2016年7月27日 更新

白浮きはイヤ! 色黒さんにおすすめなファンデーションの選び方

ファンデーション選びにはとっても悩みますよね。特に色黒さんは、自分に合うカラーを見つけるのが一苦労。そこで、ファンデ選びの指針となるポイントをまとめてみました。

8,377 view

色黒さんのファンデーションの選び方や塗り方は?

白浮きはイヤ!
自分にぴったりと合うファンデーションを見つける。これって意外と難しいことですよね。白く浮いてしまう、もっと黄色っぽい方がよかったかな・・・。今使っているファンデーションのことを考え出すと、今すぐにでも変えたくなっちゃいます。特に色黒さんは、選ぶことができる色の幅が少ないので、より苦労することがあるはず。今回は、そんなお悩みの解決策となるように、色黒さんに似合うカラー選びのポイントをご紹介していこうと思います。

ファンデーションの選び方①

顔よりも首に!?
お店でファンデーションを選ぶときは、顔ではなく首に試し塗りをして、カラーチェックをしましょう。首は顔よりワントーン暗いので、首に馴染む色を選ぶことで、白浮きしてしまう色が分かるようになります。顔と首、両方に馴染む色を選ぶようするのがポイントです。
ファンデを試す時は
アゴと首の境に何色かに塗って、その色に一番近い物を選びます。
ちょっと濃い目の方が肌に馴染むと思います。
また最近は濃い目のファンデを使うほうが一般的です。

ファンデーションの選び方②

ハーフマットやマット!?
色黒さんはハーフマット、マットな質感のファンデーションと相性がよいです。パールやラメの入ったものは、顔だけ明るくなりすぎて白浮きしやすくなってしまいます。気を付けましょう。
色白肌では強め、色黒肌では弱め……と肌色の濃さによって美しいと選ばれたツヤの強度が異なったのです。

色白のマット肌は“厚塗り”“能面”といった負の印象を持たれがち。逆に色黒のツヤ肌も“テカリ”“脂ギッシュ”を連想させるのか、あまり好まれない傾向にあるようです。

白浮きしない塗り方とは?

中心から外側へ薄く
白浮きしないファンデーションの塗り方をご紹介します。

①顔の中心をしっかり塗った後、スポンジやブラシを使い、ファンデーションを外側へ薄く伸ばしていく
②顔の中心は濃く、フェイスラインは薄く、とグラデーションになり、首との差をあいまいにすることができる
③仕上げにTゾーンやフェイスラインにハイライトを入れて、立体感を出す
顔の中心、頬の高い部分にはファンデーションをしっかりと塗り、フェイスラインに向けて徐々に薄くなるグラデーションを意識して塗り広げましょう。

顔と首の色の差を曖昧にすることができるので、顔が白浮きしにくくなります

おすすめファンデーションをご紹介!

付けた瞬間ふんわり軽く広がり、溶け込むようにフィットします。気になる毛穴も色ムラ、乾燥までしっかりとカバー。肌ざわりもよく、素肌を美しくみせてくれる効果があるファンデーションです。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
毛穴もテカりも丸ごとスッキリ☆全部1,000円以下!夏のスキンケア特集

毛穴もテカりも丸ごとスッキリ☆全部1,000円以下!夏のスキンケア特集

夏のスキンケアといえば、毛穴、テカり、美白、UV対策、汗やニオイと、ケアしたいポイントがたくさんありますよね。今回は、そういったお悩み解消に役立つプチプラコスメを大特集。化粧水も、美容液も、すべて1,000円以下! 気になるコスメは@cosme shoppingですぐにお買い物できちゃいます。
迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ」特集

迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ」特集

コスメを使い終わるたび、次は何を使おう…と毎回悩んでいる人はいませんか?今回は、そんな迷えるみなさんのために、コレならお墨付き!という人気ブランドの定番コスメを大特集。メイク初心者さんも、コスメ好きさんも、指名買いリストとしてぜひ参考にしてみてください♪
肌も目元もキレイをキープ!暑い季節も崩れにくいメイク方法

肌も目元もキレイをキープ!暑い季節も崩れにくいメイク方法

暑くなると皮脂や汗によるメイク崩れが普段よりも気になってしまいますよね…。これから本格的な夏がやってくる前に、崩れにくいメイク方法をマスターして悩みを解消させませんか? 今すぐチェックしてみましょう。
枝豆はなこ | 14,231 view
海やプールの徹底メイク対策。濡れても崩れない方法って?

海やプールの徹底メイク対策。濡れても崩れない方法って?

プールでメイクが落ちちゃった! そんなつらい経験ありませんか? 今回はそんな悲しい夏にならないように、水に濡れても落ちないメイク方法をご紹介していきます♪
藤原ゆう | 18,242 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Reet Reet