2015年7月2日 更新

もう悩まない!湿気で広がる髪の悩みを解決!

梅雨の時期になると、女性を悩ませるのが「広がる髪の毛」ですよね。湿度が高い時期は、湿気によって髪が広がってしまいます。その原因と対策、ケアの仕方を知って、広がってしまう髪の悩みとサヨナラしましょ♪

3,136 view

女性を悩ませる梅雨…広がる髪はどうしたらいいの?

朝、ちゃんとセットしたはずなのに、休憩時に鏡を見てびっくり!!…なんてことありますよね。雨の日や、梅雨の時期はいくら頑張ってセットしても髪が広がってしまいます。なぜ広がってしまうのでしょう?その原因と、自宅でできる「湿気で広がらないためのヘアケア法」を5つご紹介します♪湿気が多くても、まとまる髪を目指しましょう。

髪が広がる原因とは?

キューティクルが剥がれているところに水分が入ると髪が広がる!
髪が広がる原因は、湿気です。特に梅雨のような湿度の高いジメジメした時期になると、髪は水分を吸収して広がってしまうのです。
どうして水分を吸収してしまうのでしょうか。それはパーマやカラーリング、紫外線、毎日行うドライヤーやヘアアイロンなどの熱で受けたダメージにより、髪のキューティクルが破壊されることが原因です。キューティクルが破壊されると、髪の毛がスカスカになり、そこへ水分が入り込んでしまうのです。髪のダメージが多い人ほど、水分を多く吸収してしまい髪が広がりやすくなります。逆に、あまり広がらないという人はダメージが少ないとも言えます。

自宅でできる対策【シャンプー編】

広がる髪専用に開発されたシャンプーを使ってみよう♪
いつも使っているシャンプーは、もしかしたら髪に必要な水分や皮脂を奪っているかも。シャンプーをくせ毛やうねり予防のものに変えてみるのはどうでしょう?髪に必要なものを奪わないシャンプーがあるんです。シャンプーを変えるだけで広がらず、まとまる髪になるのなら、くせ毛さんも嬉しいですよね♪
固い髪の癖毛でもしっとり柔らかく落ち着きます。トリートメントは効いてるのか?と焦りましたが、洗い流したらしっとりしました。乾かしたあとはしっとりボリュームダウンします。おすすめです。

自宅でできる対策【トリ―トメント編】

お気に入りのトリ―トメントを探してみて♡
日頃のダメージ対策にトリ―トメントを取り入れている方も多いのではないでしょうか。トリ―トメントは「洗い流すタイプ」と「洗い流さないタイプ」がありますよね?実はこれらを併用すると効果がUPするんです♪
シャンプー後に水気を切った髪に「洗い流すトリ―トメント」を馴染ませて、少し時間をおいてから流します。ドライヤーで乾かす前につけるのが「洗い流さないトリートメント」。ドライヤーの熱によるダメージを減らしてくれます。片方しか使っていない…という方は、ぜひ併用してみてください♡

自宅でできる対策【ドライヤー編】

ドライヤーの使い方にもコツが♪
毎日使うドライヤーの熱は、髪の水分を奪いダメージを与える大きな原因の一つです。ドライヤーをかける時間が短くて済むように、まずは濡れた髪をしっかりタオルで拭きましょう。ドライヤーは高温より低温(60度くらいがベスト)で行います。乾かす順番は髪の根本から。キューティクルに逆らわないように毛先に向かって乾かしましょう。髪の毛が長いなど量の多い人は、最初に高温で短時間ドライヤーをかけてから、低温にしてしっかり乾かすとダメージを軽減できますよ!

自宅でできる対策【ヘアオイル編】

ココナッツオイルがおすすめ♪

関連する記事

こんな記事も人気です♪
恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

恋する女子たち必見♡ 男性心理がわかる「大人の恋愛特集」

女子にとって恋愛は特別なもの。好きな人がいるだけで毎日がドキドキ・・・♡ そんな、恋する乙女を応援するべく、男性心理がわかる方法や、両思いになれるコツ、そして素敵な奥さんになるポイントまで一気に特集しちゃいます!
あきらめないで! 広がる髪の毛をまとまりやすくする方法

あきらめないで! 広がる髪の毛をまとまりやすくする方法

髪の量が多かったり、くせ毛で悩んでいる女子は多いと思います。そこで今回は、そんな悩める皆さんにぜひトライしてほしい、魔法のように髪がまとまる方法をご紹介します!
Reet | 8,236 view
憧れのツヤ髪に♪ 話題の「ストリートメント」でさらさらヘア

憧れのツヤ髪に♪ 話題の「ストリートメント」でさらさらヘア

縮毛矯正のダメージにげんなりしている女子に朗報! ケアしながら髪のクセやボリュームを抑えちゃう画期的なストレート。それがストリートメント! ダメージレスなストリートメントをご紹介します!
Reet | 6,420 view

この記事に関するタグ

biche(ビーチェ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bicheの最新情報をお届けします

この記事のキュレーター

nabemi nabemi