2016年6月16日 更新

好きな彼が実家暮らし! それって本当にデメリット?

実家暮らしの彼氏と付き合うメリットと、一人暮らしの彼氏と付き合うメリット。どちらのほうが良くてどちらのほうが負債となるの? 今回は、実際のところどうなのかを考えます。

2,563 view

どっちがいいの!?

実家暮らしの彼か? 一人暮らしの彼か?
何となく、社会人になっても実家暮らしの男の人って、「家事できなさそう」「頼りなさそう」「お金の管理が甘そう」、または「デートの度にお金がかかる」といったマイナスイメージが先行しがちですよね。でも、実際に実家暮らしの彼ってそんなにデメリットなのでしょうか? 一人暮らしの彼と双方のメリットを比べてみました。

実家派メリット① お金を貯めやすい

家賃分毎月貯められたら・・・!
一人暮らしをすると収入の中の1番大きな支出が家賃だったりしますよね。その家賃を支払わない実家派の彼は、例え実家にお金を入れていたとしてもたかがしれています。その分デートやプレゼントに期待ができるかも・・・? この先にあるかもしれない結婚やマイホームの夢も現実的になりやすい?

実家派メリット② 車がある

そうだ、ドライブデートしよう!
例え彼が車を持っていなくても、彼のご家族の誰かが持っていて借りられる可能性が高いのが実家暮らしの特権! 車があれば行動範囲が広がるため、二人でいろんな所へ出かけることができますね! 今の時代はレンタカーやカーシェアの時代だと言われてはいますが、やはり他社(他者)から借りるよりも身内から、しかも家の目の前にある車のほうが気持ち的にも気軽に借りられて便利なのは確かです。

実家派メリット③ お外デートで色々な場所を開拓しやすい

2人でいろいろな場所へ出かけ絆を深める!
彼のご家族がどんなに優しい人たちでも毎回毎回遊びに行ったり、ましてやお泊りするなんてご迷惑かもしれない。 そのため、自然と二人で外へ出かける機会が増えるはず。新しくできた遊園地やショッピングモールや映画館、日帰りで行ける温泉など、新たな発見と常に新鮮なデートができそうですね!

実家派メリット④ 彼のご両親と家族ぐるみでお付き合いができる

彼のことをもっとよく知るチャンス!
お付き合いするなら相手のことをもっとよく知りたいと思うのは当然のこと。そして家族やご両親は彼の人格形成上切っても切り離せないもの。だから、ご家族と会話をすることによって目の前の彼のことをより理解することができるかもしれない。例えば、自分には優しいのに母親には偉そうに指図する人は、将来結婚したら自分に対してもそうなる可能性大! とか、お父さんが亭主関白だと彼もそうなるかもしれない? など今まで見えてこなかった部分が明らかになるかも?

実家派メリット⑤ ご両親に気に入られたら・・・

「結婚はタイミング!」ってよく聞くけど、タイミングってつまり何?
「結婚は本人たちだけの問題じゃない」とはよく聞くセリフですが、実際に結婚に至ったカップルの話を聞くと、機が熟しての感動的なプロポーズ! だなんて本当に少数派で、実際はもっと生活に根付いたものだったりします。例えば、子供ができたから、不動産を購入するなら共同購入のほうが買いやすいからなど。二人だけの問題だとノラリクラリしてしまいそうなところを早めにツッコミを入れてくれるのが母親ってもんです! だから彼の母親と仲良くなることが最優先事項となります。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
すぐ近くにいるかも! 本当の運命の人を見分けるポイントとは?

すぐ近くにいるかも! 本当の運命の人を見分けるポイントとは?

さっきの彼こそ運命の人かも! 恋する乙女だったら、そんな風に考えたことありますよね? 今回はそんなときに、相手が本当に運命の人かどうか見極めるポイントをご紹介します。
Reet | 6,193 view
あなたも愛され女子に♡男性からも女性からも好かれる5つの理由

あなたも愛され女子に♡男性からも女性からも好かれる5つの理由

男性からも女性からも好かれる女性になるのは結構難しいですよね。男性受けを意識する女性に嫌われ、女性受けを狙うとモテなくなる。そんなあなたのために、男性からも女性からも好かれるテクをお教えします!
きいろ | 59,113 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Reet Reet