2016年6月17日 更新

Noテカリ! 夏のツヤ肌を叶えるベースメイクとは?

ツヤのある、フルーツのようにフレッシュでジューシーな肌は、夏の肌やファッションによく似合います♡ 今回は、テカリではなくツヤ肌にベースメイクを仕上げるアイテムとポイントをご紹介します。

テカりに見えないツヤ肌になりたい!

マットよりもツヤ肌が夏っぽい
美しい素肌のようなツヤ肌は、フレッシュで瑞々しく、それだけで夏らしさを感じさせてくれます。でも、ちゃんと区別しておきたいのは、脂のでたテカリと、潤いで作られたツヤ肌の違い。この2つを勘違いすると、ツヤ肌というよりも、ベタつきが気になるテカリ肌になってしまいます。

下地は保湿&紫外線対策もできるものを選ぼう

紫外線はお肌の天敵!
紫外線はシミの原因だけでなく、肌の潤いも奪ってしまいます。下地は薄く密着するタイプで日焼け止め効果のあるものを選ぶようにしましょう。そして、もう一つ大切なポイントは、保湿効果があるものを選ぶこと。テカらないように皮脂吸収の効果を持つものの中には、肌質をマットにしてしまうものがあります。
SPF42・PA+++と高い日焼け止め効果を保ちつつ、ヒアルロン酸を3種類も使った保湿効果のある化粧下地です。夏のエアコンで肌の乾燥に悩む人にもおすすめです。
テカリ対策もでき、サラサラ肌にしてくれる化粧下地です。でも、マットな質感になるわけではなく、潤い成分が配合されてふんわり肌にしてくれます。美白成分も配合されているのが、夏には特に嬉しいですね。

ベースは薄くリキッドファンデをのばして

厚塗りはNG
いくらツヤがあっても、ファンデーションを厚塗りしてしまってはナチュラル感が失われてしまいます。適度なカバー力があるリキッドファンデを薄くのばしましょう。気になるところは、部分的にコンシーラーで隠すと、ナチュラルだけど整った肌を作ることができます。
ジョルジオ アルマーニ ビューティ / マエストロ グロー ファンデーション
7,200円(税抜)
内側から輝くようなツヤをあたえてくれるリキッドファンデーションです。オイルベースなので、ツヤ肌にはぴったり!オイルベースと言ってもベタつくわけではなく、やわらかでなめらかな肌作りをしてくれます。
薄く伸ばしても、光を反射して小じわやシミなどをカモフラージュしてくれるリキッドファンデーションです。元からフェイスパウダーで仕上げなくてもいい仕様なので、ツヤ肌メイクにおすすめです。

フェイスパウダーを使うときはテカリやすい場所だけに

ツヤを消さないように気をつけて
せっかくリキッドファンデでツヤ肌を作っても、フェイスパウダーで全体をしっかりおさえてしまうと、ツヤも一緒におさえられてしまいます。小鼻や目頭と鼻筋の間、眉間、唇の下などのテカリやすい部分だけにフェイスパウダーを使いましょう。特に、頰骨の辺りをおさえてしまうとツヤ肌感がなくなってしまうので気をつけましょう。
透明なフェイスパウダーがふんわりと肌にのり、適度に皮脂をおさえてくれます。パフではなく、ブラシでつけるタイプなので、ツヤをおさえ過ぎずにのせることができます。
ツヤ肌は、健康的な魅力もあるもの。ベビーピンクのフェイスパウダーは、肌にナチュラルな血色感を与えてくれますよ。ツヤ感のある仕上がりなので、部分使いではなく顔全体に使い人にもおすすめです。全体に使うときは、量をつけすぎないようにしましょう。

ツヤ肌作りにプラスワン!部分使いコスメ

ツヤ肌でも、目の下にクマがくっきりとあっては、お疲れ、具合が悪いなどの印象を与えてしまいますよね。ラディアント タッチのような、やわらかなテクスチャーで目元を明るくしてくれるコンシーラーでクマを隠してあげましょう。
気になるシミやソバカスにも使える、クリーミーなテクスチャーでしっかりとカバーしてくれるコンシーラーです。笑ったりして、よく動く目元にもしっかりとフィットしてよれにくいので、目の下のクマにもおすすめです。
濃いシミや、大きなシミにはしっかりとしたテクスチャーと色調整できるコンシーラーを使いましょう。肌と同じ色のコンシーラーを筆でシミに塗り、ファンデーションとコンシーラーの境目だけを指やスポンジでぼかしてなじませると、きれいにシミなどを隠すことができますよ。
乾きやすい夏の肌に嬉しい、保湿成分配合のコンシーラーです。SPF25・PA+++と紫外線対策もばっちり!

夏のツヤ肌作りを助けてくれるアイテム

おすすめのリキッドファンデはご紹介しましたが、毛穴や皮脂くずれが特にきになるという人は、RMKのUVリクイドファンデーションを使ってみてはいかがでしょうか。汗や皮脂にも強いので、皮脂で毛穴が目立ってしまう人にもおすすめです。
もともと顔色が悪いのを気にされている方、ちょっと疲れが顔に出てしまった日などは、健康的な肌色にしてくれる化粧下地を使いましょう。RMKのコーラル色の下地は、ナチュラルな血色のいい肌を演出してくれます。
くすみや、どんより肌が気になる人はライトブルーの化粧下地でセレクト。透明感のあるツヤ肌は、洗練された上品さを出してくれます。1000円以下で買えるセザンヌのベースは求めやすいのも嬉しい。
尊馬油 / ソンバーユ No.7
3,000円(税抜)
ツヤ肌に必要なのは潤い感。でも、小じわが目立ってしまうと、乾燥した感じが出てしまいます。そんな時は、ソンバーユのような保湿効果の高いものをしっかりと塗り込んでふっくらとさせましょう。
夏の肌を悩ますテカリは、ベースメイクでコントロールできます。中には、蒸し暑い季節のメイクアップをちゃんと行うことを難しいことに感じる人もいるかも知れません。しかし、この夏はぜひしっかりと保湿した肌で美しいツヤ肌をつくってみましょう。きっと夏が一層楽しくなるはず。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
ツヤ感のある美肌で魅力的に♡ 夏のベースメイクHOW TO

ツヤ感のある美肌で魅力的に♡ 夏のベースメイクHOW TO

くすみがちで曇った肌はナンセンス。魅力的なツヤ肌を手に入れて、夏は視線を独り占めしてみては? 美肌をつくるためのベースメイクを、おすすめアイテムとともにご紹介します。
永遠の憧れ♡陶器肌を手に入れるためのコスパ◎ファンデーション5選

永遠の憧れ♡陶器肌を手に入れるためのコスパ◎ファンデーション5選

美肌に仕上げるベースメイクには、高価なアイテムが必要…? そんなことはありません♪ プチプラでも陶器のような美肌に近づけるアイテムはたくさんあります。そこで手が届きやすい、優秀なファンデや下地製品を集めました。

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

サニーサイド サニーサイド