Hair & Makeup Artist・イガリシノブさんが選ぶ2020年のマイベストコスメ

アットコスメ > ベストコスメアワード(ベスコス) > 美容賢者が選ぶ2020年のマイベストコスメ > Hair & Makeup Artist・イガリシノブさんが選ぶ2020年のマイベストコスメ
Hair & Makeup Artist・イガリシノブさんが選ぶ2020年のマイベストコスメ
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

「メイクはこうあるべき」という先入観を取り払って、自由で旬なメイクが人気のイガリシノブさん。自身がプロデュースするブランド「WHOMEE」「BABYMEE」も大好評で、アジアでもブームを巻き起こしています。そんなイガリさんに、2020年のマイベストコスメを伺いました。

イガリシノブさんが選んだ、マイベストコスメ

イガリシノブさんの手掛けるメイクを見ると、なぜか、私にもできるかも!というパワーが湧いてきます。ユーザーを置いてきぼりにせず、悩みにそっと寄り添ってくれるーー。そして、誰もが“自分が好きな自分になれる”魔法をかけてくれる“イガリメイク”。数多くの人々の心を魅了するイガリさんが選ぶ、2020年のマイベストコスメをご紹介します。

今時ピンクベースにあわせるハイライター

イガリさんが選んだ1つめのマイベストコスメは、ガーベラ柄が散りばめられた「クリニーク」のハイライター『パウダー ポップ フラワー』。「#01 ルナー ポップ」は、輝く月のような透明感あふれる発色が魅力です。

「パウダーが細かく、サラッとのせると肌になじむツヤ感がでます。今時のピンクベースとの相性もよく、ふっくらさせた肌にメリハリをつけてくれるのでお気に入りです」

血色感のあるピンクベースの肌に、ハイライターで透明感をプラスオン。誰でも挑戦できる肌なじみのいいカラーで、ハイライター初心者さんにもおすすめです。@cosmeメンバーのクチコミでは、使い心地のよさに加え、ガーベラの型押しがかわいい!と話題になっています。

BBクリームをハイライトにしてリフトアップ

2つめは自身のブランド「WHOMEE」から、『モイストBBクリーム』の「ペールピンク」を。

「外国人のようなピンク味の肌に寄せてくれるだけではなく、ハイライトゾーンだけこのBBクリームをのせるとナチュラルに立体感が出せて、リフトアップしたかのように見せられるのでおすすめです」

BBクリームハイライトがわりに使うとは、イガリさんらしい斬新かつ取り入れやすいテクニック! スキンケア化粧下地・UVカット・ファンデーションと4つの機能が1つになったアイテムなので、これだけでふんわり明るいすっぴん肌が完成します。

モイストBBクリーム「ペールピンク」

WHOMEE

容量・本体価格 27g・1,800円
発売日 2020/2/22

カラーメイクが決まるグリーンのアイライナー

そして3つめは「BABYMEE」から、イガリさん得意のカラーメイクが堪能できる『ニュアンスカラーライナー』の「グラスグリーン」をセレクト。黒のライナーのように締まりすぎず、抜けすぎない、絶妙なカラーのグリーンがポイントです。

「マスクをすることが増え、アイメイクを強化したい今、目に奥行きと立体感を出せるこのライナーはおすすめです。BABYMEEのライナーは、のせてから20秒以内ならぼかすことができるので、二重幅からはみ出るくらいまでたっぷりとのせて、アイシャドウとして使ってみてください。オレンジのマスカラやアイラインとも相性がいいですよ」

目元をぐっと引き立たせる絶妙な「グラスグリーン」は、アイメイク強化期間の相棒に決定! ライナーをのせてから20秒のぼかしタイムも、なんだかゲームをしているみたいで楽しめそう。ペンのように、バッグの中に忍ばせたい。

ニュアンスカラーライナー「グラスグリーン」

BABYMEE

本体価格 980円
発売日 2020/7/26

キャメルブラウンのチークは多用途に使える

Celvoke
セルヴォーク カムフィー ブラッシュ「07a 【限定品】キャメルブラウン」
本体価格 3,500円
発売日 2020/7/24
数量限定発売

4つめは、「Celvoke」の『セルヴォーク カムフィー ブラッシュ』。「07a 【限定品】キャメルブラウン」カラーのチークです。

「イエローとブラウンのコンビネーションは、チークだけではなくシェーディングとしても効果大。眉毛の下にも仕込むと統一感が生まれて、顔全体が立体的に見えます」

チークを眉下に仕込むテクニック、今すぐ試してみたい! これなら不自然にならずに、憧れの彫り深メイクが楽しめそうです。

イガリ流「光肌」の作り方

2020年を振り返り、以前よりもさらに肌を大切に、ツヤに加えて「光肌」をつくるようになったというイガリさん。今回のマイベストコスメを使って「光肌」をつくるテクニックを教えてくれました。

1.ふだんのベースメイクのあと、「WHOMEE」の『モイストBBクリーム ペールピンク』をおでこ、こめかみ、目の下にのせる。

2.眉毛を描く前の眉尻と鼻根、こめかみに「クリニーク」の『パウダー ポップ フラワー』をのせる。カラーは、「#01 ルナー ポップ」を使用。

「クリニークのハイライターはパウダーが細かく、色味がピンクで肌なじみがいいため、肌から発光しているような自然な光肌がつくれます。BBクリームとハイライターをダブルで使うことで、顔にさらに立体感が出せるんです」

「光肌」は、ふだんのベースメイクのあとにプラスするだけで作れると言う。アイテムのダブル使い・部分使いをマスターして「光肌」を手に入れたい!

2021年は「髪」が気になる

新型コロナウイルスの影響で、世界が大きく変わった2020年。イガリさんも「免疫を高めるための美容」を心がけていると話します。

「コスメだけに限らず、飲料水や食べ物など、食と生活習慣を見直したりしています。ストレスをなるべくためないように、身体の中から免疫力アップする方法を模索中です」

2021年は、とくにヘアケアを強化したいと考えているとイガリさん。

ツヤがありキレイなストレートになれるものや、ヘアカラーをしていてもキレイを保てるアイテムを探し中。ストレートアイロンなど、いろいろ使い比べて試してみようかなと思っています」

そしてスキンケアに関しては、2020年上半期のマイベストコスメでも紹介してくれたイガリ式・置きクリーム(#おきくり)を続けているそう。

Hair & Makeup Artist・イガリシノブさんが選ぶ2020年上半期のマイベストコスメ

化粧水のあと乾燥が気になる部分に「WHOMEE」のクリームをたっぷりのせ、肌に放置するだけの“#おきくり”は、冬のうるおいケアに最適! こちらもぜひ試してみてください。

イガリさんが選んだ2020年のマイベストコスメ。イガリさんならではの使い方とあわせて、たっぷりとご紹介していただきました。意表を突くアイディアも、「メイクって楽しいよ!」という気持ちが上乗せされているのが伝わって、真似をしたくなる。自分だけのやり方で自分だけのメイクを楽しんでみてください。

Hair & Makeup Artist:イガリシノブ [BEAUTRIUM]

ファッション誌等に複数連載を持ち、雑誌・広告などのヘアメイクを手掛ける他、「WHOMEE」「BABYEE」の化粧品開発ディレクターや、「BEAUTRIUM ACADEMY」等でメイク講師としても幅広く活動する。2015年「イガリメイク、しちゃう?」(宝島社)を出版し、宝島社イガリメイクシリーズ累計17万部を突破となる。同年Yahoo!検索大賞メーク部門にて「イガリメイク」というワードが1位となる。2018年MBS「情熱大陸」や、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」等のTV番組にも出演。2020年に劇団雌猫との合同監修書「化粧劇場 わたしたちが本当に知りたいメイク術」(池田書店 )を発売。似合わせのテクニックやユニークな発想で、おしゃれ顔をつくる達人。独自の発想とテクニックで提案するメイクアップは、国内のみならずアジアでもブームを巻き起こし、多くの女優・モデルから支持される人気アーティスト。

取材・文/田邉愛理

(アットコスメ編集部)

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

あたらしい私でリスタート

ベストコスメ2020発表!大賞をチェック

1・9・17・24日更新♪プレゼント&モニター