747views

自分だけの秘密の香りで魅力UP!フェロモンフレグランス「アクアマリアージュ」

モニターブログ

自分だけの秘密の香りで魅力UP!フェロモンフレグランス「アクアマリアージュ」


幸せを願う女性にそっと寄り添うフェロモンフレグランス「アクアマリアージュ」をご紹介します。

そんなにモテる特徴がないのに、色気があって、たくさんの人から愛されている女性。
それは「フェロモン」が出てるのかもしれません。

フェロモンとは?

フェロモンは人だけではなく、動物や昆虫にも存在します。
フェロモンの特徴は、仲間を呼び寄せたり、命令したり、危険を知らせたりする役割があり、微量でも十分な効果が発揮できると言われています。
フェロモンは、生物の身体の中で生成される化学物質です。
動物や昆虫などは言葉が話せなくても、自分たちの発する物質で仲間たちに合図を送ります。
人間のフェロモンは、その人の好感度が高まって、異性に向けて「子どもを作る準備ができています」といった意味の合図などを発信したりしています。

フェロモンはどこから作り出される?

女性ホルモンや男性ホルモンを聞いたことがあると思いますが、フェロモンを作り出すために「ホルモン」と深い関係があります。
ホルモンは、私たちが快適に過ごすために身体のバランスを整えてくれています。
女性は、女性ホルモンにより、子どもを育てられるように準備をします。
準備が整うと、女性ホルモンはフェロモンを分泌して体外に放出することにより、異性を引き寄せたりしています。
フェロモンは女性の排卵日に合わせて分泌されて、女性をより魅力的に感じさせることができます。

フェロモンはどこから感じる?

フェロモンは良い香りがしそうなイメージですが、実際に分泌されるフェロモンはほとんど香りはありません。
私たちは、ほぼ無臭とも呼べるフェロモンを、嗅覚とはちがう感覚器で感じ取っています。
昆虫や動物には、鼻の近くに「ヤコブソン器官」と呼ばれる感覚器があり、そこからフェロモンを感じていますが、人間にはヤコブソン器官が存在しません。
フェロモン自体を感じとる器官がはっきりと特定されていないので、人にはフェロモンの効果はないのでは?と思われるかもしれません。
しかし、赤ちゃんを生まれてすぐにお母さんの胸の上に寝かせると、嗅覚と触覚を働かせ、乳首に向かって自ら進み、上手に乳首を探し当てることができます。
母乳にもフェロモンが含まれているんですね。
フェロモンは、赤ちゃんとお母さんを結ぶ絆の役割を果たしています。
フェロモンには、異性を引き寄せる色気というだけではなく、リラックス効果もあり、相手を信頼し安心したり、相手の緊張を解くといった効果もあります。
しかし、フェロモンは意識的に出せるものではありません。

フェロモン香水の効果

人は香りを記憶して、その香りで相手を思い出すと言われています。
フェロモン香水の香りを自分だけの香りにして、嗅覚に自分の記憶を焼き付けて魅力を高めてみてはいかがでしょうか?
女性は、動物学的に排卵日付近はフェロモンが出ると言われているので、そのときにフェロモン香水をつける事で相乗効果が期待できますね。
フェロモン香水は確かに人のフェロモンに反応すると言われていますが、いちばん期待できる効果はプラシーボ効果ともいわれています。
フェロモン香水をつけているから、と自信が溢れいつもより積極的になれたり、いつもより綺麗な仕草ができる、そう思えることが香水をつけるいちばんのメリットなのかもしれませんね。



フェロモンフレグランス「アクアマリアージュ」

~本能にアプローチする5種類のサポート成分~
ヒトフェロモン(親しみ・好印象)
オスモフェリン(惹きつける・夢中にさせる)
リナノール(癒し・リラックス)
コピュリン(美しさ・女性の魅力)
アンドロステノール(誘惑・色っぽさ)

~香り~


実際に使用してみました!

つづく…



ブログを見る

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

フレグランス カテゴリの最新ブログ

フレグランスのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:1/24~1/31)

プレゼントをもっとみる