2016年5月23日 更新

いまさら聞けない! 知っておくべきテーブルマナー講座♪

テーブルマナーは一度しっかり学んでおく必要がある講座です。和食、洋食、中華の食事のマナーについて調べてみました。知っている人は一度復習を、知らない人はここでお勉強しましょう。

2,189 view

大人なら知っておかなきゃいけないこと

マナーは大事
大人の女性なら、必ず知っておかなければならない食事のマナー。でも、かしこまった席にはそうそう行く訳でもないので、ついわすれていしまいます。わかっているようでわからない、いまさら聞けないけど知っておくべきマナーについて、改めて確認しておきましょう。マナーがよくわからないという方は、ここで学んでおきましょう。

マナーってそもそも何のためにあるの?

気持ちよく食事するために
テーブルマナーというのは、大勢で会食する際にみなが気持ちよく食事が出来るように配慮することをいいます。汚い食べ方をしている人が一人でもいたら、その場が美味しい席ではなくなってしまいます。美しくキレイに食事をする、それがテーブルマナーです。大人の女性には必須のスキルです。

洋食テーブルマナー

カトラリー使いにもマナーがある
飲み物を注文したら、最初にオードブルが出てきます。オーダーをした後にナプキンを膝にかけます。みなさんが間違いやすいのはバッグです。預けるか正しい位置に置くようにしましょう。スープは手前に寄せても、向こう側によせてもOK。パンに浸して食べるのは厳禁です。お肉のカットは食べる分だけ、その都度です。カトラリーは外から使い、食事が全てすんだらお皿の上に並べて置きます。
お店に入ったら、まずコートや大きなかばんは預けます。テーブルまで持って行くのは小さなバッグだけにします。

和食テーブルマナー:その1

和室の作法も必要
まず出入り口から遠いところが上座になりますから気をつけましょう。和室で大事なのは、畳の縁を踏まないこと。そして、座布団は踏んだり、その上を歩いたりしてはいけません。あまりに日常的になってしまっている座布団ですが、本来は身分の高い人のものでした。料亭などでは正式な作法にのっとりましょう。
お部屋を歩く時は、敷居や畳のヘリを踏まないように。

和食テーブルマナー:その2

食事の流れをまず抑えて
懐石料理の流れは、先付・前菜、吸物、お造り、煮物、焼き魚、揚げ物、酢の物、止め椀・ご飯・香の物、とつづきます。和食をいただいたときに一番気をつけるべきマナーはお箸でしょう。タブーとされているのは、渡し箸、涙箸、探り箸、迷い箸、寄せ箸、刺し箸など。涙箸というのは、汁物をしずくを箸先から垂らすことです。
お箸の使い方のルール違反は「嫌い箸」と呼ばれ、マナー違反や縁起が悪いともされています。また、周りの人にも迷惑となります。

関連する記事

こんな記事も人気です♪
迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ特集」

迷ったらコレ!指名買いしたい 人気ブランドの「定番コスメ特集」

コスメを使い終わるたび、次は何を使おう…と毎回悩んでいる人はいませんか?今回は、そんな迷えるみなさんのために、コレならお墨付き!という人気ブランドの定番コスメを大特集。メイク初心者さんも、コスメ好きさんも、指名買いリストとしてぜひ参考にしてみてください♪
知らないと恥をかく? 大人女子なら知っておきたい年賀状マナー

知らないと恥をかく? 大人女子なら知っておきたい年賀状マナー

意外と知らない年賀状の正しい書き方。来る2017年にむけて今からチェックしておきましょう。今回は、大人女子の品格が試される年賀状マナーについてご紹介します。意外と知らなかったこともあるかも!?
Mm | 1,077 view
大人の女性へおすすめ! 渋めカラーで作るカラーブロックネイル

大人の女性へおすすめ! 渋めカラーで作るカラーブロックネイル

最近注目のカラーブロックネイルで、あなたも流行を取り入れてみませんか? これからの季節にぴったりの秋冬のカラーを意識した、渋めカラーのカラーブロックネイルデザインを集めてみました。
Hanna | 1,034 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

cocotan cocotan