫してみるのもおすすめです。少し前でもお伝えした通り、毛先が重いためにボリュームが出ないということも考えられます。その場合は、ヘアカットを工夫することでボリュームが出やすくなる可能性も高いので、まずは美容師さんに相談してみましょう。
また、自分でも手軽に行えるボリュームアップの方法は、カーラーやコテで頭頂部にボリュームが出るようセットすること。でも、毎朝セットするのはなかなか難しいですよね。そんな時はパーマをあてるとスタイリングも楽になるので、ぜひ一度検討してみてくださいね。


ハリ・コシを与えるシャンプーを使う




髪が細くてボリュームが出にくいという方は、ハリ・コシを与えるシャンプーを使ってみましょう。
髪を根元から立ち上げるような処方や、髪1本1本にハリ・コシを与えるものなど、様々なので自分の髪質にあったものを選んでくださいね。特に、ノンシリコンのものは、髪に艶やなめらかさを与えるシリコンを使っていないため、ボリュームが出やすくなるので、シャンプー・トリートメント選びの際は意識してみてください。
また、抜け毛などの原因となる頭皮の乾燥を防ぐため、保湿成分が含まれているシャンプーがおすすめです。ハリ・コシを与えるシャンプーは、頭皮ケアも考えたものも多いので、そちらも選ぶ際の目安にしてはいかがでしょうか。


BOTANISTのシャンプーで根元からボリュームのあるしなやかな髪へ



ボタニストの新シリーズ、バウンシーボリュームは、ぺたんこヘアに着目したシャンプー。植物由来の糖を配合した独自処方によって、根元からボリュームのあるしなやかな髪へ仕上げます。
他にも保湿成分が髪をコーティングしてしっかりと潤い、指通りのいい髪に。ぺたんこヘアにお悩みの方や、ハリ・コシが気になる柔らかい髪の方におすすめのアイテムです。


まとめ



髪のボリュームが出ない原因や対処法をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?ボリュームが出ない原因は意外と多く、その対処方法も様々です。髪のハリ・コシ不足が気になってきたら、今回紹介してきた方法をぜひ試してみてくださいね。

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

ヘアケア カテゴリの最新ブログ

ヘアケアのブログをもっとみる