2015年9月17日 更新

うまくいくカップルの秘訣は「悪いクセを○○と思える」こと♡

あなたにとっては悪いクセでも、彼からみると「可愛い!」と思えるポイントかもしれません。うまくいくカップルはその悪いクセを愛せるからこそ、うまくいっているのかも?!

3,840 view

「悪いクセまで可愛い!」って思ってくれる人に出会いましょう♪

「その悪いクセ、僕は愛せます!」って男性に出会いたい♪
女性によくある悪いクセ。自分ではわかっているんですが、なかなか改善することができなくて、「やだなー」と自己嫌悪してしまうこともありますよね。ですが、そんな悪いクセでさえも「可愛い!」と思ってくれる男性は少なくないんですよ!うまくいくカップルはその悪いクセを愛せるからこそ、うまくいんです♪

悪いクセ その1 ずばずばと言いたいことを言ってしまう

あーまた言い過ぎちゃった!と反省する女子は多いはず。
心を許した相手には自分の言いたいことをそのままストレートに言ってしまう悪いクセ。言い方を工夫すればもっとやんわりと伝えられるのにどうしてもそれができないの、とお悩みの女性も多いと思います。でも、男性からすれば「そんな言い方しなくてもいいのに」と思うのと同時に「たしかにその意見は正しいよなぁ」とか思うし、あなたがはっきり言うことで彼がそのことをしっかりと意識するいいきっかけにもなっているようです。

悪いクセ その2 好奇心旺盛で冒険好きなところ

フットワークの軽さは魅力的に映りますよ♪
あなたは刺激が大好き!いろいろなことに挑戦し、好奇心旺盛にはしゃぎまくるあなた。自分では「巻き込みすぎてるかな」と思っているかもしれませんが、彼は自分ひとりでは思いつかなかったような冒険に参加できることを喜んでいることも多いようです。あなたといることで知ることのできる世界があることに感謝しているはず!

悪いクセ その3 体型維持やファッションに掛ける情熱

ダイエットや運動、ファッションやメイクへのこだわりは努力の証拠!
お洋服を選ぶのに時間がかかりすぎたり、最後の最後でシューズが選べなかったり、メイクがうまくいかなくてやり直したり、「お肉は鶏肉しか食べないの」とかたくなに牛肉を拒んだりと、あなただけのライフスタイルへのこだわりを彼は「努力」だと感じています。だからお洋服選びに時間がかかってしまったとしても怒ることなんてありえないんですよ♪

悪いクセ その4 「もっと愛してほしい!」という欲求が強い

「もっと私を愛して!」って言いすぎると、ウザいかな?
「愛が足りない!」「もっと私を愛して!」あなたは情熱的で愛情深い人なんです。ウザいなんて思いません。男性は、あなたを独占して、あなたから求められることを喜んでいるはず。あなたからの「愛して!」という欲求が強ければ強いほど、彼もあなたをもっと愛さなければ!と思ってくれます。愛情表現はお互いに豊かであるほうがいいですよね。

悪いクセ その5 いろいろな性格が自分の中に混在していること

いろいろな性格の私を愛して!
あなたはとても感情豊かな人だから、ときにはしっかり者になり、また別のときには可愛い子猫のように甘えたりしてしまう。まるで無邪気な子供のようにふるまうこともあれば、男性がゾクっとするほどの色気を漂わす悪女のようにもなれるんです。いずれにしても、どんな性格のあなたでも、彼はすべてを受け止めて愛してくれます。様々な面を持っている方が魅力的かもしれませんよ!

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
彼女にしたくない…!「察してちゃん」になっていませんか?

彼女にしたくない…!「察してちゃん」になっていませんか?

女性からしても面倒くさい女子“察してちゃん”は、男性からするとさらに面倒くさい存在…。あなたは察してちゃんになっていませんか?そんな察してちゃんの特徴を紹介します。
ちょび花 | 62,939 view
素敵な恋がしたい♡彼女を大切にする一途な男性の特徴とは?

素敵な恋がしたい♡彼女を大切にする一途な男性の特徴とは?

最近できた素敵な彼氏…♡まだ付き合いたてだけど、彼氏がどんな人かもっと知りたいし、一途な男性なのかも知りたい!そんなときは、一途な男性の特徴をチェック☆
ちょび花 | 34,773 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

サセヒトミ サセヒトミ