2015年12月25日 更新

愛しすぎても長く続かない!“適度な距離感”を保つコツ♡

彼に尽くしたら、ずっと幸せが続くかといえばそうではありません。今回は彼と“適度な距離感”を保つコツをご紹介します♪

4,352 view

一緒にいるだけが愛じゃない!

適度な距離が必要♪
学生時代は、少し時間ができれば彼の元へと向かっていた…。でも、大人になるにつれて、彼だけが全てではない、と少しずつ感じ始めますよね。

どんなに一緒にいても別れるときは、あっという間に別れるもの。だからといって、最初から別れを前提には付き合いたくないし、できれば、いつまでも思い出を共有していたい!

本当の「愛」はもしかしたら、側にいて支えてあげることだけではないのかもしれません。それに交際期間が長いほど、二人の間にほどほどな距離がありますよね♡そこで今回は、適度な距離感を保つコツについてご紹介してまいります。

一人の時間を大切にする

たまには一人でゆったりと…
週末は彼のために空けておく…でも、必ずしも毎週、彼に会えるとは限りません。恋愛体質から抜け出せずにいると、彼が自分よりも他の予定を優先しただけで機嫌を損ねているはず。でも、いつまでもお互い依存したままでは、成長はストップしてしまいますよ!

適度な距離を保ちたいなら、たまには彼には一週間会わずに、週末は一人で出掛けたり、お家にこもってまったりと過ごしてみたりと、おひとりさまを満喫してみてはいかが?

しばらく会わない期間を設けることによって会えたときの喜びもひとしお♪あなただけでなく彼にも一人の時間を大切にしてもらうことで、お互いの可能性が無限大に広がっていきます。

メールやLINEの頻度にこだわらない

メールやLINEは関係ない!
カップルのなかには連絡頻度にこだわる人もいますよね。しかし、こまめに連絡しているからといって、必ずしもそのカップルが長く続いていくかといえば、決してそうではありません。他のカップルと比較してみて、たとえ、あまり連絡していない状況が続いていたとしても、定期的に会えているなら何も問題はないはず。

自宅にいても彼のことばかり考えて、メールやLINEの返信を待っているようでは、いつまで経ってもお互いが依存した関係に。社会人になって、ある程度の年齢になってきたら、彼へ連絡するよりも、本を読んで見聞を広めたり、資格勉強をしたりと、自分の将来のために何か一つアクションを起こしましょうね!

友達と疎遠にならない

友達・仲間も大切に♡
彼氏との交際期間が長くなってくると、どうしても「家族」や「夫婦」のような感覚になってきて、つい彼だけいればいい、と思ってしまいがち。しかし、これでは適度な距離を保てているとはいえません。

今は関係が良好だとしても、男女の関係はほんの些細なことが原因であっという間に別れの危機が訪れる可能性もあるのです。そのときになって、ひとりぼっちにならないように、彼との関係が安定していても、友達とたまに会って、お互い刺激し合いましょう。

彼だって、きっとあなたに言えないだけであって、もっと友達と会いたいと思っているはず。
友達との時間も大切にすれば、自然と彼との間に適度な距離感が生まれてきます。あれこれと悩まずに、まずは恋愛以外のことにもきちんと目を向けてみて。

彼とずっと一緒にいたいなら適度な距離を

彼の側にずっといたい♪
彼とずっと一緒にいたいなら、なおさら適度な距離を保たないと、あっという間にお互い疲れ果ててしまいます。それぞれ一人の時間を大切にしながら、普段支えてくれる友達や家族とも思い出を深めることで、きっと恋愛も含め、人生そのものが充実していきますよ♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
カップル急増!? 冬は恋愛するのによい時期である8つの理由

カップル急増!? 冬は恋愛するのによい時期である8つの理由

そろそろ寒さが本格化してきました。ところで冬に始まった恋愛は長続きするというのは、ご存知でしょうか? ホント? と疑わしいと思いますが、これにはきちんと根拠があるんです。
Sato | 823 view
いつまでも色あせない♡ ずっと仲良しでいられる彼氏の特徴4つ

いつまでも色あせない♡ ずっと仲良しでいられる彼氏の特徴4つ

彼との愛を長続きさせるためには、そもそもパートナー選びに力を入れないと!今回は、ずっと“仲良し”でいられる彼氏の特徴をご紹介いたします。
Erica | 1,709 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Erica Erica