2018年1月23日 更新

結婚式のお呼ばれに♪自分でできるパーティーヘアアレンジ

結婚式やパーティーへのお呼ばれ。そんなとき、サロンに行かなくても自分でアレンジできたら…なんて思いませんか? そんなあなたにピッタリの、トレンドを取り入れたヘアアレンジをご紹介します。

58,014 view

ヘアスタイルはコーディネートの重要ポイント!

A post shared by Naofumi Umemura (@baison111) on

セルフでも気を抜かずに仕上げたい!
結婚式には華やかなスタイリングでお祝いの気持ちをめいっぱい表現したいですよね。さらには、トレンドを取り入れて最高にかわいく仕上げれば、素敵な出会いがある可能性も? ゆるめのテイストがトレンドの今なら、セルフアレンジでもいい感じに仕上げることができちゃいます。今まではサロンまかせだったあなたも、ぜひアレンジに挑戦してみて!

手軽さナンバーワンの「くるりんぱ」アレンジ

A post shared by 阿部浩也 (@koyaabe) on

2回くるりんぱしただけ!
簡単ヘアアレンジといえば、くるりんぱがおすすめ。くるりんぱの下でもう一度くるりんぱをして、毛先を留めれば、あっという間に雰囲気抜群のアップヘアの完成です♡ とっても簡単にできるのに、凝った髪型に見えるのも嬉しいポイントですよね。

A post shared by Nao Saito (@nao.lafu) on

両サイドでくるりんぱ
ボブだからアップヘアが難しい! という人も、両サイドでくるりんぱをすることで、かわいいアップヘアが可能になります。

A post shared by Naho Iida (@_pincream_) on

ダウンスタイルも素敵
カーラーで全体を巻いてくるりんぱすれば、クラシカルで落ちついたパーティーヘアに。華やかな場所にピッタリのアレンジです。

清楚な印象で結婚式にピッタリ! 編み込みアレンジ

A post shared by Maya Yoshikawa (@yosshi_m) on

編み込みもイイ♡
編込みアレンジならサロンに行ったような仕上がりになりますよね。それに、きっちり編み込んであるから、崩れにくいのも嬉しいポイント♪ 編み込みヘアは老若男女に愛される、万能アレンジです! 全てを編み込んでも、ハーフアップなど一部分を編み込むだけでもかわいく仕上がります。
バランスを変えれば印象も変わる!
下の方に重心がくるように編み込めば、優雅で大人っぽいスタイルに。後ろ姿もステキに仕上がります。きちんとした雰囲気のアレンジ。
アップにしないスタイルも
襟足をアップにせず、結んで下したスタイルも素敵です。パールピンを散りばめれば、手軽に華やかさアップ! ドレスにも合いそうですね。

大人っぽさを出したいならサイド寄せアレンジ!

A post shared by 鈴木絵美 (@emi._.suzukin) on

ちょっと寄せるだけで艶っぽい
ギブソンタックの位置をちょっと寄せるだけで、首筋がきれいにみえて色っぽさUP。シンプルなヘアアクセをつけて、大人の落ち着いた雰囲気を出しましょう。無造作にほぐれたアンニュイな雰囲気も、また大人っぽさを演出するポイントになります。

A post shared by Ran (@apo.chibi2) on

くるりんぱ×サイド寄せ
右と左で分けた髪の毛をくるりんぱしていき、サイドに寄せたアレンジ。結婚式のアレンジのときにはリボンやパールなどを付ければ華やかさもUPします。
三つ編みも大人っぽく
カジュアルな印象の強い三つ編みも、サイドに寄せるだけでこんなにしっとりとした雰囲気に。

キュートさ満点♡ ポニーテールアレンジ

A post shared by mieko〜〜〜 (@emiko_shin) on

ポニーテールはバランスが命
簡単にできるアレンジといえば、ポニーテールもおすすめです。ポニーテールを結ぶ位置を変えるだけでもぐっと印象が変わります。低い位置ではしっとりした雰囲気になり、高い位置ならキュートな印象に見えます。ちなみに高い位置でのポニーテールは、あごと耳を結んだ延長線上で結ぶとバランスが良いんです!

A post shared by HIROMI (@hiromi_o2017) on

ふんわりさせて
トップにボリュームをもたせると華やかできれいになります。ポンパドールにしてもいいし、中に入れて簡単にふんわりさせるグッズもあるのでぜひ活用してみてくださいね。
三つ編みプラスで上級者風
トップとサイドをゆるく三つ編みにして結べば、ひと味違う雰囲気に。三つ編みをプラスするだけで、プロがヘアアレンジしたように見えるから不思議。

ぶきっちょさんはアクセ頼みで解決!

A post shared by mai (@iamai_220) on

カチューシャをつけるだけでパッと華やかに
それでもやっぱりアレンジは苦手という人も大丈夫です。華やかなヘアアクセサリーに頼っちゃおう! いつものボブスタイルにカチューシャをつければ、あっという間に結婚式&パーティースタイルに。また髪が短くて結ぶことができないショートヘアの人にもおすすめのアレンジです。
クールな雰囲気にも
おでこを出してオールバック風にすれば、大人っぽくなれちゃいます! 仕上げにハードスプレーなどを使って、スタイルをキープすればバッチリ。

A post shared by chii (@chii9290) on

ショートさんもかわいくアレンジ♪
バレッタをアクセントでつけるだけでもガラリと雰囲気が変わります。ロングヘアの方はもちろん、ミディアムやショートヘアの方でも簡単にアレンジOK。

まとめ

簡単にできるヘアアレンジを中心にご紹介しましたが、いいかがでしたでしょうか? 髪の長さ、見せたい雰囲気などなどアレンジは無限大なので、慣れたら他のスタイルにもチャレンジして結婚式やパーティーを楽しみたいですね♪

関連する記事

こんな記事も人気です♪
超実力派プチプラコスメ特集★ブランド・アイテム別に一挙公開

超実力派プチプラコスメ特集★ブランド・アイテム別に一挙公開

コスパよく旬顔を叶えられるプチプラまとめの保存版を公開★今っぽいメイクを手軽に楽しみたいときに大活躍してくれるのが、ドラッグストアなどで買えるプチプラコスメ。今回はこれまでに公開されたプチプラコスメなどの記事をまとめてご紹介します。それぞれの定番コスメに加え、ハイライト・チーク・ティントリップといったアイテム別のピックアップにも注目です。
ツヤ・ベルベット・渋柿オレンジなど!2018秋冬新作コスメ【最旬トレンド編】

ツヤ・ベルベット・渋柿オレンジなど!2018秋冬新作コスメ【最旬トレンド編】

2018年秋冬の新作コスメをトレンド別に大公開★ツヤやベルベットなどの質感、ピンク・レッド系やカーキ・グリーン系などのこの秋トレンドの色別に分けてたっぷりとご紹介します。プチプラからデパコスまで盛りだくさんなので、あなたの欲しいアイテムが見つかるはず♪
パーソナルカラー別に一気見せ★2018秋冬の「新作&新色コスメ」

パーソナルカラー別に一気見せ★2018秋冬の「新作&新色コスメ」

あなたの魅力を輝かせるパーソナルカラー診断をもとに、秋冬の装いを盛り上げるメイクアップアイテムをご紹介♪新作&新色のアイシャドウ・チーク・リップからあなたの肌色にマッチするコスメを見つけて、華麗なドレスアップを叶えましょう!
バリエーションがいっぱい♪ポニーテールの簡単ヘアアレンジ

バリエーションがいっぱい♪ポニーテールの簡単ヘアアレンジ

ベーシックなポニーテールもいいけれど、簡単なアレンジをプラスアルファしてもっとかわいくなりましょう♡意外とバリエーションが多いポニーテールアレンジは、これからの暑い季節にも活躍しそうです。
myunon | 27,741 view
くるりんぱで脱マンネリ♡定番ポニーテールをグレードアップ

くるりんぱで脱マンネリ♡定番ポニーテールをグレードアップ

定番のポニーテール。暑くなってくると、すっきり見えるので人気のヘアスタイルです。でもいつもしているとマンネリしてしまうのも確か。くるりんぱを活用してポニーテールにアレンジを加えてみませんか?
Pheme | 12,343 view
テクニック要らず♡超簡単ロングのアップヘアアレンジまとめ

テクニック要らず♡超簡単ロングのアップヘアアレンジまとめ

ロングヘアを持て余しているあなた!それ、とってももったいないです。不器用でも簡単にできるロングのアップスタイル簡単ヘアアレンジを覚えて、もっとおしゃれを楽しみませんか?
綾美 | 1,305,635 view
コテで巻かないから楽チン♡ストレートで作る簡単ヘアアレンジ

コテで巻かないから楽チン♡ストレートで作る簡単ヘアアレンジ

ストレートでつくる簡単なヘアアレンジをご紹介します! 巻髪ばかりでは髪がかわいそう。たまには髪をいたわり、そしておしゃれなヘアアレンジを作りましょう♡いざナチュかわいいモテヘアスタイルへ!
Reet | 113,748 view
イベントにもぴったりの華やかヘア♪ 編み込みのサイドアップ

イベントにもぴったりの華やかヘア♪ 編み込みのサイドアップ

春は何かとイベントの多いシーズン。手軽なアップヘアアレンジで、いつもと違う自分になりたい。でもまとめ髪って輪郭が気になる…そんな方におすすめなのが、編み込みのサイドアップアレンジ。種類ごとにおしゃれなサイドアップの編み込みアレンジをご紹介していきます。
cawayuu | 8,993 view

この記事に関するタグ

この記事のキュレーター

Reet Reet