2016年7月7日 更新

ゆるふわミディアムに◎!おすすめトレンドカラー5選

かわいらしい女性を目指すなら、断然ゆるふわミディアムがおすすめ! 今回はそんなゆるふわミディアムを2016年夏のトレンドカラー別にご紹介します。

ゆるふわミディアムでモテヘアになろう♪

女性らしさをプラスしてくれる
雰囲気に女性らしさをプラスしてくれるゆるふわミディアム。外国人風の雰囲気でかわいらしいゆるふわミディアムに憧れている女性も多いのでは? 今回は、そんなゆるふわミディアムを2016年夏のトレンドカラー別にご紹介します。ヘアスタイルやカラーでお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

色落ちも楽しむ「スケルトングレー」

色落ちしても分かりにくい
黒髪にグレーをプラスしたスケルトングレー。色落ちしても分かりにくく、何度も染め直す必要がありません。
オフィスでも問題なし
スケルトングレーは目立つカラーではないので、オフィスでも全く問題なし! ゆるふわミディアムとの相性も抜群です。
カジュアルな雰囲気がgood
パーマをかけた後に動きがでるよう、スタイリング剤でスタイリングしています。カジュアルでラフな雰囲気がgood!

明るい雰囲気の「ライトブラウン」

明るいトーンが特徴的
若い女性を中心に支持を集めているライトブラウン。明るいトーンが特徴的なヘアカラーです。
ワックスでセットするだけ
モデルの髪量が多めなので、重くならないようレイヤーが入っています。ワックスで動きをつけてあげればでき上がりです。
抑えめのトーン
髪色はライトブラウン。明るすぎないトーンを使用しているので、オフィスでも問題ないと思います。

ナチュラルな「ヌーディーベージュ」

ヌーディーカラーとは
ヌーディーベージュはヌーディーカラーに分類されるカラー。ちなみに肌色に近い色のことをヌーディーカラーと呼びます。
不自然さがない
ヌーディーベージュは肌の色に近いカラーなので、仕上がりに不自然さが全くありません。また、ゆるふわミディアムとの親和性もかなり高いです。
お嬢様風
ヌーディーベージュにコスメパーマをかけたゆるふわミディアム。お嬢様風でエレガントな雰囲気に仕上がっていますね。

「コーラルピンク」は今のトレンド!

2016年大注目のトレンドカラー
コーラルピンクは2016年大注目のトレンドカラー。若い女性を中心に支持率急上昇中なのだそう。また、女性だけではなく、男性からの人気も高いです。
色合いに暖かみがある
暖かみのある色合いが特徴的なコーラルピンク。オレンジとピンクが合わさったような色合いが魅力的です。
ゆるふわミディアムとの相性抜群
コーラルピンクはゆるふわミディアムとの相性抜群! また、雰囲気に明るさをプラスしてくれます。

「ピンクブラウン」で大人かわいく

かわいい女性を目指したいなら
キュートな女性を目指したいならピンクブラウンがおすすめ。ピンクブラウンは髪にかわいさと爽やかさをプラスしてくれます。
小顔効果あり
知らない方がほとんどだと思いますが、ピンク系のカラーには顔が小さく見える小顔効果があります。また、髪を軽く見せる効果も。
カジュアルでかわいい
パーマをかけた後に全体的にレイヤーを入れています。カジュアルでかわいらしいヘアスタイルですよね。ある程度の長ささえあれば、誰にでも可能です。
ゆるふわミディはフェミニンでキュート、人気のヘアスタイルです。今回ご紹介したおすすめカラーは魅力的なものばかり。なりたい雰囲気やビビッときた色で選んでみてくださいね♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
秋の新定番♪大人かわいい前髪「マッシュバング」にチェンジ♡

秋の新定番♪大人かわいい前髪「マッシュバング」にチェンジ♡

大人カワイイ前髪、マッシュバングが大ブームの兆しを見せています♪どこか70'sっぽいけど古臭くない、そんな進化形のマッシュバングにオシャレ人たちが大注目!
2016夏最旬♡ 今ドキ大人女子のモテ髪「ルーズウェーブ」

2016夏最旬♡ 今ドキ大人女子のモテ髪「ルーズウェーブ」

今のトレンドはやっぱり張り切り過ぎない、がんばり過ぎない、そんな抜け感。ルーズウェーブなら、そんな”こなれ女子”の雰囲気を作れちゃいます♪今まさに波が来ている最新モテ髪を要チェック!
mat

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Reet Reet