3664views

ウッド系、木の香りの香水・フォーミュラX

ウッド系、木の香りの香水・フォーミュラX

手持ちのウッド系の香り分類

ディプティック タムダオ オードトワレ
ディプティック タムダオ オードパルファム
shiseido BAUM オーデコロン
コム デ ギャルソン ワンダーウッド
コム デ ギャルソン ワンダーウード(量り売り)
ジョーマローン ブラック シダーウッド & ジュニパー コロン


ディプティック タムダオ オードトワレ
うっすらふんわり香る木の香り。鉛筆系。甘さ控えめ。
体温・気温が高いと飛ぶのが早い。拡散性低め。静かで巨木があるジャングルのイメージ。
単体でもつけるが色々な香りと合わせるのにとても良い。

ディプティック タムダオ オードパルファム
トワレと同じ系統だがもう少し香り高い。サンダルウッドの甘みとキリッとしたいい香りがほんのり強め。体温・気温が高いと飛ぶのが早く、拡散性低めだがトワレよりは持ちが良い。
神聖なジャングルのイメージ。

BAUM オーデコロン
杉やヒノキの林に来たような爽やかさ。少しジンジャー入ってる?
深呼吸したくなる爽やかさ。ラストに弱めのパチュリあり。
ミドルぐらいまでは拡散性があるが、持ちは良くない。
イメージは針葉樹林、森林公園。清々しく明るさを感じる。

コム デ ギャルソン ワンダーウッド
パワーのある爽やかな木の香り。トップは材木所のような力強さがあるが
だんだん優しく柔らかな香りに。少しスパイスも入っている?個人的にはブラックペッパーをほんのり感じる。かなり好み。
ミドルぐらいまでは拡散性があり。ディプティックよりは持ちが良い。
凛とした感じがディプティックと比べるとある。イメージは針葉樹林、神社の神木とも思えるが、嗅ぐと気持ちが落ち着く。元気になる。
アニックグタールのマンドラゴールと似ている香りになるときもある。
マンドラゴールはシトラス系だけど。

コム デ ギャルソン ワンダーウード
ワンダーウッドよりは華やかな感じ。杉やヒノキの香りに加えてウードの清々しく少し甘みのある香りが加わっている。男性っぽい香り。ウードが少し湿度というか滑らかさを感じる。爽やかだけどトラディショナルにも感じる新旧を併せ持つような不思議な香り。私がつけると体調・気温によりトニックっぽい香りが際立ってしまう時があるためフルボトル購入はなし。香りが移り変わりや違いを感じるのは面白いが。

ブラック シダーウッド & ジュニパー コロン
シダーウッドを感じながらもジュニパーのフルーティーさも感じる。
体調・気温によりフルーティーさが前面に出たり、お香感を感じたり。モスのスッとするような香りも。ジュニパーはヒノキの仲間らしい。現物を嗅いだころがないけれど、フルーティーになるのは何だろう。公式では「ウッディでスモーキーな、レーズンのようなアロマティックな香りが立ち上がります。」とある。フルーティーあってる?まだ香りを安定させてつけることができないのだけど、好き。私には上記の5つよりは少しウッド感が弱めに香っている。
何かの木の箱に何かのベリーを収穫して入れたようなイメージ。
雨の夜のロンドンとのことだけど、フルーティーさが強めに出なければそんな感じ。

タムダオが弱めなのでプッシュ回数・付け直しが多い。1回つけるとかなり薄くは肌に残るが鼻を近づけないとわからない。EDPは少ししっかりめにのこる。
BAUMは付け直しが多い。3時間ほどで完全に消える。
ワンダーウッドとブラックシダーは普通な持ち。
ワンダーウードは服につくとトニック臭が強めになる。

そういえばルタンスとZARAのウッド系も持ってるけど強めで衣服に香りがつくと洗っても取れなかった・・・

ワンダーウード以外はかなり好き。どれも香害にはならないぐらいの香りだち。
中でもタムダオのEDPとワンダーウッドが常に嗅いでいたいぐらい。


量り売りでフォーミュラXも購入。
トップがほんのりグリーンのようなスパイスのような香りになったけど、ミドルから完全にムスクだった。アニマリックな強さが出がち、メンズ系・オゾン系の香水は強く出るとのこと。
ホルモンバランスや雨の日などで香りが変わりやすいらしい。パチュリ、シナモン、クローブ等のスパイス系が強く出がちなので何だろうと思っていたけどなるほど。万人ウケするらしいロジェガレのテファンタジーがパチュリがキツく出すぎる。
フローラル系がおすすめ→だいたいは苦手。頭痛くなりやすい。
シトラス系はいい香りが長持ち→たしかに!大好き!
ウッド系が似合わないと載ってるとこもあるけど、メンズ感を抑えたウッドはかなり好きだからこのままつっ走ります。
グルマン系は合わない→甘さ控えめなものならが大好き。(ディプティック オーデュエル、JMゴールデンバニラ、ラルチザンtea for two、ポアブルピカーン)

ムスキースキンの基本は納得しつつ、色々な香りをまといたいなと結論。



このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

香水 カテゴリの最新ブログ

香水のブログをもっとみる