「予防美容」で老化に先手必勝!\美人女医に聞く/今すぐ始めるべき美肌&美髪ケア

 >  > 「予防美容」で老化に先手必勝!\美人女医に聞く/今すぐ始めるべき美肌&美髪ケア
「予防美容」で老化に先手必勝!\美人女医に聞く/今すぐ始めるべき美肌&美髪ケア
  • ツイートする
  • シェアする
  • 送る

同じ年齢にも関わらず若々しさを保っている女性とそうでない女性、彼女たちの違いは何か考えたことがありますか?老化は誰にでもおとずれるもの。しかし、老化のスピードは変えることができるとしたら?悩みが増えるたびに化粧品を頻繁に変えたり、一発逆転を狙ってスペシャルケアを取り入れたり…正解の分からないケアに試行錯誤する前に、始めるべきは「予防美容」です。

美しく歳をとるために。知っておきたいのは「予防美容」という考え方

シミ、しわ、たるみ、白髪、薄毛、ボディラインの下垂…これらが目に見えて現れる前に先手を打って、美しさと若々しさをキープしようというのが「予防美容」の考え方。ここでは、私たちがお手本にしたい、美容・健康のスペシャリストである美人ドクターに“今すぐ取り組むべき予防美容法”について徹底取材しました。

予防美容について教えていただいたのは…

【貴子先生】
美容外科・美容皮膚科・メディカルエステのクリニック『松倉 HEBE DAIKANYAMA』院長。日本形成外科学会認定専門医。抜群の美貌と患者の目線に立つ治療方針には多くのファンを持つ。

【丸田佳奈先生】
産婦人科医・モデル・タレント。産婦人科医として活躍する傍ら、テレビや雑誌等のメディアなどで美や健康に関する情報を発信。

【浜中聡子先生】
ウィメンズヘルスクリニック東京 院長。女性の頭髪悩みに早くから着目し、的確なアドバイスと治療で多くの女性から支持を受けるパイオニア的存在。

スキンケアで取り入れるべき「予防美容」

紫外線を浴び続けるとシミができることはよく知られていますが、紫外線は見た目の印象を左右するシワやたるみまでも引き起こします。「肌老化の原因は……

女性ホルモンの分泌量は10代から上昇し、20代でピークを迎えた後は徐々に減少していきます。女性ホルモンのなかでも肌の水分保持やハリ、弾力を保つ……

美肌を保つために紫外線ケアと同じくらい大切なのが、保湿ケア。乾燥はすべての肌老化の兆候を悪化させるだけでなく、化粧品の効果もうまく引き出すことができなくなり…

紫外線をよく浴びる人、タバコを吸う人、ストレスが多い人、睡眠不足、脂質の多い食事、食品添加物などは年齢に関わらず、老化の原因となる活性酸素が増え……

お肌の曲がり角といえば20代半ばと思いがちですが、実はもう1回あるんです!1回目の肌の曲がり角は20代半ば〜後半に。2回目は……

美髪をキープするために必要なこと。それが髪の「予防美容」

「髪は女の命」という言葉があるように、美しい髪はいつの時代も女性の憧れ。

でも、キレイになるはずのパーマやカラーの繰り返しが、髪を傷めてしまうという悲しい現実が…。さらに年齢を重ねていくと思うようにヘアスタイルがきまらなかったり、抜け毛や薄毛、白髪、髪のうねりという新たな悩みも出現。

毎日しっかり肌のお手入れをしている人が年を重ねても美肌を保っているように、いつまでもハリ・コシのあるサラツヤ髪を保つために、私たちが今できること。それは髪と頭皮の「予防美容」です。

ヘアケアで取り入れるべき「予防美容」

女性ホルモンが減少すると、肌だけでなく髪にも影響が出始めることを知っていますか? 「ハリやコシのある髪を作るために必要な女性ホルモン“エストロゲン”が、20代をピークに減少することで、髪質に変化が起こってきます…

紫外線が強くなる夏は、日やけ止めや保湿ケアなどスキンケアに対する意識は高くなりますが、髪や頭皮まで気にしている人はそれほど多くないかもしれません。「秋になる急に抜け毛が増える」と感じたことはありませんか?実はそれ…

どんなにヘアスタイルがきまっていても、コシやハリのないゴワゴワヘアでは逆に老けた印象を与えてしまいます。美髪を保つには特別なことをしなくても、毎日のちょっとした習慣を変えるだけでいいのです。まずは…

特別なケアより、毎日のちょっとした習慣の積み重ねが美髪を保つ秘訣です。髪のアンチエイジングは早ければ早いほど効果的。悩みが表面化する前に…

取材・文/中村千夏

  • ツイートツイートする
  • シェアシェアする
  • LINEで送る送る

注目トピックス

パーソナルカラー診断

保存版 2017秋新色&新作コスメ

ポーチの中身を見せて♪

肌にもおいしい!日本酒コスメ

日本コスメの魅力を再発見!