2296views

【保存版】クレンジングの基本。どうやって選ぶ? 種類による違い・人気アイテムも(後編)

テーマ

#おうち美容

【保存版】クレンジングの基本。どうやって選ぶ? 種類による違い・人気アイテムも(後編)

前編をおさらい

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

クレンジングの基本、前編:なぜ必要? 正しいクレンジング「6つの掟」とは、ではクレンジングがなぜ必要なのか、正しく使うために気をつけたい点をお届けしました。後編では、クレンジングの種類による違いや選び方をご紹介します。

メイクの濃さはどこで判断?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

クレンジングを選ぶ際に「しっかり or 濃いメイクさんに」と表現されることが多いと思います。濃さをどこで判断するかというと、カバー力のあるファンデを使っていたり、ベースメイクでコンシーラーやファンデ、パウダー、シェーディングなど複数アイテムを使用している場合は、しっかりメイクに該当します。化粧直しを何回かされる方も。

どこまでする?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最低でもフェイスラインまで。シェーディングをしている時などは特に。本当は首までクレンジング・洗顔できるとベスト!顔全体のトーンを明るく、均一に見せてくれます。

クレンジング、何を選べばよい?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

オイル、クリーム、ミルク…など種類が豊富。香りやテクスチャー、洗いあがりなどの好みによる選び方もありますが、それぞれの特徴(オススメ商品も)をみてみましょう。

オイルタイプ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

油性の成分がメインのクレンジング料。洗浄力が高く、オイリー肌の方・早く落としたい方・しっかりメイクをしている時にオススメ。サッと落とせて楽なので、お店でも1番人気のクレンジング料。

終わりの合図は90秒

クレンジング料とメイクをなじませた後、少量の水を手に加え、顔になじませていくと白く濁ります。これが「乳化」と呼ばれるもの。優しくクルクルし、全体が白っぽくなってきたら洗い流します。だいたい90秒くらい。

乳化のメリット

たったひと手間の乳化でいいことはたくさん。
・汚れがしっかり落ちる
・ゴシゴシ洗わなくてOK
・メイクの洗い残しが少なくなる
・すすぎ洗いがとっても楽

乳化の動画あります

こちら公式インスタグラムにて乳化の様子、撮影しています。ぜひご参考ください!

人気のクレンジングオイル

アテニア/スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ

175ml・1,700円

酸化・糖化によるくすみ・毛穴ケアができるオイル。柑橘系の香り、サッと落とせるのに潤いは逃がさない、コスパの良さも人気◎

バームタイプ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

クレンジング料を半固形に固めたもの。体温や押しつぶす圧で溶け、オイル状に変化。W洗顔不要、面倒だから早く落としたい方におすすめ。洗浄力はオイルと同じですが、半固形なので肌にのせたときに厚みがあり、摩擦になりづらいです。

オイル状に代わってから90秒

クレンジングオイルと同様、油性の成分が多いので、しっかり「乳化」をして落としましょう。

人気のクレンジングバーム

DUO(デュオ) /ザ クレンジングバーム

90g・3,600円

クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントと1つで5役。年齢肌に適した31種類の美容成分が配合されているので、肌にハリ・潤いを与え、乾燥小ジワをケアしてくれます。

▲公式通販でもお取り扱い中!


リキッドタイプ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

水性の成分がメインのクレンジング料。洗浄力は高めなので、濃いメイクにも◎ オイルのベタつきなどが苦手な方にオススメ。まつエクの接着剤(グルー)はオイルに弱いものも多いため、オイル配合がないものを選べば、まつエクをしてても使用可能。

理想は2枚重ねで落とすこと

コットンなどでどうしても摩擦が生じてしまうので、含ませたら、力を入れずにやさしくふきとりましょう。理想は2枚重ね。余分な力を入れてしまうと、キメが乱れてしまうので注意。

人気のリキッドクレンジング

チャコット フォー プロフェッショナルズ/クレンジングウォーター

500ml・1,200円

メイク落とし+洗顔+化粧水が1本になったオールインワンタイプ。濃いメイクも落としやすいのに、目にも肌にも優しい無添加・低刺激処方です。

▲公式通販でもお取り扱い中!


クリームタイプ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

使った後、肌がしっとりするのが特徴。乾燥肌、肌のごわつきが気になる方、少し肌が弱っている時に使うのがオススメ。マッサージクリームとして使うこともできます。洗い流すタイプ・ふきとるタイプとあるので、きちんと使用方法をチェックしてくださいね。

軽くなったら洗い流す合図

少し手の中で温めた後に、顔全体に伸ばしていきます。テクスチャーが軽くなってきたら、メイクとなじんで乳化したサイン。

人気のクレンジングクリーム

シェルクルール/ベーシッククリーム

130g・3,000円

お店では売上1位、低刺激性・天然オイル中心のクレンジング。肌が敏感な方や、様々な肌トラブルにお悩みの方に◎ 肌を健やかに保つ力をサポートしてくれます。

▲公式通販でもお取り扱い中!


ミルクタイプ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

洗浄力は低いですが、肌に優しい使い心地。洗いあがりもしっとり。肌が弱い方、乾燥肌の方、ライトメイクの方にオススメ。

終わりの合図は90秒以内

濃いアイメイク、リップメイクはミルクでは落ちきれないことが多いので、ポイントメイクリムーバーで先に落としておきましょう。乾いた手にミルクを取り、手の平で少し温めてから、顔全体にまんべんなくぬってクルクル、ぬるま湯で落とします。

人気のクレンジングミルク

カバーマーク/トリートメント クレンジング ミルク

200g・3,000円 / 400g・5,000円

スッキリ落ちるのに、刺激はなく、洗いあがりの肌は化粧水を忘れるほどのうるおい感。長年愛され、リピーターさんの多いクレンジングです。

ジェルタイプ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

水性(オイルフリー、オイルイン)と油性の2種類あります。ジェルは肌にのせたときに厚みがあるため摩擦、肌への負担が比較的少なめ。オイルは洗浄力が強すぎるけど、クリームはべたつくから苦手という方、肌負担が気になる方にオススメ。

終わりの合図は90秒

適量を手にとり、少し温めた後に顔全体にのばします。くるくると軽くマッサージするように汚れをジェルになじませ、乳化したら洗い流します。

人気のクレンジングジェル

Santa Marche(サンタマルシェ)/ディープクレンジング

400ml・1,600円

AHA、蒟蒻スクラブ、天然美肌成分配合。強力メイクや毛穴汚れも軽くなじませるだけで、するり。W洗顔不要でまつ毛エクステもOKです。1回に2~3プッシュ使用で、2~3ヶ月使えます!クレンジングを制する者は美肌を制す。
おうちにいる時間が長い今こそ、いつも使っているクレンジングの使い方を見直したり、次のクレンジング選びの時に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

クレンジング カテゴリの最新ブログ

クレンジングのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:6/1~6/8)

プレゼントをもっとみる