あざとく、あどけなく…。夏の恋をテーマにした「#コスメ自由律俳句」を発表!

アットコスメ > あざとく、あどけなく…。夏の恋をテーマにした「#コスメ自由律俳句」を発表!
あざとく、あどけなく…。夏の恋をテーマにした「#コスメ自由律俳句」を発表!
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

2018年末、大反響を巻き起こした「#コスメ自由律俳句」企画が、夏バージョンとして復活。しかもテーマは「夏の恋」。そこで今回は、Twitterに寄せられた、ハッピーあり、切なさありの作品をご紹介します。

きっと誰しも、夏の恋にまつわるステキな想い出や、憧れのシチュエーションを抱えているのでは? もちろん、現在進行形のキモチも。そして恋心のそばには、恋する私をきれいにしたり、強くたくましくしたりする、お気に入りのコスメの存在があるはず。

そんな胸の内を、「#コスメ自由律俳句」に乗せて表現してもらいました。「季語」や「5・7・5のリズム」といった俳句のルールに縛られない「自由律俳句」が奏でる、夏の恋とコスメの物語を、どうぞ堪能してください。

① 素直になれない気持ちがつまったキュートな一句

ペディキュアって、なんだかとってもセクシーな気がする。指先に施すネイルと違って、ちょっと派手なカラーを選びがちなところとか、小さくて、すこしいびつな形をしているところとか、すべてがとっても色っぽい。

だからこそ、クールで爽やかでスカッとした「夏の青」を塗ることで、その色っぽさを中和させたかったのかな、なんて勘ぐってしまいました。「君が為!」と言い切らず、あえて含みを持たせているところも、照れ隠しのようで猛烈にかわいいです。

② 切ないけれど悲しくはない、そんな風に思わせてくれる一句

この俳句を詠んだ瞬間から、シーンのなかに引き込まれました。切なさのなかに甘酸っぱさもある、彼目線で詠まれたであろう一句。

身動きするたびにサラサラと揺れる彼女の髪にどきっ。手を伸ばせば届く距離にいるのだけど、伸ばさない、じゃなくて、伸ばせない。なんの進展もない状況に、しびれを切らして車からおりた彼女。「ちょっと待って!」なんて、言えるわけもない。いじわるな夏の風が、ふたりの間を抜ける。彼女の後ろ姿は、「私の心をつかめるものならつかんでみなさい」と挑発しているようにも見える。

「勇気をだして!」とエールを送りたくなる、そんな自由律俳句です。

③ 恋って最高! テンションアップさせてくれる一句

恋の最初って、なんかめちゃくちゃ楽しかった。まさに「燦々(さんさん)」という言葉がぴったりで、人生ってこんなに幸福なんだ!って感動したり、寝る時間とかもったいないじゃん!って焦ったりして。そんな若かりしころのパワフルな気持ちを思い出させてくれる一句です。

年齢を重ねるにつれて、前みたいに恋に対して素直でいられないときもある。でもラメをまとうと、なぜか元気が出てきたり、高揚感に包まれたりしませんか? もしかしたらキラキラのラメコスメには、恋したときと同じような効能があるのかもしれませんね。

④ 成功率100%の告白法がわかる一句

少し前に流行った火照りチーク。ぽわんと上気したような雰囲気がかわいかったのだけど、夏の夕方は、それを天然でできるんですよね。

ちょっと汗ばんでしっとりした肌のツヤと、内側からにじみ出る本物の血色感には、メイクでは出せない魅力が宿っている。そんな顔で、「日が暮れても一緒にいたいな」って言うなんて…。これほど確度の高い告白はないんじゃないでしょうか。

好きな人に思いを伝えるなら、夏の夕方にしようと心に決めてしまった。あ、あと、リップはポンポン塗りでさりげなく。あざとく、あどけなく。

みなさんの作品を見て、「なんか私も一句詠みたくなってきた!」と感じた人も多いのでは? その気持ち、ぜひ「#コスメ自由律俳句」に乗せてみてください。

大好きなコスメやメイクを「自由律俳句」という手法で表現したら、きっと新たな発見があるはずです。

文/イトウウミ

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

買ったコスメ実際どうだった?投稿キャンペーン

注目の夏新作コスメ特集

メイク講師に聞くベースメイクの基本

みんなの推しコスメは?クチコミまとめ