その化粧落としの方法って正しい?クレンジングについて知りたい!

アットコスメ > その化粧落としの方法って正しい?クレンジングについて知りたい!
その化粧落としの方法って正しい?クレンジングについて知りたい!
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

メイクをした日は必ず使用する「クレンジング」。メイクや汚れを落とすクレンジングは、スキンケアの基本となり、その日のメイクや肌の状態に合わせてクレンジングを選び、正しく使うことが大切です。ここでは、クレンジングの種類やそれぞれのメリット・デメリット、メイク別のおすすめクレンジングなどを詳しく紹介します。今一度おさらいをして、スキンケアの基本となるクレンジング方法を見直してみませんか?

1.クレンジングとは?

クレンジングは、メイクや毛穴に詰まった角栓や黒ずみなどの油性の汚れを落とすためのものです。
メイクや日やけ止めなどの油性の汚れは、水で洗い流そうとしても油が水を弾いてしまい、なかなか落とせません。
ほとんどのクレンジングには、水分と油分をなじませるために界面活性剤が配合され、メイクなどの汚れをすっきりと落とす働きがあります。
界面活性剤が含まれる量は、クレンジングの形状によって変わり、汚れを落とす力もタイプによってさまざまです。
クレンジングでメイクや毛穴汚れをしっかり落とさないと、その後のスキンケアの浸透を妨げてしまったり、残った汚れによって肌トラブルを起こしてしまうことも考えられます。
肌にとって必要なうるおいを保ちながらも、しっかりとメイク汚れを落とすクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

2.クレンジングの種類とメリットとデメリット

▶オイルクレンジング

オイルクレンジングは、普通肌脂性肌混合肌の方におすすめ。メイクを落とす力が強く、濃いメイクもすっきり素早く落とすことができます。
クレンジング力が高いため、極度の乾燥肌の方や、肌が敏感な方は使用を避けた方がいいことも。ただし、濃いメイクをした日やウォータープルーフの強い日やけ止めを使用した日などはオイルクレンジングでしっかり落とし、汚れを肌に残さないことが大切です。

オイルクレンジングのメリット

オイルクレンジングは、油分の多い落ちにくい化粧品も油で溶かして浮き上がらせて落とすことができるので、必要以上に肌をこすることなくメイクを落とすことができます。
常にしっかりメイクしている方や、皮脂汚れや古い角質、毛穴の汚れが気になる方におすすめなのがオイルクレンジングです。
濡れた手で使えるものや、お風呂場で使えるもの、ダブル洗顔不要なものなど、使い勝手がよいのも使用者が多い理由でしょう。

オイルクレンジングのデメリット

濃いメイクもよく落ちるので便利な反面、オイルクレンジングは肌に必要な皮脂や天然保湿成分も一緒に落としてしまいがちなので、乾燥しやすい肌の方は注意が必要です。
オイルクレンジングには界面活性剤が多く含まれる傾向があるため、肌へ刺激となってしまう可能性もあります。
界面活性剤は水と油を混ぜ合わせるために必要な成分で、メイクとオイルをなじませるもの。しっかり乳化してから洗い流すことで、肌への負担を軽減できるので、正しい使用方法を守るようにしましょう。

▶ジェルクレンジング

ジェルクレンジングとひとくくりにしていますが、実はベースとなる成分には大きく2種類に分かれています。
主に「水性ジェルタイプ」と「油性ジェルタイプ」の2種類があります。

ジェルクレンジングのメリット

とろみのあるテクスチャーで肌への摩擦を防ぎながら、メイクや汚れを絡めて落としやすいのがジェルクレンジングのメリット。
水性ジェルタイプは、クレンジング力が穏やかなのでナチュラルなメイクのクレンジングに適しています。刺激が少なく、敏感肌乾燥肌の方が使いやすいのが水性ジェルタイプのメリットです。
油性ジェルタイプは、クレンジング力が高く、濃いめのメイクでも落としやすいのが特長。ベタつかずさっぱりと洗い上がる製品が多くあります。

ジェルクレンジングのデメリッ

水性ジェルタイプは、ウォータープルーフマスカラ落ちにくい口紅などのポイントメイク、リキッドやクリームタイプのファンデーション落ちにくいものが多く、ポイントメイク落としなどの専用クレンジングが必要になることがあるので注意が必要です。
油性ジェルタイプはオイルクレンジングと同様、クレンジング力が高いため、肌への刺激となってしまう可能性もあります。乾燥肌敏感肌の方は避けておくのがベター。メイク汚れとなじませたら乳化させ、よくすすいで洗い流すようにしましょう。クレンジング・洗顔後の保湿ケアも忘れずに。

▶ミルククレンジング

ミルククレンジングは、クレンジング力が比較的穏やかで肌にやさしい使い心地のクレンジング剤です。
なめらかなテクスチャーでメイク汚れとなじみやすく、肌が乾燥しやすい方も使いやすいのが特長です。
ミルククレンジングの中でも、拭き取るタイプと洗い流すタイプの2種類があります。
クレンジング力の穏やかな製品が多いので、ウォータープルーフマスカラ落ちにくい口紅などはあらかじめポイントメイク専用クレンジングを使って落とすようにしましょう。

ミルククレンジングのメリット

ミルククレンジングは、なめらかなテクスチャーで肌当たりがやさしく、肌への負担が少ないため、乾燥肌敏感肌でも使いやすいクレンジング剤です。肌にとって必要なうるおいを残しながらメイクを落とすことができます。ナチュラルメイクをやさしく落とすならミルククレンジングがおすすめです。

ミルククレンジングのデメリット

ミルククレンジングは肌にやさしい反面、クレンジング力が穏やかなため、メイクを落としきれない可能性もあります。
ウォータープルーフマスカラ落ちにくい口紅などのポイントメイクは、あらかじめ専用クレンジングで落としてからミルククレンジングを使いましょう。
メイクが落ちにくいと感じ、余計にこすってしまうこともあるので注意が必要です。長時間くるくるとこすってしまうと、肌への刺激となり乾燥をまねくことも。濃いめのメイクには、クレンジング力の高い他のクレンジングを使うようにしましょう。
拭き取りタイプのミルククレンジングは、拭き取る際の摩擦が肌にとって刺激になりやすいので、使用量や使用方法に注意が必要です。

▶リキッドクレンジング

リキッドクレンジングは、サラッとした水のようなテクスチャーで、比較的クレンジング力の高いクレンジング剤です。
製品にもよりますが、界面活性剤が多く含まれているため、リキッドファンデーションウォータープルーフの日やけ止めなど、濃いめの崩れにくいメイクを落としやすいのが特長。クレンジング力はオイルクレンジングと並んで高めの製品が多く、オイルフリーのタイプと、オイルの入っているタイプがあります。さらに、洗い流すタイプの他、拭き取るタイプもあります。使用法は製品の説明に従って正しく使うようにしましょう。

リキッドクレンジングのメリット

リキッドクレンジングはみずみずしくサラサラとしたテクスチャーでメイクなじみがよく、爽やかな洗い上がりが特長。
濃いめのメイクもすっきり落としやすく、ヌルつきが残りにくいので、さっぱりとした使い心地が好みの方におすすめ。
製品にもよりますが、濡れた手でも使えるものが多く、入浴時に使いやすいのもメリットです。

リキッドクレンジングのデメリット

オイルクレンジングと同様、クレンジング力が高いものが多いため、肌への刺激となってしまう可能性もあります。
乾燥肌敏感肌の方は避けておくのがベター。クレンジング・洗顔後の保湿ケアも忘れずに。
その一方で、リキッドクレンジングの製品によってはクレンジング力が低く、ウォータープルーフマスカラやアイライン、落ちにくい口紅などは専用クレンジングで落とす必要があることも。メイクが落ちにくいと感じ、余計にこすってしまうこともあるので注意しましょう。
拭き取りタイプのリキッドクレンジングは、拭き取る際の摩擦が肌にとって刺激になりやすいので、使用量や使用方法に注意が必要です。

3.メイク別、クレンジングの選び方

クレンジングを選ぶときの基準となるのが“ベースメイクの濃さ”です。
ベースメイクを濃いめに仕上げているときはオイルクレンジングリキッドクレンジングに、薄めのナチュラルなベースメイクのときはミルククレンジングや水性のジェルクレンジングを選ぶなど、ベースの濃さに合わせてクレンジングを選ぶようにしましょう。
ウォータープルーフのアイメイクや落ちにくい口紅などのポイントメイクはあらかじめ専用クレンジングで落としておくことで、色素沈着の予防にもなり、肌への刺激も少なく済みます。クレンジング力の穏やかなものを使う場合は、ポイントメイク専用クレンジングの併用がおすすめです。

普段のメイクがハードメイク寄りの方

リキッドファンデーションクリームファンデーションなど油分の多いファンデーションベースメイクを仕上げている場合は、オイルクレンジングや油性のジェルクレンジングリキッドクレンジングを使い、メイクを溶かすようにクレンンジングを行いましょう。ウォータープルーフマスカラやアイライン、落ちにくい口紅なども1本ですべて落とせるものも多く、クレンジングに手間をかけたくない方にもおすすめです。
シーンや気分によってベースメイクの種類を使い分けている場合は、クレンジングも数種類用意して、その日のメイクに合わせたクレンジングを使うようにするのがおすすめです。

普段のメイクがナチュラルメイク寄りの方

薄づきパウダーファンデーションミネラルファンデーションCCクリームBBクリームベースメイクを仕上げている場合は、ミルククレンジングや水性のジェルクレンジングでやさしくクレンジングしましょう。
ウォータープルーフマスカラやアイライン、落ちにくい口紅などは、専用クレンジングであらかじめ落とすようにしましょう。
落ちにくいからとゴシゴシこすったり、量をケチってしまうと肌への摩擦となり、乾燥の原因となるのでNG。適量を守り、正しい使い方でクレンジングしましょう。

マツエクをしている方

マツエク(まつ毛エクステンション)をつけている方は、油分を含まないオイルフリーのクレンジングを使いましょう。
オイルの入ったクレンジングは、マツエクの接着剤をはがれやすくしてしまう可能性があります。
せっかくキレイに仕上げたマツエクを長持ちさせるためにも、水性ジェルクレンジングリキッドクレンジングなど“オイルフリー”の表記があるクレンジングを使うようにしましょう。

ポイントメイクには

ウォータープルーフマスカラやアイライン、落ちにくい口紅などを使っている場合は、ポイントメイク専用のクレンジングを使って先に落とすようにしましょう。
メイクアイテムの色素沈着を防いだり、落ちないクレンジングでゴシゴシこすることもないので肌への刺激を抑えることにもつながります。

4.肌にあったクレンジングを使ったときのメリット

その日のメイクや自分の肌質に合ったクレンジングを使うことで、メイク汚れをしっかり落とすことは、その後のスキンケアのなじみを高める効果もあります。
乾燥肌敏感肌の方はミルククレンジングや水性のジェル・リキッドタイプのクレンジングを使うことで、肌への負担を減らし、乾燥の予防につながります。
普通肌の方はクレンジングのタイプを選ばず使いやすいので、メイクの濃さに合わせて好みのクレンジング剤を選びやすいでしょう。
脂性肌の方は、オイルフリーのジェルクレンジングリキッドクレンジングがおすすめ。なめらかなテクスチャーで肌をこすることなく、うるおいを奪いすぎずにクレンジングできるため、皮脂分泌の盛んな肌にも使いやすいはず。
落としにくいリキッドファンデーションクリームファンデーションはできるだけ使用を避け、落とす力の高いクレンジングを使わないようにするのも対策のひとつです。
混合肌の方は、脂性肌と同様、オイルフリーのジェルクレンジングリキッドクレンジングがおすすめ。肌質に合わせたベースメイクを選ぶことで、肌にとってやさしいクレンジング選びにもつながります。

どの肌質も共通して、クレンジングの使用方法や使用量を守って使うことが大切です。

5.肌にあっていないクレンジングを使ったときのデメリット

その日のメイクや肌の状態に合わないクレンジングを使ってしまうと、クレンジングでメイク汚れを落としきれず、肌荒れの原因になってしまったり、反対に必要なうるおいまで落としてしまって乾燥が進行してしまうことも考えられます。

乾燥肌の方がクレンジング力の高いオイルクレンジングや油性のジェル・リキッドクレンジングを使い続けると、うるおいを奪いすぎてしまい、さらに乾燥しやすくなることも考えられます。落としやすいベースメイクを選ぶようにすることも、クレンジングによる乾燥予防につながります。

脂性肌の方が油分の多いクレンジングを使うと、落とし残しがニキビや吹き出物の原因になることも。使用方法に気を付けることと、肌に合うクレンジング選びが重要となります。

濃いめのメイクをした日に、乾燥肌だからと油性のメイクを落としにくいミルククレンジングで、時間をかけてゴシゴシ落としてしまっては、肌にとっては逆に負担になることも。クレンジングを肌の上に長時間のせることで肌は乾燥しやすくなり、ゴシゴシとこすることで肌が傷つき、バリア機能の低下を招いてしまいます。濃いメイクは、油性のクレンジングで素早く落とし、その後のスキンケアで保湿を徹底する方が、かえって肌への負担は少なく済む場合がほとんどです。

その反対も同様、薄いナチュラルメイクの日にクレンジング力の高いオイルクレンジングや油性のジェルクレンジングを使うと、メイクだけでなく必要なうるおいも奪ってしまいがち。肌へのダメージを最小限に抑えるなら、ミルククレンジングや水性のジェル・リキッドクレンジングを使い、うるおいを逃さないようにしましょう。

6.基本的なクレンジングの使い方

自分のメイクや肌質に合わせたクレンジングを選んだら、正しく使うことがとっても重要です。
間違った使い方をすると、肌を摩擦で傷つけてしまったり、乾燥の原因になってしまうことも。
その日のメイクや肌の状態に合わせたクレンジングを使い、正しい使用方法で肌への負担をなるべくかけないようにしましょう。
ここでは、基本的なクレンジング(洗い流すタイプ)の使い方を紹介します。

▶クレンジングの前に手を洗う

手が汚れた状態でクレンジングをすると、手についた雑菌なども肌に広げてしまうことに。
ハンドソープなどで手を洗い、清潔にしてからクレンジングをはじめましょう。

▶ポイントメイクを落とす

ウォータープルーフマスカラやアイライン、落ちにくい口紅などは、ポイントメイク専用クレンジングで先に落とすようにしましょう。
(※オイルクレンジングや油性のジェルクレンジングリキッドクレンジングで落とす場合を除く。)

▶クレンジング剤を肌に広げる

クレンジング剤を適量手のひらにとり、両手で温めて肌になじみやすくしてから、顔に広げるようにしましょう。
Tゾーン(おでこ、鼻)から頬、目や口元などの順番に広げ、メイクを浮かせるように手早くなじませます。
クレンジングの量は適量を守り、肌への摩擦が気になるようだったら足して、直接こすらないようにしましょう。

▶乳化する

油性のクレンジングを使用している場合は、ぬるま湯を手にとり、肌の上になじませて乳化させます。
白く濁り、メイク汚れを浮かせることですすぎやすくなります。
(※乳化が不要な水性タイプのクレンジングは乳化不要です。)

▶よくすすぐ

できるだけ人肌に近い36〜38度くらいのぬるま湯でよくすすぎ洗いをします。
大量のぬるま湯でいきなりすすぐと、メイク汚れが落としにくいこともあるので、少量ずつすすぐのがポイントです。
冷たい水を使うとメイクが落としにくく、40度以上の熱いお湯では肌に必要な皮脂まで落として乾燥の原因になってしまうので、ぬるま湯ですすぐのがベストです。

以上のような方法で手早く行い、なるべく肌に負担をかけないようにクレンジングしましょう。

7.オールインになっているクレンジングって効果あるの?

1本で「クレンジング」と「洗顔」が完了するオールインタイプの多機能洗顔料は、時短にもなるので忙しい女性に人気のタイプ。
1度にメイクなどの油性汚れと、古い角質汚れなどの水性汚れのどちらも落とせるので、ダブル洗顔が不要となっています。
ほとんどの場合油分が含まれているので、肌の上で乳化させてから洗い流すようにしましょう。
正しく使えば時短になり、洗顔が不要なので肌への負担も軽減できるアイテムです。

8.クレンジングでマッサージってしていいの?

クレンジングの種類によってはマッサージ効果をうたっているものもありますが、基本的にクレンジングでマッサージはおすすめできません。
理由としては、ほとんどのクレンジングには界面活性剤が含まれていて、長時間肌にのせていると、肌本来のうるおいまで奪い、刺激となってしまうからです。
クレンジングはなるべく手早く行い、肌に必要なうるおいを奪いすぎないようにするのが基本です。
マッサージをするとどうしても時間がかかってしまい、肌をこすってしまうので、避けておくのがベター。
どうしてもマッサージしたい場合は、専用のマッサージクリームを使うようにしましょう。

9.まとめ

クレンジングの基本について詳しく紹介しました。
その日のメイクや肌の状態に合わせたクレンジング選びと、正しい使い方を守ることがとっても大切。
今一度おさらいをして、基本のクレンジング方法を見直してみてくださいね!

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

みんなの推しコスメは?クチコミまとめ

アットコスメが予測!2024下半期の美容トレンド

注目の夏新作コスメ特集

2000名様にベスコスサンプルプレゼント

ベスコス2024上半期をまとめてチェック!

みんなのクチコミから選ばれたベストコスメ