1709views

夏を楽しむヘアメイクアイテム&メソット

夏を楽しむヘアメイクアイテム&メソット




夏を思いきり楽しみたい!
でも汗や湿気でヘアメイクの崩れが気になる…
そんなお悩みをお肌、髪のベース作りと崩れにくいアレンジで一気に解消しましょう!


夏のメイク崩れを防ぐために大切なことは
以前ブログで投稿しました↓をご覧ください^ ^

メイクを厚塗りするのではなく、
ベースをしっかり作ることでお肌を守りながら外気に柔軟に対応できる自然な肌に仕上げておくことがポイントです!


【タイプ別】ナチュラルメイクさん、しっかりメイクさん向け崩れないツヤ肌メイクの方法

夏にオススメのヘアアレンジ

気温湿度の高いこの時期は
汗や湿気で髪がペタンコになってしまったりクセが出てふくらんでしまったり…

ダウンスタイルを美しくキープすることが難しい夏には、作り込み過ぎないナチュラルなヘアアレンジがオススメです!

ヘアアレンジにワンランクアップしたこなれ感を出すポイントをご紹介します!



使用するスタイリング剤は
・軽めで艶と潤いをキープしてくれる優秀オイル



N.ポリッシュオイルでアレンジしやすいベースを作る
N.ポリッシュオイル

・繊細なニュアンスを再現しやすいセットスプレー


エルネット サテン

ヘアアレンジは、まずベース作りが大切です!
乾燥して艶が無い髪は
せっかくのアレンジが台無しです。
まずは毛先をスタイルによって緩く巻き、オイルを少量軽く揉み込むようにつけておきます。


◎ヘアアレンジの基本

1.正しいピンの使い方
2.分け目の取り方
3.バランスの良いくずしかた


このポイントをおさえるだけで
今までのヘアアレンジがワンランクアップし更にヘアアレンジを楽しめるようになります^ ^


1.正しいピンの使い方

よく使うのはアメピンとUピンの二種類。
細かく分けるといろんな種類がありますがここでは市販に多い2点でご紹介

○アメピンの正しい使い方。



なみなみがある短い方を下に使用します。
正しいピンの使い方でキープ力は格段に変わります。

なみなみのアメピンとストレートのピンがありますが、なみなみのピンは髪を逃さず止めてくれるので、アレンジに慣れていない方も簡単に使えます。

ストレートのものは髪が滑りやすいですが
止めた後の表面が滑らかに整うので、シンプルに面を美しく見せたいヘアアレンジにはストレートが向いています。

玉アリと玉ナシのピンも
同じように玉アリは頭皮に刺さりにくく髪も止まりやすいですが、細かくねじり上げたい時や、和装など面を出すヘアセットの時には、ストレートの玉ナシを使用することが多いです。


わかりやすい動画がありましたのでご紹介↓

ピンの正しい使い方

○Uピンの正しい使い方。


Uピンの用途は

アメピンは頭皮と平行に使うことが多く
髪をしっかりと挟むので、ベース作りには良いのですが、全体をアメピンだけで仕上げようとするとボリュームや柔らかい質感をつぶしてしまいます。

しっかり固定するアメピンに対しUピンは
ボリュームや形を整えながら固定することができるので全体のイメージやシルエットを作りやすいです。


Uピンの使い方は沢山ありますが
アレンジが苦手な方にもおススメな
簡単な使い方は

①まず、止めたい髪とその下の髪を頭皮に対して垂直にピンですくい
②頭皮と平行にピンを倒してさしこむ。

シンプルだけどとても役立つテクニックです^ ^


ピンのコツをつかめば少ないピンでしっかりと髪を止めることができるので、作り込みすぎないナチュラルなアレンジが作りやすくなります!

2.分け目の取り方

和装ヘアや、きっちりと表面を整えるアレンジの時には、分け目を真っ直ぐにとる事が多いですが
ナチュラルなヘアアレンジをつくる時は、真っ直ぐではなくジグザグに取ったり
ラウンドしたりして分けます。

分け目をまっすぐ取り、ゴムやピンを止めると
動きが出にくく、崩した時に分け目が目立ってしまいますので、後で崩す時のイメージをしながら髪を分け取ることがポイントです。

3.バランスの良いくずし方

ピンで止めた後や全体を作り上げた後に崩していこうとすると、崩したくない部分まで乱れてしまったりベースが緩んでしまうこともあります。

ピンやゴムで固定する際にある程度、毛束を引き出しておくと最後の仕上げが美しく整います!

アウトドアにオススメな
ロングヘアの簡単アレンジ




フェイスラインから耳前の髪を分けておきます。

①の部分を、ゴムでしっかりとポニーテールにする。

②分けておいた耳前の髪を緩くねじりながらゴムに巻きつけUピンで止める。

仕上げは、全体のシルエットを見ながらスプレーで動きを出していく

全ての髪を一回でポニーテールにしようとすると、動きが出しにくいですが
しっかりゴムで固定する部分と動きを出したい部分に分けてつくるとイメージが再現しやすいです!

ボブヘアやミディアムの場合


ロングヘアのアレンジと同じように
固定する部分と動きを出したい部分に分けて仕上げます。


ボブやミディアムの場合、長さが足りない分をカールでカバーするようにボリュームを出します。



カールでしっかりとボリュームを出した髪を5つに分け取り、①の部分を土台としてしっかりと固定し、②③④⑤と緩くねじり崩しながらUピンでとめていきます。
分け目はジグザグに取ることで自然な動きが出しやすくなります。

夏のドレスアップにオススメなロングヘアのアレンジ



トップと毛先にボリュームのある華やかなポニーテールは、とても豪華なドレススタイルを演出してくれます^ ^
巻きすぎず、ふわっと自然な感じを残すことでナチュラルな華やかさが出ます。

最初にご紹介したポニーテール②の部分に逆毛を立て
サイドのねじりを細かく分けたスタイルです。
モデルさんはセミロングで猫っ毛なので
長さを出しつつふんわりとしたボリュームを出すために
襟足の髪は残したまま上からかぶせるようになじませています。

浴衣にもオススメなロングヘアのアレンジ


浴衣は首元が華奢に見えるアレンジがオススメ。
浴衣の襟元を美しく見せることで全体のバランスが良く見えます。
首元のつまったお洋服やドレスにもおススメです。


①の部分をゴムでしっかりと土台となる部分として固定し毛先で緩くお団子を作ります。
②お団子をもう一つつくり①の土台に向けてUピンで固定。
③の髪を一つにゴムでまとめ内側に向けてねじり、そのあと緩くくずし毛先を丸めながら①の土台へUピンで固定します。
④耳前の髪を両サイドから緩くねじり①の土台に向けてUピンで毛先を入れ込む。

シンプルでどのシーンにも合わせやすい落ち着いたセミロングのヘアアレンジ



耳後ろの髪を斜めに分け取り①をゴムでしっかり固定しお団子をつくる。
②のお団子もゴムで固定した後①に向けて分け目をなじませるようにUピンで固定。
③の髪を右方向に引きながら左へねじり①に向かってUピンで固定する。
少し崩してからピンをうつと自然で柔らかい印象に仕上がります。

最後にこの時期おすすめのスキンケア、頭皮ケアアイテムのご紹介!


口コミ高評価!ディアモ バランスクレンジングミルク
Diamo cosmetics
お肌の水分を残し日焼け止めや濃いメイクもスッキリとお肌に優しく洗い流すクレンジングです。

お肌の内部が乾燥していると
お肌を守るためにバリア機能が働き皮脂を過剰に分泌します。
内部がしっかりと潤っているお肌は
余分な皮脂を分泌することなくメイクも崩れにくくなります。

ミルクタイプのクレンジングは
乳化の一手間がありますが、内部の乾燥を防ぎながら優しくメイクを洗い流すことができるのでおすすめです。

こちらの商品は主成分がサンフラワーオイルでできているので、お肌の柔軟性と潤いをキープしながらスキンケアできます。



ヘアスタイルを美しく保つためには
日常の頭皮ケアも大切です!

前髪が皮脂でペタンコになりやすい方や
頭皮の汚れが気になる方は是非お試しください!


(右)ミント シャンプー フローズンリフレッシュ

すっきりとした冷涼感で、皮脂や汚れをしっかりと洗い流します。
皮脂分泌が多く頭皮のベタつきが気になる方におすすめです!


(左)ミント スパークリングシャンプー&スプレー


美容成分たっぷりの濃密な炭酸*泡で、地肌をスッキリ、髪はふんわりなめらかに。シュワっと心地よい刺激で気分をリフレッシュ。

こちらはなめらかなムース状で出てくるので髪への摩擦も気にならず、優しい使い心地です


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

美容その他 カテゴリの最新ブログ

美容その他のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:10/24~10/31)

プレゼントをもっとみる