Chapter.1 美容業界に旋風を巻き起こした「フローフシ」の5つのチャレンジ[@cosme NIPPON PROJECT]

 >  > Chapter.1 美容業界に旋風を巻き起こした「フローフシ」の5つのチャレンジ[@cosme NIPPON PROJECT]

Chapter.1 美容業界に旋風を巻き起こした「フローフシ」の5つのチャレンジ[@cosme NIPPON PROJECT]
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

「まだ誰も見たことがないものをつくりたい」と2010年にデビューしたコスメブランド「FLOWFUSHI(フローフシ)」。“誰も見たこと、使ったことのない究極のマスカラ”をかなえるために、開発、デザインのプロフェッショナルたちが集結。今までの美容業界になかった“新しいこと”を次々と展開し、世代を問わず“キレイになりたい”女性たちの心を掴み、美容業界をアッと驚かせたのは記憶に新しい。流星のごとく現れたブランドがマスカラシェアNo.1に挑み、勝ち得たその本気度を紹介します。

コスメ好きなら誰もが知っている、新商品発売カレンダー。ラグジュアリーブランドからプチプラコスメまで、さまざまなブランドから新商品が発売されている。その数は何万、何十万ともいわれています。この中から脚光を浴び、お客さまに支持される商品はほんの一握り…今、化粧品業界は熾烈な戦いが繰り広げられているのです。

そんな中、流星のごとく現れ、女性たちの心を鷲づかみにしてしまったコスメブランド。それは「モテマスカラ」で有名な「FLOWFUSHI(フローフシ)」。
立ち上げたのは中学の同級生。化粧品メーカーで働いていたわけでもなく、ましてや化粧品なんて作ったこともない“美容業界経験ゼロ”だと言います。美容の“ビ”すら知らない2人がコスメブランドを立ち上げ、あっという間にメジャーの仲間入りを果たした、その秘策を探ります。

「ことの始まりは、僕がある鉱物と出合ったことからですね」と語るのは、フローフシ創業者のひとり、今村洋士さん。それまでは医療に関わる仕事に就いていたのだとか。「医学の進歩ってスゴいですよ。昨日できなかったことが今日できるようになる時代ですからね。でも、その一方で、どんなに医学が発展しても治らない病気もある」。

そんな中、まことしやかに噂されている話に興味を抱いたそう。「治らないと言われた病気の患者さんに、“あるモノ”を使うと、症状が緩和されるという話。僕自身、最初はただの噂話だと思っていたのですが、鉱物学者であり、医学博士の方から話を聞くうちに興味を抱くようになったんです」。

あるモノの正体とは、一体何か?

「“エンドミネラル”です。血流やリンパの流れをスムーズにするという作用がある医療用に用いられていた天然のミネラルです。当初、この鉱物についての知識は全くなかったのですが、その効果を体感して驚きました」。

自然界と同じ高濃度マイナスイオンを発生する、エンドミネラルの最大の特徴は、血流を整え、促すこと。「むくみが取れることで、フェイスラインがグッと上がりました」と今村さん。

「自身で体感した感動を、多くの人にも感じてほしい」。そこで思いついたのが、コスメへの応用でした。

「ジェルクリームにエンドミネラルを混ぜた試作品を使用した女性たちから、“血行が促進され、肌コンディションがよくなった”という声を数多くいただいたんです。こんなに喜んでくれるなんて思いもしませんでした」(今村さん)。

以前から、「人を楽しませたり、感動させたり…驚かせる仕事をしたい」と思っていた今村さんは、コスメブランドをつくろうと決意するのです。

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

新作ベースメイク

2019春新作 パーソナルカラー診断

2019 SPRING

アットコスメベストコスメ2018発表

アットコスメニュース(最新トレンド情報)