毛穴落ちやファンデのよれを直すには?メイク講師に聞く、化粧直しのやり方

アットコスメ > 毛穴落ちやファンデのよれを直すには?メイク講師に聞く、化粧直しのやり方
毛穴落ちやファンデのよれを直すには?メイク講師に聞く、化粧直しのやり方
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

メイクレッスン専門店「MAMEW(マミュ)」のメイク講師に、化粧直しの基本を教えていただきました。

教えてくれたのは

パーソナルメイクアップサロン MAMEW(マミュ)

経験豊富な講師を独り占めしてメイクスキルを学べる、老舗のメイクレッスン専門店。お顔の分析手法の一つとして、2007年よりパーソナルカラー診断を取り入れている。メイクのプロが診断するので、似合う色やアイテムがわかるだけでなく、実際のメイクで実感できる垢抜け体験が魅力。東京・原宿にある@cosmeの旗艦店「@cosme TOKYO」1階のほか、新宿と銀座に店舗を展開。

化粧崩れの原因

クレンジングオイルを思い出すとわかる通り、基本的にメイクは油分と混ざることで崩れます。また、汗や乾燥も化粧崩れの原因です。ベースメイクは油分の多いアイテムを広い範囲で使うため、崩れがとくに目立ちやすいです。

☑皮脂が分泌されやすい箇所
Tゾーンはもともと皮脂が分泌されやすい箇所です。

☑乾燥によって皮脂が過剰分泌されている
保湿が足りず乾燥しているために、過剰な皮脂が分泌されることがあります。毛穴が開くのは、保湿不足によることが多いです。

スキンケアの油分が多い
油分の多いアイテムを使ったときなど、テカテカした状態のままメイクを始めると崩れやすくなります。

スキンケア不足で乾燥している
乾燥によるひび割れや、スキンケア不足でベースメイクの密着度が低い場合も崩れにつながります。

ベースメイクの崩れを防ぐには?

☑メイク前のスキンケアを丁寧に
☑厚塗りに気を付ける

メイク前のスキンケアは一番重要です。保湿が足りていないことが多いので、まずはうるおいをしっかりと与えましょう。

厚塗りも崩れやすくなる原因です。ベースメイクの層が厚いと、どろっとしたり、よれてムラになったりした箇所が目立ちやすくなります。本当に必要なベースメイクの量を見極めることがポイントです。

関連記事ではスキンケアとメイクのコツを解説しています。

化粧直しの基本ステップ

❶メイクが崩れたりよれたりした箇所をオフする。肌状態によっては保湿する。
❷落ちたメイクをカバーするアイテムを重ねる。

崩れた状態のまま上から塗り直すのはNG! 必ず、崩れた部分を一度おさえてから、必要に応じて直します。

化粧直しにおすすめの持ち歩きアイテム

基本のアイテム

・ティッシュ
・綿棒
フェイスパウダー
口紅

大幅に直す必要がない場合、これだけあれば十分です。

悩みにあわせて

・オフ用の乳液
コットンスポンジ
・保湿ミスト、保湿スティック
アイブロウアイライナーコンシーラー など必要なもの

ティッシュでおさえるだけではどうにもならない、崩れが激しい箇所は、乳液やクリームなどの油分をなじませるとオフできます。ドラッグストアで手に入る、「ビオレ」などから出ているメイク直しシートも便利です。

ベースメイクの直し方

①崩れてよれた部分のメイクをおさえる・保湿する

☑崩れた箇所をティッシュでおさえる
☑崩れがひどい場合は乳液を使ってオフ
☑乾燥が気になる場合は保湿

崩れた状態のまま上から塗り直すのはNG! 必ず、よれた部分を一度おさえてから、必要に応じて直します。

皮脂や浮いたファンデーションなどは、ティッシュをのせて上からやさしくおさえることでオフできます。あぶらとり紙と比べて皮脂をとりすぎないので、ティッシュがおすすめです。

乾燥が気になる場合は、上からミスト化粧水で保湿します。スプレーしたら手で軽くなじませましょう。

毛穴落ちやよれがひどく色ムラが気になる部分には、乳液など油分を含んだものをピンポイントでなじませて、一度落としてしまう方法もあります。コットンスポンジに少量をとって、必要な箇所になじませます。

乾燥でひび割れしている場合は、とくに保湿が必要です。よれた部分や小じわの目立つ部分を、ミスト化粧水コットンにとった乳液でおさえてなじませます。保湿することで、次に使うフェイスパウダーなどがのりやすくなります。

油分を含んだものでおさえると日焼け止めまでとれてしまうので、必要に応じて塗り直しましょう。

②必要に応じてカバーする

よれや浮きを整えたあと、必要があれば上から重ねてカバーします。このときにいろいろと塗り重ねると、厚塗りや汚く崩れる原因になるため、フェイスパウダーを薄く重ねるくらいにとどめるのがおすすめです。

フェイスパウダーパフでつけるよりも、ブラシでつける方が薄くつけられます。つけすぎると、余計にくすむ原因になります。持ち歩きできるサイズのブラシがあると便利です。

ポイントメイクの直し方

ポイントメイクの崩れを防ぐには?

☑目もとに油分をつけすぎない
☑パウダーでまぶたやまつげの油分をおさえる

マスカラアイライナーなどが落ちてパンダ目になってしまう場合、まぶたやまつげについたスキンケアベースメイクの油分が原因となっています。また、パウダーアイシャドウなどの粉は、油分を吸うとくすむことがあります。

メイク前のスキンケアは、べたつかずに保湿できるものがおすすめです。まぶたにはファンデーションをのせすぎないようにしましょう。

アイメイクを始める前に、まぶたのキワや目の下、眉の中までフェイスパウダーをなじませて、スキンケアベースメイクの油分をおさえてサラサラにしておくことで、崩れを防ぐことができます。アイシャドウ用のブラシを使うと細かい箇所までパウダーをのせられます。

崩れた箇所をピンポイントで落とす

乳液をつけた綿棒などで落とす
☑油分をおさえる

ポイントメイクは崩れたところをピンポイントで直すことが大切です。目もとのメイクが落ちて黒くなってしまった箇所を直す際は、広範囲に広げてしまわないよう、綿棒を使ってピンポイントで落としましょう。

乾いた綿棒で落ちにくい場合は、乳液など油分のあるものを少量なじませて使います。肌への負担になるので、擦りすぎに注意。

乳液の量が多いと、その後のよれやくすみの原因になるので、ほんの少しでOK。上からメイクをのせる前に、一度油分をティッシュなどでおさえて、フェイスパウダーをなじませましょう。

取材協力:パーソナルメイクアップサロン MAMEW(マミュ)

(アットコスメ編集部)

あわせて読みたい

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

みんなの推しコスメは?クチコミまとめ

アットコスメが予測!2024下半期の美容トレンド

注目の夏新作コスメ特集

2000名様にベスコスサンプルプレゼント

ベスコス2024上半期をまとめてチェック!

みんなのクチコミから選ばれたベストコスメ