2016年7月18日 更新

次に注目はこの色! 話題のパープルグロスで魅惑のうるツヤ唇に

さまざまなカラーが流行り、去年から続くグロスブーム。今注目すべきカラーは「パープル」なんです! 今年の夏はラメ入りのパープルグロスで、魅力たっぷりの唇を手に入れましょう♡

16,169 view

ブルーの次に注目すべきグロスは「パープル」なんです♡

魅力的な口元で視線を釘づけに
リップグロスといえばイエローやブラック、ブルーとさまざまなカラーが流行しましたが、ネクストブームとして今大注目なのが「パープル」のグロス! うるツヤな唇に見せてくれるリップメイクで、魅力たっぷりの口元を叶えませんか? しかもラメが入ったグロスは夏の太陽に映えるので、とってもおすすめ♡ 今回はそんな中でもぜひゲットしたい1本についてご紹介します。

ジバンシイのジェリー・アンテルディ「エレクトリック・パープル」が話題

ウワサのパープルグロスといえば?
パープルグロスの中でも、グロッシィでジェリーのような質感の「ジェリー・アンテルディ」が話題になっているんです。スキンケア効果も併せ持ち、ふっくらとしなやかな唇に導いてくれます。カラーは8番の「エレクトリック・パープル」がSNSで注目の的! 見た目とは違ったクリアな発色とラメにラブコールが集まっているようです。その魅力に迫ってみましょう♡

ジバンシイ / ジェリー・アンテルディ商品情報 −@cosme(アットコスメ)−

ジバンシイ / ジェリー・アンテルディ商品情報 −@cosme(アットコスメ)−
化粧品のクチコミサイト@cosmeのジバンシイ / ジェリー・アンテルディの商品情報です!ジバンシイ リップグロスの口コミ(228件)や、Q&Aなどの情報をアットコスメでチェックできます。

「エレクトリック・パープル」の魅力を教えて!

手持ちのリップと合わせても◎
エレクトリック・パープルはクリアな発色の中にも、オーロラのような色合いのラメが入っているため、どの角度から見てもうるツヤでぷっくりした唇を叶えてくれます。また、ピンクのリップに重ねるとパープルが微かに合わさり、青みピンクに変化・・・と手持ちのリップにも合わせやすいのが魅力でもあるんです!

みんなのクチコミをSNSでチェックしよう!

ハッシュタグは「エレクトリックパープル」
見た目もかわいいからこそ、SNSにもアップしたくなりますよね! ポーチから取り出して、思わず自慢しちゃいそう。
GIVENCHYのスタメングロス
エレクトリックパープルの青ラメが
めちゃめちゃ可愛いー( ´ ▽ ` )ノ
毎日仕事の合間に可愛いもの見て
癒されている
テクスチャーもぽてっとしてなくて
軽いからとってもつけ心地がいい
ナチュラル派の方にも!
煌くラメが唇をほんのり染め上げてくれます♡ ナチュラルな気分のときはこれ1本でも良いですね。
ブルーとグリーンのラメが可愛い一本。
ラメも派手でなく、近くで見て分かる程度。
ベタベタせず、唇が疲れないのがいいです。
ぷっくり水を含んだような仕上がり。
色が可愛くて一目惚れしたエレクトリックパープルを買いました。
グロスは思ってたよりベタつきが少ないテクスチャです。
ブラシも塗りやすく、使いやすいです。
エレクトリックパープルは、単体では色が殆ど発色しません。
ブルーのラメがチラチラして綺麗。
手持ちの口紅の上に重ねると、いつもと違ったニュアンスになるので、気分を変えたい時にオススメです。

一緒に合わせたい! ラメが魅力のおすすめアイテム

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
話題のブルーグロスは挑戦済み? プチプラでGETして旬顔に♡

話題のブルーグロスは挑戦済み? プチプラでGETして旬顔に♡

RMKのリップジェリーグロスが火付け役となり、今やトレンドメイクに欠かせないアイテムとして大人気の「ブルーグロス」。今回はプチプラで手に入るブルーグロス5選ご紹介します。
yummy | 15,990 view
クボメイクでこの夏イチオシ! 黄ラメを今すぐ取り入れなくちゃ

クボメイクでこの夏イチオシ! 黄ラメを今すぐ取り入れなくちゃ

クボメイクで知られているメイクアップアーティスト、久保雄司さんがこの夏、メロン色に並んで推しているのが「黄ラメ」メイクです。黄ラメメイクについておすすめのコスメと合わせてご紹介!
Reet | 17,955 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Maria Maria