2015年12月17日 更新

色気ある大和撫子に。着物に似合うイマドキメイクの基本

冬には何かと和のイベントもありますね。お正月に初詣。日常でなかなか着物を着ない人には、和装で普段とは別の魅力をアピールするチャンス。けれど着物って洋服とメイクが違うことを知っていますか?着物に似合うメイクにはただ和風というだけ以外のコツがあるんです。

3,053 view

着物メイクは勘違いも多い!?

白い肌に赤いルージュでおしゃれ感は高度テク!
お正月に成人式、着物を着る機会は意外とあるものです。素敵な着物を着てみて、ふと「メイクが何か違う?」と感じませんか?洋服と同じメイクではちょっと違うと思って和風を意識してメイクしても、なかなか自然な感じがしない時もありますよね。

実は洋装と和装ではメイクの基本が違います。早速その違いを見ていきましょう。

平面的に自然なメイクを

シェードやハイライトは使いません
着物のメイクを意識する時に、シェードは使いません。平面的に自然なメイクを目指します。

また、よくワントーン明るいファンデーションを使うというアドバイスがありますが、トーンを上げると不自然になることもあります。あくまで自然に、血色をつけて清廉な印象にまとめるメイクがおすすめです。

ベースメイク

薄く自然なマット肌を目指しましょう。
着物を着るときに重要なのが「陶器のような肌」を作り込むことです。

日本人形を思い出してください、色白でスーっとなめらかな肌をしていますね。

この日本人形のような肌を作り上げるのが着物メイクのポイントです。
着物のベースメイクは美しいマット肌です。これは落ち着いた大人の女性の印象を与えてくれます。派手な色やシャドウで立体感を出す必要はありません。陶器やマシュマロのような自然な肌を目指し、顔と首が浮かないように境界をぼかしてメイクします。

ゆるやかなカーブの眉で。
和服にはやっぱり「ふんわり」「やさしい」といった形容詞が似合うもの。きりりとあがった眉山は強い意志を感じさせてしまうので避け、やわらかく丸みを持たせたラインに仕上げましょう。

大人っぽく艶やかに見せたいときには、眉山を普段より少しだけ外側にとり、眉尻を長めに描く方法も。逆に清楚に見せたいときには眉山は内側に、長さも控えめにします。
やわらかい印象を持つ大和撫子。そんなメイクには眉は自然にゆるやかなカーブで描きましょう。今は自然なナチュラル眉が流行なので、眉山の押さえれば後はいつもどおりのメイクでもいいでしょう。少しまっすぐな眉も着物には合います。これはやわらかさだけでなく凛とした印象を与えてくれます。目元はあくまで控えめにはっきりと作ることが基本です。

チーク

血色を意識することがポイント。
着物メイクは平面的にまとめることが基本です。シェードやハイライトの使用を控えるのが大切とここまで説明してきましたが、チークはどうでしょうか?

チークに関しては立体的に使うチークではなく、血色を意識しましょう。チークはうっすらと広範囲に入れ、またその赤みは耳たぶにも少しつけておきましょう。血色がいい明るい顔を印象づけます。

リップ

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
初詣で着物を着るならメイクも和風に!和装に合うメイクの方法

初詣で着物を着るならメイクも和風に!和装に合うメイクの方法

せっかく着物でキレイに着飾っても、普段と同じメイクでは魅力半減ですよ。着物に似合うメイクのポイントを各パーツごとに説明するので、しっかり覚えておきましょう!
myunon | 3,391 view
トレンドのすっぴん風メイクでナチュラル美人を作る方法

トレンドのすっぴん風メイクでナチュラル美人を作る方法

ナチュラルな透明感あふれるすっぴん風メイクは、女性なら誰しも憧れるもの。でも「ちょっと難しそうだな」なんて思ってはいませんか? 実はいくつかのポイントを抑えるだけで簡単に作ることができるんです。今回は基本的な美肌ケアから各パーツのメイク方法、すっぴん風メイクにおすすめの商品までをご紹介いたします。
naoomi | 15,561 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

Pheme Pheme