ご当地コスメ本気斬り【第6回】JR東日本がつくったコスメ「megumi to nagomi」をお試し![@cosme NIPPON PROJECT]

 >  > ご当地コスメ本気斬り【第6回】JR東日本がつくったコスメ「megumi to nagomi」をお試し![@cosme NIPPON PROJECT]
ご当地コスメ本気斬り【第6回】JR東日本がつくったコスメ「megumi to nagomi」をお試し![@cosme NIPPON PROJECT]
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

「あのコスメがスゴいらしい」「地元におもしろいコスメがある!」など@cosmeメンバーさんからのクチコミ&編集部に寄せられた情報をもとに、美容ライターふたりが“買って、ガチで試す”体験レポの第6弾。今回は群馬発、こんにゃくを配合したコスメです。開発したのは何と!誰もが知っている“あの会社”でした。

【第6回】群馬県 megumi to nagomi(めぐみとなごみ)

宇野ナミコ/美容ライター
ライター歴23年。大学卒業後、女性誌の美容班アシスタントを経て独立。雑誌やWEB、広告媒体で美容記事を執筆中。スキンケアやメイク、ヘアケアまで担当分野は幅広く、丹念な取材を元にした記事に定評がある。
@cosmeブログ“宇野ナミコの寄り道BEAUTY”

JRがコスメを作ってるって、知ってました?

このアットコスメ ニッポン プロジェクトでは、数ヵ月に1度企画会議がありまして。ある日の会議でのこと、編集部Fさんからこんなタレコミが。

「そういえば、JRがコスメを作っているのをご存じですか?」

その場にいた全員、一瞬、“ポカーン”な感じに。

「えっとJRって、あのJR…?」
「そうです、鉄道会社のJR」
「えっJRがなんで?ってか、どんなもの作ってるの?」
「んー、確か社内プロジェクトの一環だったと思うんですよね。ちょっと待ってくださいね」

その場で検索してみると、おお、出てきました!製品名は「megumi to nagomi(めぐみとなごみ)」、自然派のスキンケアシリーズです。“地域のものづくり”を推進するJR東日本グループの取り組みで、JR東日本高崎支社の女性社員を中心に開発したそう。

「ホントだ。知らなかった…!」
「デザインがスタイリッシュですね」
「群馬県産の農産物を使ってるんですね〜」
思いがけず盛り上がる一同。さらに、衝撃の事実は続きます。

お披露目イベントは、“JR高崎駅の構内”

ホテルメトロポリタン高崎の公式ブログによりますと、2015年の発売時に、お披露目イベントが行われたようです。これがまた、なんというか、“コスメの発表イベント”としては、実に異色の光景が…。

(ホテルメトロポリタン高崎の公式ブログより)

「イベント会場って、“JR高崎駅の構内”なんだ…!」
「登壇してる女性、“駅員さんスタイル”ですよ」
「駅長さんみたいな人もいる!」
「気になる〜。このコスメどこで売ってるんでしょうね?NewDays(*注1)とか?ひょっとしてSuicaペンギンの隣で売ってたりして」

…最後のひと言は冗談のつもりだったんですが、“大当たり”でした。

上記ブログによると、2015年の発売時点(*注2)では、NewDaysミニ高崎西口店をはじめ、群馬県にあるJR東日本関連のホテルや駅ビル数店。そしてビックリしたのが、峠の釜めし本舗おぎのや 横川サービスエリア店!(Suicaペンギンどころじゃなく、釜めしと並んで売ってるってこと!?)あまりにおもしろすぎる…!というわけで、今回のテーマはコレに決定!

*注1:主にJR東日本の駅にあるコンビニです
*注2:発売元に電話で問い合わせたところ、2017年11月現在、確実に製品が揃うのは、「群馬いろは」(高崎駅構内)、「シャンドエルブ高崎店」(高崎モントレー4F)、ホテルメトロポリタン高崎、ホテルファミリーオみなかみ、峠の釜めし本舗おぎのや 横川サービスエリア店(上り線)、Vento Maebashiだそうです。

ネットでエキナカで注文、届いたのは…?

さて、製品入手のためにアクセスしたのは、JR東日本公式の“ネットでエキナカ”。群馬県以外の方はココ、もしくはYahoo!ショッピング、えきねっとショッピングで買えます。ポチってから数日後、到着したのがこのコたち。

外箱の明るいグリーンとブルーをひと目見て、「JRっぽい!」と思っちゃったのは私だけでしょうか(都内を走る山手線(グリーン)と埼京線(ブルー)のイメージが強いんでしょうね)。ふと思いたって調べてみると、高崎駅に乗り入れている“JR信越本線”のラインカラー(*注3)が、まさにボトルのようなイエローグリーン。ひょっとして、このカラーにインスパイアされたのかしら…?

デザインも配色も洗練されていますし、パンフレットも四隅の角を丸くしてるあたり、女性社員主導で開発した“きめ細かな配慮”を感じます。今回注文したのは、フェイスローションとフェイスクリームですが、おまけとしてオリジナルの泡立てネットを頂きました。
さあさあ、気になるJRコスメ、使ってみましょう!

注3:電車の車体や案内板に用いられるイメージカラーです

ミルクにホイップバター、絶品感触にうっとり♡

まずはフェイスローション。手のひらに取ると乳白色で、まんまミルクみたいです(←この手の乳白化粧水、大好き)。肌に触れた瞬間はパシャッと軽やかですが、内部にじわーっと浸透しふくふくと満たしてくれるはず。化粧水なのにちょっと乳液っぽいというか、ほどよい油分を感じるテクスチャーで、あと肌もしっとり整います。

フェイスクリームはというと、見た目は濃厚。バタークリームみたいな感じでしょうか。スパチュラですくうとホワッとやわらかく、なめらかに肌の上をのび広がります(とろけ感はホイップバターみたいな感じ?)。なじんだあとは薄膜で肌と一体化して、シールド感はあくまで軽やか。朝の保湿にも活躍してくれそうです。

こんにゃくも製造元も、メイドイン群馬!

このすぐれた保湿感のヒミツは、配合された“こんにゃくセラミド”にあるそう。

群馬県が国内生産量第1位を誇るものといえば、“こんにゃく芋”!そんな群馬産こんにゃく芋から抽出された保湿成分に、肌荒れ防止作用のあるゆずエキスを加え、スキンケアしている間中、うるおいとゆずの爽やかな香りで肌を包み込んでくれます。そして、「おっ」と思ったのが、製造元も群馬のメーカーだったこと。

ご当地コスメって、地域の植物や成分を使いつつ、実際に中味を作っているのは都市圏の会社、という場合もあるんですよね。でもmegumi to nagomiは、製造元も群馬発祥の会社。そういう意味では、“郷土に根づいた”コスメなんだと思います。JR東日本グループが運営するサイト“えきねっとショッピング”には、こんなひと言が。

「JRがコスメ?と思うかも知れませんが、megumi to nagomiは、長年培われた“安全・安心”の企業風土と、“地域に生きる”――ふるさと群馬を愛する気持ちが生み出したナチュラルコスメです」

なるほどね〜と、深くうなずいてしまったのでした。

な、なんか“ツヤ”が出た…!

さて、実に気持ち良くmegumi to nagomiを使って3日後、ふと「このミルクっぽいフェイスローション、コインマスクに浸透させたらもっと良いんじゃないの!?」と、思いまして。早速試してみました。

プチプラのコインマスクにたっぷり浸透させて…。

みずみずしい保湿感と、ゆずの香りを堪能した10分後。

な、なんか、ツヤが出た!何この肌質感…!

化粧水なのに“ミルク感”があるからか、それともこんにゃくセラミドの力なのか!?うっすら乳液やオイルを使ったようなツヤ感が生まれるんです。

今回、製品のおまけに泡立てネットがついてましたけど、どうせだったらローションのおまけは“コインマスク”のほうがいい気がします。ちなみに、製品を試していた期間は、日ごとに寒さが増す10月の初旬〜下旬。2品合わせて使うことで、しっとり感が続きました。

製品のヒミツをJR東日本に聞いてみたい…!

コスメは異業種参入が比較的多い業界ですが、「鉄道会社とは、あまりに異業種な」と、最初は半信半疑だったワタクシめ。実際に使ってみて、今はJR東日本(特に高崎支社の皆さんと販売元の高崎ターミナルビルさん)に、惜しみない拍手を送りたい気持ちでいます。しかもこのクオリティで、フェイスローション2,000円、フェイスクリーム2,200円…!@cosmeのクチコミで、フェイスローション5.6、フェイスクリーム5.2(11月13日時点)という高評価も納得です。

だからこそ、「もっと積極的にPRして、販路を増やして欲しい〜」と、心から思います。直接買えるのが群馬県内の数店だけなんて、もったいない!都市圏のショップが難しいとしても、そこは天下のJR東日本、系列駅ビル内のショップに置くとか、系列ホテルのアメニティに使うとか難しいんでしょうか(難しいかな…)。

あと、このご当地企画、「メーカーさんにナイショで、ガチで買って試す」のがコンセプトのため、今回は正式に取材できなくてホントに残念。群馬産こんにゃく芋の美肌効果とか、デザインのヒミツとか、JR東日本高崎支社の女性社員さんに、ぜひお話しを伺ってみたかったです。“ご当地コスメ”って、いろんな人が色んな思いで作っていて、本当に奥が深いですね…。次回以降も、そんなご当地コスメの魅力に迫りたいと思います♪

フェイスローション

megumi to nagomi

価格 120ml・2,000円

フェイスクリーム

megumi to nagomi

価格 30g・2,200円

イラスト/間殿彩
取材・文/宇野ナミコ

こちらの記事もCHECK★

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

マイベストコスメを教えて

春夏新作コスメ

みんなの思い出コスメをまるっと大解剖!

UVCUT

変わる私と、変わらない私。