2016年7月13日 更新

小物との相性もバッチリ! いろんなお団子ヘアアレンジ

お団子スタイルは簡単で誰にでもできるもの。でもお団子に慣れちゃうとなんか物足りなくなるのも事実。そんな時はヘアバンドやピンなどをプラスしてみると新しい発見があります。

お団子のいろいろ見せちゃいます!

ハーフアップ風にアレンジしたお団子
お団子スタイル、誰もが一度はしたことがあるのではないでしょうか? お団子スタイルは最初はいいのですが、だんだん飽きてくることも。そんな時はヘアバンドやターバン、ピンなどを使うことで魅力的なヘアアレンジが可能になります。今回は定番のお団子の種類から小物までをつかったお団子までご紹介しちゃいます!

まずは定番の一つお団子から

定番お団子スタイル
定番のお団子スタイルですね。でもお団子が大きいと思わないですか? 実は中にすき毛が入っていてわざと大きくしているんです。これもお団子を楽しむ一つの技です。
くるりんぱお団子スタイル
お団子になる部分をくるりんぱで作っているため、超簡単で時間もかかりません。忙しい朝などにオススメスタイル。
ダウンさせたお団子
お団子ってみなさん上に作るものとばかり思っていませんか?お団子に決まりはないので別に下に作っちゃってもいいんです!

二つお団子でもっとキュートに

かわいらしいラフな2個のお団子
お団子1個に飽きたら2個作っちゃいましょう! チャイナ風でかわいい。
お団子ハーフアップ
お団子をかわいらしくハーフアップ。2個あるのでそれがまた愛らしく見えますよね!
ダブルカラーにするとよりオシャレな雰囲気に
ダブルカラーは、より個性とおしゃれっぽさを感じさせてくれます。お団子はおしゃれさんの定番スタイル!

爽やかターバンお団子アレンジ

ターバンで涼し気にアレンジ
さてここからはお団子に小物を使っていきます。ターバンが爽やかな雰囲気に仕上げてくれます。
夏の海が似合うターバン×お団子
前髪を隠すことでスッキリした感じに。夏の海などが似合いますね☆
お姉さん風ターバンアレンジ
ラフな感じのお姉さん風ターバンアレンジです。お団子もしっかり作らず力の抜けた作りにすることがコツ!

ちょっとしたアクセントにピン×お団子

ピンをつかってお団子をより華やかに
星などワンポイントあるピンを使うとただのお団子に華やぎ感がプラスされます。
カラフルピンをランダムにピンニング
お団子ヘアにカラフルなピンをランダムにピンニングしてもかわいく見えちゃうから不思議。お団子ヘアの良いところですね!
ハーフアップお団子に三角ピンニング
ハーフアップにゴールドピンを三角形にピンニング。インパクトのあるワンポイントになります。

シュシュやリボンでインパクトのあるお団子ヘア

リボンがアメリカンガール風
リボンがかわいく映えるのもお団子ヘアだから。リボンと後ろのボリュームがさらに愛らしさを強調。
インパクトのあるリボンにも雰囲気負けしないのがお団子ヘア
大き目の飾りを頭につけると乗せただけ感がありますが、その後ろにお団子があるとバランスよくみえますよね☆
お団子の結び目にシュシュがかわいい
お団子の結び目の根元にシュシュを巻き付けて、ゆるい雰囲気を演出。おくれ毛でさらにラフかわいく!
いかがでしたか?お団子ヘアは小物でアレンジしてもかわいくなりますし、髪の毛でお団子を二つにしても、下の方で作ってもばっちりきまる万能スタイルです。おしゃれ女子には欠かせない定番アレンジがお団子ヘアなのです!

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
秋は大人っぽく低めの位置が気分! 垢抜けメッシーバンアレンジ

秋は大人っぽく低めの位置が気分! 垢抜けメッシーバンアレンジ

秋は大人っぽく、ちょっと背伸びしたヘアスタイルを試してみたいですよね。お団子ヘアにするなら、おすすめは低めの位置にまとめたメッシーバン! どんなアレンジがあるのか、早速見てみましょう。
ヘアアクセサリーを加えて♡ メッシーバンをかわいくアレンジ!

ヘアアクセサリーを加えて♡ メッシーバンをかわいくアレンジ!

海外セレブや流行に敏感なファッショニスタたちが取り入れている『メッシーバン』。そんなメッシーバンはヘアアクセサリーとの相性が抜群! 今回は人気のメッシーバンにヘアアクセサリーをプラスしておしゃれになるヘアアレンジをご紹介します。

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Reet Reet